FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくろくじゅうさんかいめ!

ケーケー「本日は1月1日に並ぶ1年の区切りの日ですね」
イノブン「え? 何言いだすのいきなり?」
ケーケー「1年生は2年生に、2年生は3年生に、そして中学生は高校生になる。実際に新学期が始まるのはもうすぐ先の話ですけども、この日を1年の区切りの日として考える方は多いのではないでしょうか」
イノブン「まあ、言われれば確かに」
ケーケー「そんなわけで今日は、この小説をもう1回分更新しようと思います」
イノブン「おおっ!!」


キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


<ゲームのルール(簡易版)>
・100個のスイッチをすべて点灯させたらキュリアの勝ち(死刑を免れる)
・24時間以内に点灯させられなかったら、キュリアの負け(死刑執行)
・スイッチを点灯させられないと思ったら、開始23時間以内に赤いボタンを押す
・赤いボタンを押して、ジャンクが30分以内にすべてのスイッチを点灯させることができたら、キュリアの負け。点灯させることができなかったらキュリアの勝ち。


「くっ」
 謙次が渋い顔をしました。どうやらスイッチを押し間違えたみたいです。
 謙次は左上のリセットスイッチを押します。ジャンクはこのスイッチについて何も言いませんでしたが、おそらくリセットスイッチということで間違いないでしょう。
(作者:間違いないです)
 作者が言うので間違いないです。
 今の謙次の様子を見てキュリアは言います。
「謙次、やっぱり私がやろうか? スイッチを押すのはおそらく私がやった方がいいと思うんだ」
「いや、ダメだ」
 謙次はきっぱりと言いました。
「お前がやったら、間違いなくスイッチを押し間違えて時間に間に合わない。だからダメだ」
 なんと! 謙次は自分がキュリアよりもスイッチを押すのが正確だと言いました。キュリアよりも圧倒的に手先が不器用な謙次君は、一体どこからそんなことばが出てきたのかな?
(……でも、今の謙次の発言は、……嘘じゃない!)
 え? 何だってキュリア? 『嘘じゃない』?
(おそらく、私がやると本当にミスをするんだろう)
(作者:キュリアの『先読み』によるウソ・ホントの判断はかなり正確です。ほぼ間違いなく相手の言っていることが嘘か本当か見抜けます。ただ、それだけではないです。言っていることが『本当』なのか『自信があるだけ』なのかの区別もきちんとできるのです)
 つまりなんだ、今の謙次の発言はただの自意識過剰な中二病的発言じゃないってことか?
(作者:そういうことです)
 まじかー。ってか思うんだけど、最近の謙次って謙次してなくない?
(作者:謙次してないね)
 謙次してない謙次とか、見てて虫唾が湧いてくるんだけど。
(作者:言いたいことは分かるが我慢して読もう、うん)
(今の謙次って、まるでこの世のすべてのことを知っているみたいだ)
 キュリア、変なことを考えるのはやめてくれ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR