FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくななじゅうきゅうかいめ!

※この回は月曜更新分です。
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


(……よし、あと一体でクリア……)
『謙次、聞こえる?』
「え? ……あ!?」
 キュリアの声がしたのでふと後ろを向いた謙次でしたが、その間に敵が迫ってきて、ゲームオーバーになってしまいました。
(……くっ!! なんということだ……!!)
 声がしたことすら忘れ、ひたすら後悔する謙次。1時間半、ずっと同じステージをやり続け、もう少しでクリアというところだった。にもかかわらず、己の不注意でゲームオーバーという失態。これは後悔しないではいられない。
『あ……、えーと、ごめんね謙次』
 再びキュリアの声が聞こえました。しかし、どうやらキュリアはそばにいない様子です。今謙次がいるのは2階なので、1階からキュリアが謙次に声をかけたのでしょうか?
 いいえ、それはそれでおかしいです。1階からキュリアが話しかけているとしたら、叫ぶような声になるはずです。今のキュリアの声は、そばにいて語りかけるような声でした。
 ならばキュリアはどうやって話しかけているのでしょうか? 疑問に思った謙次でしたが、その疑問はすぐに解決しました。
『とりあえず、これが「テレパシー」だよ。こうやって脳内に話しかけるんだ』
 そうです。謙次は今までゲームに熱中しすぎて、『キュリアが「テレパシー」を使えるようになるまで待つ』という本来の目的を忘れていたのでした。
(作者:自分のためにやってもらってたのに、謙次ひどい)
『ちなみに、「テレパシー」で話しかけるには、頭の中で声を思い浮かべればいいんだよ。えーと、分かりにくいかもだけど、頭の中で声を出す感じかな?』
『こ、こうか』
『そうそう、上手く出来てるよ!』
『……あ、そうだキュリア! この魔法って、戦闘中でも使える?』
『うーん、それは無理かな』
『え?』
『さっきも言ったけど、魔法を使うには頭の中で「プログラム」を思い返さなきゃいけないんだよ。「テレパシー」を使っているときは、常にその「プログラム」を思い返しているから、同時に他の魔法を使うなんて無理だよ。ふたつ同時に「プログラム」を思い返さなきゃいけないからね』
『……そうか。だったらやっぱり、俺が使えるようにならなきゃいけないのか』
『……そうだね。この魔法で私をサポートしたいと思えばだけど』
 キュリアはだいたい分かっていました。ドクターXがなぜ、謙次に『テレパシー』の魔法を勧めたのかということが。
 キュリアが戦闘しているときに、謙次の『未来が分かる』能力が発動します。よって、謙次にはキュリアの戦っている相手がどう動くのかが分かるわけです。
(作者:ただし、謙次はまだ能力をうまく使いこなせていないので、現時点では上手く相手の行動を読めないかもしれません)
 まあ、話がこんがらがるので、相手の行動を読めたと仮定します。能力で見た未来をキュリアに伝えることができれば、キュリアはより戦いやすくなるでしょう。しかし、現時点で謙次がキュリアにそれを伝える手段はありません。
 そこで『テレパシー』です。『テレパシー』を使えば、能力で見た相手の動向を、すぐにキュリアに伝えることができます。
(作者:さきほどキュリアは、『テレパシー』で会話するには頭の中で声を出せばいい、と言いましたが、その気になればイメージで相手に想いや考えを伝えることも可能なのです)
『サポートしたいさ!!』
 謙次は強く念を押しました。
『お前は俺の中でヒーローだし、恩人なんだ!! だから、少しでもその恩返しがしたいんだ!!』
 だったら食器洗いぐらい、自分でやれよ。
 イノブンがそう思っていると、キュリアは『テレパシー』の中で言います。
『……分かったよ。それじゃあ、頑張ってね』
『……ああ!』
 謙次が語りかけて以降、キュリアの言葉は聞こえなくなりました。どうやらキュリアは『テレパシー』を終了させたみたいです。
 『テレパシー』を終了させて、キュリアは思います。
(……まあ、どうせ途中で投げるだろうね)
 キュリアのよく知る謙次は、弱気で怠け者で、諦めの早い人間でした。最近、謙次も変わってきていると思っているようですが、それでも今回ばかりは途中で諦めるだろうと踏んでいます。
 しかし、
「……でも、気持ちだけでも、うれしいな」
 キュリアはうれしそうな顔で、そう呟いたのでした。




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR