FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃっかいめ!

ケーケー「祝☆100回目!!」
イノブン「よくここまで続いたなww」
ケーケー「というわけで、100回目記念として、こんなページを作っちゃった。てへ」
イノブン「うん、キモいぞ、その『てへ』は。それで、どれどれ……」
ケーケー「キュリアと謙次のまとめサイトです。作るのすごい疲れた……」
イノブン「そりゃあ疲れるだろう。今まで書いた内容のすべてに<br>を入れたんだろ?」
ケーケー「ああ、それね? 一応、読者にHTML知らない人いるかもしれないから、<br>」
イノブン「あいよ。簡単に言うとこんな感じです↓」
・ホームページはHTMLという言語を用いて作られている。
・HTMLにおいて、改行を表わすのは<br>である。
イノブン「FC2ブログでやる分にはHTMLの知識はいらないし、改行もEnterキーを押すだけで勝手になるんだけども、普通のホームページでは改行するのに毎回<br>を入れなきゃいけないんですよ。ちなみに、HTMLがどんな感じか知りたい人は、右クリックで表示されるメニューの中から『ソースの表示』を選択すれば見れます」
ケーケー「このブログはFC2が管理していらっしゃるので、僕がHTML書いてるわけじゃないんですけどね。僕が書いたHTML記述を見たい人は上に張ったリンクをクリックして見てください。ところでイノブン」
イノブン「なんだ?」
ケーケー「ここまで説明してもらってなんだけど、実は僕、そんな面倒な作業してないんだよねww」
イノブン「な、なんだって!?」
ケーケー「チッチッチッ、舐めてもらっては困る」
イノブン「いけ、ベ○○ンガ、『したでなめる』!!」
ケーケー「そういう意味でなめられると本当に困る!! そうじゃなくてさあ、僕これでもプログラム組めるんだよ?」
イノブン「<br>を知らなかった人にとってはもうすでにちんぷんかんぷんだろうなあ」
ケーケー「頭痛くなった方はもう本編に飛んでください」
イノブン「それがいい。何が面白くてこんな文を読んでいるんだか。それで?」
ケーケー「簡単に言うと、①今までに書いたキュリアと謙次を『メモ帳』にコピーして、②プログラム使ってそのファイルを1行ずつ読み込み、③行の末尾に<br>を挿入する。この①~③のステップを利用すれば、手入力で<br>を挿入する必要なく、自動的にみんなやってくれる」
イノブン「なるほど、わからん」
ケーケー「そうでもしなきゃ、すべての行に<br>を打ち込まなきゃならなくなるんですよ? こんな作業やってたら、丸2日はかかる」
イノブン「よくわからんが、プログラムで作業が楽になった、と言いたいわけだな?」
ケーケー「そゆこと。まあ、リンクを貼ったりしてたら、意外と時間食っちゃったから、手間のかかる作業になっちゃったけどね」
イノブン「まあ、お疲れ様」
ケーケー「あと、100回目記念としてもう1つ!」
イノブン「まだあったの!? <br>の説明で頭を痛めた人は、もう本文にいっちゃったよ!?」
ケーケー「ホームページの紹介ページをちょっと修正しました」
イノブン「ほんとだ、イノブンのイラストが貼ってある!!」
ケーケー「どれだけ強力なパンチでも、一切通じないというキャラにしました」
イノブン「イノブンすげぇ!!」
ケーケー「ただし、はさみで簡単に切れるし、火をつけたら燃えるわ、水でぬらしたら飛べなくなるわ……」
イノブン「弱点多いな!!」
ケーケー「さて、100回目記念としてはこんなもんでしょう」
イノブン「やらないと言ってた割には、ずいぶんといろいろやったな」
ケーケー「長くなりましたが、そろそろ本編をどうぞ」
イノブン「本編短っ!?」
↓ 実はこの話、ブログよりもホームページの方に先にアップされていたりする ↓


「お兄さんさ、さっき遊んだら財布がすっからかんになっちゃったんだよね。だからさ、おこづかいくれない? それとも遊ぶ?」
 不良がシーノに向かって言いました。シーノはさほどお金を持っていないので、どのみち『遊ぶ』はめになるでしょう。しかし、『遊ぶ』を選ぶとケンカになります。
 シーノが答えれずにいると、
「……まあ、こんなガキがお金を持ってるわけないか。さあ、じゃあ腹いせに痛い目にあってもらうぜ!」
 不良がそんなことを言って殴りかかろうとしてきました。しかし、その時、
「やめろ」
 不良の後ろで誰かが声を発しました。その声のおかげで、シーノは不漁に殴られずに済みました。
 不良は後ろを振り向くと、一人の男が立っていました。
「あん!? なんか用か!?」
「いいや、お前らには用はない。ただ、子どもをいじめているのが気に食わなくてな」
「あんだとテメ……」
 不良がムッとして男を殴りに飛びかかりました。しかし、不良は男にカウンターを喰らい、一発でKOしました。
「テメェ……、こっちはまだ六人いるんだ!! 一人で勝てるとでも思っているのかァ!?」
 あんたら、それフラグですよ?
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR