FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくはちじゅっかいめ!

※この回は金曜更新分です。

ケーケー「フライング更新!」
イノブン「フライングはあんまりいいことだとは思わないけどな。決まった日に更新するのがベストだと思うけど」
ケーケー「申し訳ないです。個人的な都合で、……主に寝る時間と、PCをつける時間を考慮すると、今後フライング更新または遅刻更新することが多くなるかもです」
イノブン「遅刻はアカン」
ケーケー「アカンと言われましても……。とりあえず、そういうわけでよろしくお願いします」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


「……あれ?」
 翌朝、キュリアは朝食を作り終え、いつものように謙次を起こそうとし、家の扉を開けました。
(作者:BGM『匠』)
 しかし、なんということでしょう!
 あのお寝坊さんの謙次が、早起きのガリ勉に!
 弱々しかった豆腐メンタルは、なんとしてもキュリアの役に立ちたいという、強い心に変貌しています。
 そして、……あの豪勢な天井が、解放感ある吹きぬけに!
(作者:それはない。天井は変化していません。変化したのは謙次だけです。緑色の匠は仕事していないので、あしからず)
「あ、キュリア。おはよう」
「おはよう謙次! こんな朝早くから頑張って、偉いね!」
 そうです。謙次は『テレパシー』を使えるようにするため、朝早くから起きて勉強しているのです。
「いつ起きたの、謙次? 私が起きて朝ごはんを作りに出かけるときは、まだ寝てたよね?」
「うん、まあ、なんというか、そのとき俺も目が覚めたんだよ。正直、眠かったけど、頑張って早く魔法を使いたいしさ!」
「……そっか。私のために頑張ってくれてるんだね、ありがとう」
 キュリアは、素直な気持ちでお礼を言いました。
 そして、キュリアは謙次を素直に応援しました。
(2,3日ぐらいかな? せめて、やる気が続いている間だけでも応援しないと! 私のために頑張ってくれてるんだもん!)
 そんな気持ちで。




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR