FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくさんじゅっかいめ!

←ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします。
ケーケー「↑これでブログランキングとやらに参加できるんだと」
イノブン「へえ」
ケーケー「このバナーをクリックしてくれる人がいると、ポイントが入ってランクが上がる、というシステムらしい」
イノブン「へー。でもさー」
ケーケー「何?」
イノブン「拍手すらされないのに、このバナーをクリックしてくれるかな?」
ケーケー「それは言わない約束!!」
(ちなみに、クリックするとFC2ブログの自作小説ランキングのページに飛ばされます)


キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


「……うう、ん?」
 ガイが目覚めました。場所は先ほどキュリアと戦ったところのすぐ近く。
「俺は、生きてるのか?」
 ガイは起き上がり、キュリアを探しに出かけます。
 キュリアはすぐ近くにいました。薪に火をつけて肉を焼いています。近くにトレーが落ちているので、どこかのスーパーで買って来たのでしょうか?
 キュリアがガイの存在に気付いて言います。
「あれ? また来たの? 相手してあげてもいいけど、体力回復してから万全の状態で来た方がいいと思うよ」
「……この俺を、見逃すというのか?」
「え? アンタが何を言いたいのか、よく分からないな。ちょっと整理しよう。まず、『見逃す』って、どういうこと?」
「どういうことって、そのままだ。俺はお前を殺すつもりで来たんだ。なのにお前は俺を殺さず、見逃してくれるのか?」
「ああ、なるほど。そういうことか。……見逃すも何も、私はもう人を殺したりなんかしないよ」
「……なん、だと?」
 どうやらガイは知らないみたいですね。キュリアは約35年前、バルカン島での大量虐殺を決行した後、本来ならフェニックスに殺されてもおかしくないところですが、見逃してもらえました。それは、キュリアが人を殺したことを反省していたからです。
(作者:このことについては、フェニックスも後悔しているようです。人を殺したことを悔やんで許されるなら、警察はいりませんしね。あと、キュリアは『クオリア障害』という精神障害を患っているので、『だったら俺も人殺して許されるのかな!?』とか勘違いしている方がいらっしゃったら、そんなことは絶対にあり得ないと申し上げておきます)
 誰も勘違いしないって!!
 とにかく、後悔してはいるものの、キュリアを見逃してあげたからには、『やっぱ殺しちゃおう☆』みたいなことはできず、それで今もキュリアは生きているわけです。
(作者:ただ、見逃しているのはあくまで、キュリアが人を殺してはいけないと思っているからであって、もしキュリアが誰か1人でも殺した場合、フェニックスは問答無用でキュリアを退治しにくるでしょう)
 そういうわけで、キュリアは絶対に人を殺しません。逆に、人を殺すようなヒロインってどうよ?
「……そういうことだったのか」
 キュリアから今イノブンがしたような説明を聞いて納得したガイが言いました。
 ガイは続けて言います。
「悪いな。俺のことを恨んでいるだろう」
「え? どうして?」
 キュリアはきょとんとして言います。『わけがわからないよ』とキュリアの顔が訴えています。
 しかし、ガイはガイで『どういうことだ、オイ』という顔をしてきたので、キュリアは訳も分からないまま言います。
「うーん、……だってさ、私のやったころは許されるようなのじゃないから、命を狙われるのは当たり前だし、ガイを恨む理由なんてないよ」
 これを聞いて、ガイは『あっぱれ大将軍や』というような顔をしました。
(作者:ネタの元が現代アニメから古典に変わった!?)
 ガイは思います。
(コイツの過去はどうあれ、俺はコイツを殺そうとしたんだ。なのに命を奪わなかった上に、全く俺を恨んでいないだと!?)
 これまで、ガイはキュリアを単なる殺人鬼だと思い込んでいたのに、今のやり取りでキュリアに対する評価が器の大きい人だという評価に変わってしまったのでした。
「なあ、キュリア」
「ん?」
「今日はもう家に帰るが、また会いに来てもいいか?」
 これを聞いて、『ガイは老人博士のもとを卒業したばかりだから、家なんてないじゃん』と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、老人博士はガイが今後住むことになる家をちゃんと用意してからガイを卒業させたので、ガイには帰れる家がちゃんとあります。
 ガイの問いに対するキュリアの返答は、
「いいよ。私としては、殺しに来てほしくないけど、悪いのは私だし、拒む権利もないしね」
「安心しろ。もう俺にはお前を殺す気はない」
「本当!? なら大歓迎だよ!!」
 こんな感じで、キュリアとガイは仲良くなっていったのでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR