FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくきゅうじゅうななかいめ!

※この回は金曜更新分です。


ケーケー「ここで、最近登場したキャラの名前の由来をお教えしましょう! まずは、アテラスの仲間であり、キュリアにボコスカにされた正義の味方、ドライトの名前の由来ですが」
・ドラ(ゴンナ)イト
イノブン「ドラゴン6.25倍パーティ強かったよな」
ケーケー「マリエルと戦った変態、ダーパは」
(ラ)ーパ
イノブン「5色消すと36倍の攻撃力になるやつだな」
ケーケー「今ガイと戦っているエルメスは」
(ヘ)ルメス
イノブン「商業神ですね、分かります」
ケーケー「最後に、アテラスは」
・ア(マ)テラス
イノブン「オロチと組んでゾンビパーティ作ろうぜ!」
結論:こいつらがこんなヘンテコな名前になったのはケーケーがパズドラにハマったせい
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


「『サンダービード』!!」
 ガイは手のひらの上に乗せたパチンコ玉に電気をまとわせ、エルメスめがけて指で弾きました。パチンコ玉は音速でエルメスに向かって飛んでいきます。
(作者:なお、パチンコ玉が音速で飛んで行くのはレールガンとは全く別の原理です。レールガンは電気の力で加速させて飛ばすのですが、ガイはパチンコ玉に電気をまとわせただけで、加速は個体能力で行っています)
 『体で弾いたものを音速で吹き飛ばす』能力だな。原理も減ったくれもないな。
 さて、その『サンダービード』ですが、エルメスはそれをあっさりと避け、
「『サウンドウェーブ』!!」
と叫んで右腕をガイに向けました。
 瞬間、ガイは正面から、体よりでかいハンマーで叩かれたかのような衝撃を喰らいました。その間、エルメスの手から何かが出た感じは全くありませんでした。
 そのダメージは、キュリアがいつも放つ魔法によるダメージよりも小さかったため、ガイは素早く体勢を立て直します。
「な、なんだ!? その魔法は!?」
 ガイは尋ねました。ガイの全身を強打した魔法、その正体について。
 エルメスは答えます。
「なんだと言われても、『音』としか言えないな」
「お、音?」
「ああ、『音』だ。私は『音属性』の魔法の使い手。私が放つ魔法は、お前が先程放った鉄球のように、音速でお前に襲いかかる!」
 鉄球とは、さっきイノブンの言っていた『パチンコ玉』のことでしょう。なお、イノブンは球の大きさからその鉄球をパチンコ玉と呼んでいただけです。実際、パチンコに使うための球じゃないですから、エルメスの言う『鉄球』の方が正しいでしょう。
「でも、音ってこんなに痛いもんなのか? しかも喰らった時、音っぽい音も聞こえなかったぜ? 打撃音は聞こえたが」
 ガイの疑問は最もですね。音が打撃技だというイメージが全くないし。
 エルメスはその疑問に答えます。
「お前は、音というものについてどれぐらい知っている?」
「音について? ……どういう意味だ?」
「知っているか? 音というのは空気の振動のことだ」
「は!? そうなのか!?」
「……知らなかったようだな。まあ、そういうわけだ。私は空気を振動させて、お前にダメージを与えている。それが、お前が私の魔法を喰らって痛みを感じた理由だ」
「なるほど。よくわからんが、なんとなく分かった」
 どっちだよ。
「また、人間には聞こえない音というものが存在する。低すぎる音と高すぎる音だ。音属性の魔法を使うには、空気を振動させなければならない。威力の高い魔法を使うなら、振動はあまりないほうが使いやすいのだ。……つまり、私の魔法で音が聞こえないのは、音が低すぎるからということだ」
「そ、そうなのか」
(作者:まあ、実際低すぎる音でも耳に入ったら簡単に鼓膜が破れる気がしますが、その辺は全力で気にしないでください)
 ひどい作者だ。
(作者:だってさ、普段から使ってる魔法で発生する音もめちゃくちゃ大きいだろうし、……きっとこの人たちの鼓膜は頑丈なんだって)
 後付け臭がプンプンするわ。
「なお、この音属性魔法を極めるとこんなことや……」
とエルメスが言ったところで、ガイは急に息苦しくなりました。
「こんなことができる。どうだ? 私の声が聞こえ……」
 さらに、エルメスの声が途中から聞こえなくなりました。周りの音も、聞こえません。
 エルメスの口は動きっぱなしです。聞こえないので、ガイはその口の動きを見て、何を言っているのか考えることにしました。
 エルメスは、ガイに自分の言葉が伝わっていることを確認してから、何かを叫びました。
 その口の動きから、エルメスはこう言っていることが分かります。
『さあ、この状況でどう戦う!? 今から戦闘再開と行こう!!』




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR