FC2ブログ

キュリアと謙次 ろくじゅうななかいめ!

↓ 約2週間ぶり! お待たせいたしました! ↓


 エルカを逃がしてからも、キュリアは積極的に修業に取り組みました。
 傍[はた]から見たら、ただの児童虐待ですが、キュリアは嫌がるどころか、むしろ好き好んで修業に取り組んでいる様子です。
 そんなキュリアの様子を見て、リーダー格の女性はキュリアの寝室を移し替えました。
 以前は四天王と同じ部屋で寝ていましたが、ここから魔法関連の本がたくさん置いてある部屋に移し替えられました。ここでの修業は主に魔法の修行なので、こういう本をたくさん読め、ということでしょうか?
 ここに寝室を移し替えられた当初は、キュリアはほとんど寝ませんでした。なので、しばらくすると四天王たちは、12:00までには電気を消すよう、キュリアに言いつけました。まあ、キュリアは当時6,7歳なので、あまり夜更かしをさせるべきでないという、四天王なりの配慮でしょうか。
 言いつけられたからには、キュリアは言う通りにしました。……ただ、四天王の言う通り、電気を消すだけで、キュリアは『どんな明るさでも周りが普通に見える』能力を使って、結局夜更かししていたのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR