FC2ブログ

キュリアと謙次 ろくじゅうごかいめ!

↓ 『キュリアと謙次』なのに、最近謙次出てないなぁ ↓


 『四天王』。それは南エジプト第13帝国で一番戦いに強い4人組のことです。こんな子どもを奴隷(?)扱いするような国家で一番強いと言ったって、たかが知れています。が、並レベルよりもある程度上の実力を持っていたことは確かです。
 キュリアとエルカは、この四天王のもとで修業することに決めました。そりゃ当然ですね。奴隷がいいか、代わりに修業するかと聞かれたら、たいていの人は修業を選ぶのではないでしょうか?
 ただ……、ふたを開けてみたらどうでしょう?
「ぐあっ!!」
 戦闘訓練の途中、エルカは四天王の一人である大男に殴り飛ばされました。
 大男は言います。
「おいおい、どうしたどうした? 軟弱じゃねえかよ!」
 当たり前です。6歳の女の子ですよ?
「かかってこいよ! ……このままずっともだえ苦しんでるようだったら、もっと追撃喰らわすぞ!?」
 ……えー、かなりひどい展開になりそうなので、ここで描写を中断させていただきます。
 他にも、魔法をなかなか覚えられなかったら鞭で打たれるなど、2人は四天王からかなりひどい扱いを受けました。キュリアはクオリア障害のせいか、そういう扱いを受けることを一切気にしませんでしたが、エルカは違います。
 2人が修業し始めて、しばらくしたある日の夜のこと、
「ねえ、エルカ。私、すごくエキサイティングなこと思いついたんだ」
 四天王が眠っている中、キュリアはエルカに話しかけます。
「まだ当分はやらないけど、でも私がすごく強くなってから、やってみたいんだ。何をやるのかはまだ言わないけど、でもすごくエキサイティングだと思うんだ。それでね……」
「ねえ、キュリア……」
 エルカはキュリアの言葉をさえぎるように言います。
「キュリアは、ここで修業すること、つらくないの?」
「別に。むしろ楽しいよ。強くなれるし」
 キュリアは笑顔でそう返答しました。
「エルカはつらいの?」
 キュリアが聞くと、エルカは小声で、ただし口調を荒らげ、真剣な顔つきで答えます。
「つらいよ!! 奴隷なんかよりずっと!! 毎日、鞭で打たれるなんて、こんな生活もう嫌だよ!! こんなの絶対おかしいよ!!」
 ……おい作者。セリフの最後。
(作者:え? 別に何も変じゃないと思うけど?)
 ……まあいい。
(作者:ちなみに、ここで使われている鞭は、奴隷小屋にある子ども用の鞭ではなく、一振りで赤い筋のつく普通の鞭です)
 なるほど。だったら余計に嫌になるな。
「……分かったよ、エルカ」
 キュリアは言いました。
「『分かった』? 何が『分かった』の?」
 エルカに聞かれ、キュリアははっきりと言います。
「奴隷小屋に戻ろう」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR