FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくきゅうじゅうにかいめ!

※この回は月曜更新分です。


イノブン「そういえば190回目の拷問具って、どういうやつなのかお前の描写力じゃよくわからなかったんだが」
ケーケー「まあ、こういうのに詳しい人だけ見て納得してください」
・三角柱のとがっている部分に座らせるような構造をしている木馬:三角木馬
・小さなピラミッドの頂点に尻穴が来るように座らせる構造をしているもの:ユダのゆりかご
・三角柱を並べてあるところに正座させて固定した後ひざの上に重石をのせていくような構造をしているもの:石抱き
・下に着火装置のある金属製の牛:ファラリスの雄牛
・中に棘がいっぱいついている人型の像:鉄の処女
ケーケー「石抱きとかは時代劇とかで見たことある人いるんじゃないですか? 普通のドラマにも出てましたよ」
イノブン「そうかもしれんが、正直お前の描写力じゃ分からんと思う」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


 マリエルが、シーノのいるであろう部屋に近づくと、その部屋からバシンバシンという音が聞こえてました。
その部屋は190回目で出てきた、拷問道具がいっぱいある部屋です。マリエルはそんなことを知りませんが、それでも、部屋の中からする音を聞けば、シーノが心配になります。
「シーノ!?」
 マリエルはその部屋の扉を開けます。そして分かりました。
 部屋の近くで聞こえてきた音は、鞭で人をたたく音でした。マリエルは実は、それが鞭の音だと予想していました。しかし、予想外だったこともあります。
 それは、鞭で打たれているのはシーノをさらったダーパで、鞭を打っているのがシーノだったということです。
 ちなみに、ダーパの下には三角柱のとがった部分にまたがるタイプの木馬があり、とてもご満悦の様子です。……痛そう。
「あっ、マリエル!!」
 シーノはマリエルに気付き、ノリノリで振るっていた鞭を止め、マリエルのもとに駆け寄ります。
「恐かったぜ~!! 助かったぜマリエル~!!」
 シーノはマリエルに抱きつき、えんえんと泣き出しました。
「顔をあげなさい、シーノ」
 マリエルはシーノにやさしく言いました。もうマリエルの目は閉じています。激おこぷんぷん丸ではないのです。
 しかし、シーノはまだ泣いています。ダーパとかいう変態に鞭を打つという行為は、よっぽどつらかったのでしょうか。
「もう一度言うわ。顔をあげなさい、シーノ」
 おっと、今度は鋭い口調でマリエルが言いました。先ほど閉じていた目は、もう開いています。
 シーノは、マリエルの胸の中で、震え出しました。
(やばい、嘘泣きがバレたか!?)
 しかし、そう思ってもシーノにはどうしようもできませんでした。シーノはもう、マリエルから叱責を受ける運命を回避することができないのです。




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR