FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくはちじゅうごかいめ!

※この回は月曜更新分です。


ケーケー「申し訳ないですが、今週の金曜と、来週の月・金はお休みいたします。ご了承ください」
イノブン「なんだ? サボりか?」
ケーケー「こっちも大変なんだよ。飲もうとした水をすべて吹き出すぐらい大変なんだよ(実話)」
イノブン「何があった!? 大変だからって起こるようなことじゃないよな!?」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


 マリエルが仕事(作者:キュリアとかマリエルとかガイとかは、他の人の依頼を解決することをでお金を稼いでいます)から帰ってきたとき、孤児たちは不安そうにマリエルに寄ってきました。
「あらあら、どうしたの?」
 何があったのかよくわからないマリエルは、笑顔で対応します。
「マリエル、あれ?」
 孤児の一人が、テーブルの上を指さしました。
 そのテーブルの上には、一通の手紙が置かれていました。
 その手紙には、こう書かれていました。
『赤髪の娘は預かった。返してほしくば今日の13:00より、3VS3の勝負をしろ』
 その手紙を読んだマリエルは開眼します。激おこぷんぷん丸です。
 シーノはいたずらでこんな手紙を残していなくなるような子ではありません。となると、本当に誰かがシーノをさらって行った?
(だったら、許さない!)
 マリエルは信頼できる2人の仲間の元へ行くべく、家の外に出ようとしました。
 その時でした。
『あ、マリエル? キュリアだけども……』
 突然、キュリアの声が聞こえてきました。
「キュリア!?」
 どこから聞こえたのかは分かりませんが、マリエルは気にせず叫びます。
「お願い、シーノを助けて!!」




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR