FC2ブログ

この前の会合の続き

K「明日会合があるのに、今更先週の会合の内容を伝えようとしているケーケーと……」
J「まったく更新される気配がない小説『キュリアと謙次』の地の文担当、J・イノブンです。どうもおねがいします」
K「そんで、前回の会合の内容には続きがあるわけですよ」
J「明日が次回の会合なのにか? しかもカラオケ付き」
K「そのとおり!! 明日は歌いまくるぜ!! おぉ!!」
J「で、話を戻して、前回の内容の続きとは一体?」
K「そーそー、この前、TOHOが欠席で、それなのにTOHOの書いたプロットをほか三人で読んだわけですが……」
J「ん? それで? ……おーい、反応しろよ、おーい」
K「……長い」
J「へ?」
K「とてつもなく長いプロットだった。僕がこのプロットを一人で読もうとしなかったのは、プロットの文章量が長かったためなのだ。これではRPGが完成するのはいつになるやら」
J「へえ、……ってチョイ待て」
K「ん?」
J「それってさ、お前がプロットを読む前にすでに長すぎるとわかってたんだろ? じゃあそれもらったときにTOHさんに文句言っとけばよかったのに」
K「いや、そのときは脚本が来てなくて、そして脚本とプロットを比較したとき、作ろうとしているRPGの会話イベントの量の多さにようやく気付かされたのです。……ちなみに、脚本は読んだけど、もらった時はRPGが長くなることに気付けなかった俺自重wwww」
J「マジ自重しろwwww」
K「それで、Skypeを利用して、TOHOに連絡を取ったんだ」
ケーケー「おーい、この量だとマジ、4年ぐらいかかるぞwwww」
TOHO「じゃあ、体験版ができてから、あとはイベント類、僕が担当するよ」
ケーケー「でも時間がかかるだろう」
TOHO「いんや、4か月あれば十分」
J「TOHOさん自重wwww」
K「いや、奴の作業量なら、本当に4カ月でできるかもしれない。僕は小説を一話更新するのに1カ月かかるが……」
J「そんだけかかってできてないだろwwww」
K「奴は、一か月あればノート一冊分更新してるというほどの作業量なのだ。こいつなら本当に4カ月で完成するかもしれない」
J「ということで、お願いしたわけだ」
K「んだ」
J「ところで、体験版というのは?」
K「ああ、そうそう。僕らが制作にどのくらいかかるか、そしてこのプログラムでゲームが動くかを確認するための『体験版』です。ダンジョンは4つ」
J「で、完成版のダンジョンの数は?」
K「21個wwww」
J「となると、残りの17個を4カ月で作るわけだ、TOHOさんはwwww」
K「そのとおりwwww」
J「そういえば今更だが、TOHOさんの名前の由来って、かの有名な同人STGからきてる?」
K「んにゃ、違うらしい。本人がいうには、TO砲というチームが元ネタらしい。正直、僕はうろ覚えですが」
J「そーなのかー」
K「逆に僕が好きですね、『東方』は。けっこうやりこんだからなあ」
J「……さて、このままだとこの人、東方の話をしやがるかもしれないので、そろそろこの記事を終え……」
K「待て、勝手に終わらせるな!!」
J「え? まだ前回の会合でなにか言うことがあった?」
K「No,I don't」
J「じゃあ終了で」
K「おーい!! ふざけるなー!! 東方の話をさせろー!!」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR