FC2ブログ

キュリアと謙次 ろくじゅうよんかいめ!

↓ 最近、RPGのマップ制作ツールを作っていますが、めちゃくちゃ手間取ってます(^_^;) ↓


「ふうん、なるほどね……」
 リーダー格からキュリアとエルカが脱走したことを聞き、女性は言いました。
 リーダー格は暗い顔で、
「申し訳ございません。ただいまこの奴隷どもを奴隷小屋に戻すので……」
「待て。確かにこれはお前らの失態でもあるが……」
 女性はキュリアたちを見ながら言います。
「この子たちもなかなかの腕前と見た」
 女性の言葉を聞いて、リーダー格は、
「で、では!? われわれを許していただけるので……」
「そんなわけあるか!!」
 女性に怒鳴られ、リーダー格は涙目になりました。
 女性は続けて言います。
「お前らはお前らで許されがたい失態を犯しているんだ!! ……のちほど厳しい目に会うことを覚悟しておけと、見張りどもに伝えておけ」
 そう言うと、女性はキュリアたちを振り返ります。
「ところでお前たち、私たち四天王のもとで修業をする気はないか?」
「え? 四天王?」
 エルカは首をかしげて言いました。するとキュリアが、
「あ! 知ってる! 確かこの国で一番強い4人組さんだよね?」
「ええ、そうよ。それでどうだい? 私たち四天王のもとで修業をする気はないかい? ……それともこのまま奴隷小屋に戻って、奴隷生活を続けるかい?」
 女性に言われ、2人は顔を見合わせます。そしてすぐにこう言いました。
「「行きます! 私たち修行します!」」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR