FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくごじゅうななかいめ!

ケーケー「祝! 2000HIT!」
イノブン「ホームページの方10000超えなのに、こっちはまだ2000なんだな」
ケーケー「あれは、僕が工作したので……」
イノブン「詐欺じゃねえか!!」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


<ゲームのルール(簡易版)>
・100個のスイッチをすべて点灯させたらキュリアの勝ち(死刑を免れる)
・24時間以内に点灯させられなかったら、キュリアの負け(死刑執行)
・スイッチを点灯させられないと思ったら、開始23時間以内に赤いボタンを押す
・赤いボタンを押して、ジャンクが30分以内にすべてのスイッチを点灯させることができたら、キュリアの負け。点灯させることができなかったらキュリアの勝ち。


 ゲーム開始から1時間後、
「分かった!」
 キュリアは大声で言いました。おそらく、スイッチの法則について何か分かった、という意味でしょう。
「え!? ……それで、どうだったの?」
「このスイッチの点灯・消灯状態は、……めんどくさいから、オン・オフ状態と言おうか。このスイッチのオン・オフ状態は、スイッチを押した回数によって変わるんだよ!」
「え? か、回数?」
「うん。たとえば、このスイッチを押す」
 キュリアは、右上あたりにあるスイッチを1回押しました。
「次に、このスイッチを押す」
 今度は、左下あたりにあるスイッチを1回押しました。
「で、もう一度このスイッチを押すと、こうなる」
 そう言って、もう一度右上あたりにあるスイッチを押しました。
「それで、どうやらこのボードは一番左上にあるスイッチがリセットボタンになってるみたいなんだ」
 そう言って、キュリアはそのリセットボタンを押しました。
「今度は、このスイッチを押して……」
 再び、先ほどと同じ右上あたりにあるスイッチを押しました。
「で、このスイッチ、このスイッチ、このスイッチを押す」
 先ほどは押してないスイッチを、3個押しました。
「そのあと、またこのスイッチを押すと……」
 再び、先ほどと同じ右上あたりにあるスイッチを押しました。すると……、
「あ! さっきと変わってない!!」
 謙次が声を発しました。なんと、リセットボタンを押す前と今で、右上あたりにあるスイッチを押したときのオン・オフの変化が、全く同じだったのです! リセットボタンを押す前にオン・オフが切り替わっていたスイッチと同じスイッチが今、オン・オフ切り替わったのです!
 先程と今、共通するのはそのスイッチを押したのが2回目であるということ!!
「つまり、スイッチのオン・オフの変化は、スイッチを押した順番とかじゃない。そのスイッチを押した回数で決まるんだよ」
 一区切り置いて、キュリアは続けます。
「あと分かったのは、同じスイッチを2回続けて押すと、そのスイッチを押していないことになるみたいなんだ。だから、さっきのスイッチを2回連続で押すと……、このように、スイッチのオン・オフは変化しない」
「なるほど」
「じゃあ、私はパターンの解析に移ろうかな。親切なことに、紙とペンがあるから、メモも取っておこう」




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR