FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくよんじゅうさんかいめ!

ケーケー「今年最後の更新になります!」
イノブン「来年度もこのブログと『キュリアと謙次』をよろしくお願いします』
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


 さあそういうわけで、マリエルの過去編です。
(作者:実は今回の話、まだしっかりと考えてないんですよね)
 え!? そんな構想で大丈夫か?
(作者:大丈夫だ。問題ない)
 まあいい。あいつは……、やっぱり今回もダメだったよ。
(作者:過去編はやっぱりそのネタから始まりますか)
 そうだな。次はこれを見ているやつにも、付き合ったもらうよ。
(作者:読者様を『やつ』呼ばわりするな!! 話の流れを考えずに、ただネタを使っていればいいだけだなんて思うなよ!!)
 す、すまん。
 では、そろそろ本編に移りたいと思います。
 あれは10年前、いや、1万4000年前の……
(作者:もうネタはいいから早く話を進めてくれ。いい加減読者様もあきてると思うし)
 ……はい。
 マリエルは子どもの頃、ピアノが好きでした。目も普通に見えていて、魔法も使わず、ごく普通の女の子でした。
 10歳の頃、マリエルは初めて魔法の本を手にしました。多くの人が一番初めに学ぶという『ファイア』の魔法が書かれた本でした。多くの人が本の内容を理解できず諦めているのですが、マリエルは1カ月で『ファイア』の魔法を覚えてしまいました。
 マリエルに魔法の才能があることを知った両親は、(作者:実際は才能と言うより、マリエルの魔法に対する興味が強いだけでしたが)マリエルをシェドの元へ弟子入りさせることに決めました。
 シェドはマリエルの魔法の才能(作者:実際は才能と言うより以下略)に魅入られました。そのため、マリエルはシェドの元への弟子入りをすんなり認められたのです。
 それから、シェドの館に移り住むことになったマリエル。しかし、シェドの元でマリエルがやらされた修業は、とても厳しいものでした。たたけばたたくほど伸びる人も中に入ると思いますが、マリエルはそうではありませんでした。マリエルとって、そこでの修業はただ苦痛でしかありませんでした。
 ある日、マリエルは自分の家に帰りたいとシェドに申し出ました。しかしシェドも逸材をやすやすと返すわけにはいきません。
「この世には魔法を使おうと思っても使えない人が大勢います。むしろ、魔法を使える人はほんの一握りです。あなたはその一握りの人の中でも、飛びぬけて魔法を使うのが上手いのです。どうか考え直してください」
 シェドがそう言っても、マリエルの考えは変わりません。マリエルは魔法が好きですが、ピアノの方がもっと好きなのです。このころ、マリエルはピアノがとても恋しくなっていました。
 さあ、マリエルは帰りたいのに師匠のシェドは帰らせてくれない。マリエルはシェドに恨みさえ抱くようになりました。そんな中、マリエルはシェドの館でとある本に出会いました。
 その本はどうやら、『ベネクト』という呪文について書かれたものみたいです。




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR