FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくにじゅうさんかいめ!

キュリアと謙次のまとめサイト→ http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


TOHO(ティーオーホー)「↑のまとめサイトにある各ページのスクロールバーの長さがばらばらだね」
……これを101~105回目を更新する前に言われたのですが、おそらく101~105回目が一番スクロールバーが長いorz
TOHOさんのホムペ『プレトノイヴァのメモリオン』 → http://puretonoiva.web.fc2.com/


「いやぁ、草陰で見てたけど、まさか『洗脳』とはね」
 最近頻繁に登場するようになった最強モンスター、フェニックスが草陰から現れて言いました。
「洗脳?」
 謙次が尋ねると、フェニックスは、
「うん。相手の脳を魔力エネルギーで操る科学技術だよ」
「魔力で操るのに科学なのか?」
「まあね。魔力のない時代から来た君からすれば、科学と魔術は別物だと思うかもしれないけど、いまどきの先端技術ではよく魔力が用いられるんだよ」
(作者:たとえば、この時代の発電技術では、発電所が魔力を用いた永久機関になっています)
 永久機関!? つまり、原料なしでずっと発電し続けると?
(作者:その通り。この時代でも『エネルギー保存の法則』というものがあるのですが……)
 なにその法則、知らない。
(作者:エネルギー保存の法則というのは、エネルギー形態が変化してもエネルギーの総量は変化しない、という法則です)
 意味が分からないよ。kwsk[くわしく]。
(作者:たとえば、電気ヒーターは電気エネルギーを使って熱エネルギーを生み出しますよね。まあ、熱エネルギー以外にも音エネルギーや光エネルギーも生み出しますが)
 何とかエネルギーと書いてあるから分かりにくいが、お前が今言ったセリフの『エネルギー』という単語を省けば理解できる。
(作者:まあ、電気と電気エネルギー、熱と熱エネルギーは同じようなものなので、省いても問題ないですけどね。このとき、失われる電気エネルギーの量と、生みだされるエネルギーの量が等しい、というのがエネルギー保存の法則です)
 電気が熱や音、光に変化するけど、使われた電気エネルギーと生み出された熱・音・光エネルギーの量が等しい、というわけだな?
(作者:そういうことです。この法則はわれわれの時代では常に成り立っています)
 当然と言えば当然だな。
(作者:しかし、この時代においては、必ずしも成り立つとは限らないのです)
 え?
(作者:この時代には、『魔力エネルギー』という、われわれの時代にはないエネルギーがあります。このエネルギーだけ、エネルギー保存の法則を無視することができるのです!)
 おお!
(作者:これを利用すれば、さっきも言ったように発電所を永久機関として利用できるのです。他にも、パソコンの高性能化や、通信技術にも魔力が使われます)
 便利いいんだな。
(作者:では、本編に戻します)
「ガイはどうやら誰かに洗脳されたみたいなんだ」
「だけどフェニックス、どうしてそんな状況下で隠れてたんだよ? キュリアやガイは、お前の友達じゃないのか!?」
 最近、少しは主人公っぽいセリフを言うようになったな、謙次。
 謙次の問いかけに対し、フェニックスはこう答えます。
「そういう約束だからだよ」
「え?」
「キュリアの過去話は君も聞いただろう?」
 ジェノサイドの話ですね、分かります。100人ほど人を殺したという、あの話です。確か最後らへんに、フェニックスも出てきましたね。大罪を犯したキュリアを見逃してあげたという……、
「僕はキュリアを見逃したわけじゃないんだよ?」
 あれ?
「あのときは、キュリアを生かしておいた方が、罪を償うためにいいんじゃないかと思ったんだ。生かしておけば、『正義の味方』と称する人がキュリアを殺しにかかってくる。単純に殺されるより、そっちの方が地獄だろ?」
 そういえば、キュリアを生かしておいた理由はそんな感じでしたね。
「殺されそうになったら助けるだなんて、その地獄を用意した張本人のすることじゃないだろ? キュリアは死を嫌っているから、それが地獄として機能するんだよ」
「じゃあお前は、キュリアを見捨てるのか!!」
「まあね」
 当然であるかのごとく、フェニックスは言いました。
「いつもそうしてるんだ。今までもキュリアが命の危機に陥ったことは多々ある。僕はずっとそうして来たんだ」
 なんという冷徹な物言い。ふざけた性格で、見た目がマスコットキャラっぽいくせに。世界の独裁者であるためにも、このような冷徹さが必要だったのでしょうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR