FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくごじゅっかいめ!

ケーケー「まさかここまでいくとは」
イノブン「100回目を越えることすら、夢にも思っていなかったのにな」
ケーケー「なら今度は、1000回目を目指そう」
イノブン「何年後だよ!?」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


「……謙次、私もうどうしたらいいか分からないよ」
 キュリアが言いました。すごく思いつめたような表情をしています。
「今まで私は、きちんと反省してきた。いや、もちろん反省して許されるものじゃないっていうのは分かってる。だけど、その努力が無に帰るような気がして、……もう分からない!!」
 キュリアはそう言って、『ぬあーん』等のよく分からない声をあげて泣き始めました。
(……どうしたんだよ、キュリア)
 謙次は心の中で呟きます。
(いや、どうしたのかは分かってる。死刑宣告されて、取り乱しているんだ。だけど……)
 謙次はキュリアの言った言葉の意味を考えます。『反省』、『許される』、『努力』。謙次は聞いてすぐにその意味を理解することはできませんでしたが、キュリアは何を『反省』しているのか、キュリアは何から『許される』ことを望んでいるのか、キュリアは何に対して『努力』してきたのか。それらを考え、謙次はある結論に至りました。
(まずい!! キュリアは暴走しようとしている!! またどこかで人を殺そうとしている!!)
 先程挙げたキーワードは、すべて『バルカン半島大量虐殺事件』に関連しているのです。キュリアは人を殺めたことを『反省』し、虐殺したことから『許される』ことを望んでいたのです。
 もちろん、それは現実世界でもこの話の時代でも許されるようなものではありません。キュリアもそれは分かっています。しかしそれでも、キュリアはその罪を償おうと『努力』してきたのです。
(……まさか、手始めに俺を殺そうってんじゃないだろうな、キュリア)
 主人公のくせして、小物の考えそうなことを思い浮かべる謙次。しかし、そうやってガクブルする謙次を見て、キュリアはハッとさせられたのです。
「わ、私は一体、なんてことを考えていたんだろう……」
 暴走しそうになったキュリア。しかし、キュリアは自分の身可愛さに虐殺を『反省』していたのではありません。きちんとそれが悪であると認め、その上で反省していたのです。
 暴走するのはダメ。しかし、これから自分はどうすればいいのだろう。キュリアはまた迷走します。
 そんなキュリアを見て、謙次は思いました。
(キュリアは、強い)
 もちろん、戦闘能力ではなくて、心が強い、という意味です。
 『クオリア障害』から来る暴走欲に耐えた。30年前、虐殺事件を起こしたキュリアならば、こんなことはなかったでしょう。しかし、命を狙われ続けたこの30年間で、キュリアは精神的に強くなっていたのです。
 謙次は自分が情けなくなりました。そして、今キュリアにどんな言葉をかけてやるべきか、真剣に考えます。
「なあ、キュリア」
「ん?」
「その、聖室庁裁判所に訴えられて、ゲームに勝ったやつはいないのか?」
「……いるよ」
「だったら……」
「3人だけ」
「……え?」
「289人中3人だけ。だから、だいたい99%の確率で私は死刑になる」
 えーと、計算計算。(289-3)÷289=0.9896193…、だいたい99%ですね。
「だったら、まだ可能性があるじゃないか」
「……え?」
「0%じゃないならあきらめちゃだめだ! 希望は捨てちゃだめだ! ……その、なんていうか、えーと……」
 謙次は言葉に詰まりました。おい主人公、しっかりしろよ。
「死ぬことを前提として考えるな! 死なないために今できることだけを考えろ!」
「け、謙次……」
 キュリアは驚かされました。他の人と比べ、コミュニケーションがうまくとれない傾向にある謙次が、こんな状況で、こんな主人公っぽいセリフを言うだなんて。
(作者:ちなみに、1%でもあるならみなさん、あきらめちゃだめですよ。僕だって、ノー勉で受けた5択マークの資格試験で6割以上正解して合格していますから)
 ふざけんな!! 今一生懸命に勉強している人たちの努力を否定するようなことを言うな!!
「分かったよ、謙次」
 キュリアは涙をぬぐって、笑顔で言います。
「今日という日を、楽しく過ごそう!」
 え?




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR