FC2ブログ

キュリアと謙次 よんじゅうにかいめ!

「なるほど、キュリアはそう言ったのか」
 キュリアの冗談とやらを聞いて、そうデビルが言いました。
 デビルは続けて言います。
「それは事実だ。俺も今、それをお前に説明しようとしたんだが」
「やはりか」
 謙次が言いました。確かによく考えてみると、キュリアが無実なら、謙次の身に危険が迫っているときに、そんな冗談をつくというのはおかしいですよね。
 謙次は言います。
「実を言うとアイツ、俺と最初に会ったとき、自分は悪魔だという『冗談』を言っていたしな」
『俺と最初に会った時』って、昨日の朝のことじゃないか。まあ、間違ってはないんだけど。
(作者:もう42回目なのに、まだ2日しか経っていないのはやはり問題なのか……)
 当たり前だろ。
 デビルが言います。
「だから言ってるだろ、謙次。アイツは、ジェノサイドは、悪魔なんだよ」
「ジェノサイド、か」
 謙次はそう言って、一呼吸おいてからこう続けました。
「その『ジェノサイド』ってのは一体何なんだ?」
 確かに、作中で何度か出てきましたが、一体何なのでしょう? 直訳すると、『集団殺戮』とかそんな感じの、あまりよくない意味になるんですけど。
「『ジェノサイド』か? それはキュリアの通称だよ」
「一体どうしてそう呼ばれているんだ?」
「それはな、アイツが過去に大量虐殺をおこなったからさ」
「な……!?」
 なんだって!?
「『バルカン半島大量虐殺事件』、そう呼ばれているんだが、ジェノサイドがバルカン半島で100人ぐらいの人を虐殺した事件が起こったんだ」
「ジェノサイドって、要するにキュリアのことだよな?」
「ああ、そうだ」
「アイツ、そんなことをやっていたのか! でも一体なぜ!?」
「『悪魔の儀式』のためさ。お前、『冗談』として聞いたんだろ? アイツは100人ぐらいの人を生贄として使い、そこから強大な力を得たんだ」
「……なんてこった」
 ナンテコッタイ/(^o^)\
 しかし、謙次はここであることを思い出しました。
「待てよ? キュリアの『冗談』によると、『悪魔の儀式』とやらは7つのトランズストーンがないとできないんじゃなかったか?」
 謙次がそう言うと、デビルはしばし目を泳がせました。やっぱコイツあやしくね?
「まあアイツはそう言っていたが、実は……」
 デビルが何かを説明しようとした、その時でした。
「ただいまー!! 謙次!!」
 そんなキュリアの声が、1階から聞こえてきたのでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR