FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくはちじゅうはっかいめ!

※この回は月曜更新分です。


キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


 時を遡って、その日の早朝の話をします。
(ふあぁ。朝はつらいわぁ)
 眠そうな顔で、マリエルはキッチンに向かいます。
 今日は朝から仕事です。仕事と言っても、OLのような仕事をするのではなく、仕事場というギルドっぽい場所で依頼を受け、その依頼を頑張って解決するという、漫画やゲームでよくあるアレです。
 朝の6:00に依頼者と待ち合わせです。今はそれに余裕で間に合うような時間ですが、外は真っ暗です。5月になり、少しは日が昇るのが早くなりましたが、さすがにこの時間にはお日様は昇っていませんでした。
(さて、今から朝食を作らないと)
 10人以上の孤児たちの朝ごはん作りは大変です。それを作っている時間はあるのでしょうか。
(……でも、私が作らないと誰が作るか)
(作者:今でしょ)
 何がだよ。
(作者:『じゃあいつ作るか』)
 ……お前、ついにWhen(いつ)とWho(誰が)を勘違いするようになったか。重傷だな。
(作者:最近疲れてるんですよ。ああ、もう今日はこれぐらいにして切り上げようかな)
 いや、中途半端だし、もうちょい頑張ろうよ!! 今、マリエルが5歩ぐらい歩いただけだよ!!
(ん?)
 その5歩ぐらい歩いたところで、マリエルは人の気配を感じました。
 すぐに両手を合わせ、能力を発動します。マリエルは盲目なので、両手を合わさない限り、何も見えないのです。ベッドの上からキッチンまでは何も見ずとも来れるのですが、誰かがいるとなれば話は別です。
 最も、その誰かは身内です。孤児の誰かです。気配だけで、それだけは分かりました。能力を使わない限り、誰なのかは分かりませんが。
(作者:ああ、もうダメ、これ以上書けない。気持ち悪い)
 おい、お前、大丈夫か?
(作者:……そして一晩寝て翌朝になったので書くのを再開します。みんなおはよう)
 お、おはよう。
(作者:昨日あんまり寝れなかったけど、今日も頑張るぞー! おー!)
 お、おー!
 気持ち悪いの治ったのか? ……まあ、いいや。
 マリエルは能力を使います。能力を使うや否や、マリエルは驚きました。
 マリエルを驚かせたのは、居間のテーブルの上にあるものでした。孤児全員分とマリエルの朝食ができていたのです。
 その朝食を用意したのは、テーブルに1人座っているシーノでした。
「おはよう、マリエル」
「おはよう、シーノ。気が利くわね。おかげで気が楽になったわ。ありがとう」
「お礼なんていいから! さぁ早く私の顔にありがとうのビンタを!」
 ぶれないな、お前。
「……シーノ? あんまりふざけてると、また手足をしばって数時間放置するわよ?」
「やめて! 放置プレイだけはやめて!」




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR