FC2ブログ

キュリアと謙次 よんひゃくにじゅうさんかいめ!

<前回のあらすじ>
 フェニックスの理論では、今回の戦い、呪文が鍵となるようです。
 魔法はレベル1、個体能力はレベル2、バージョン変化はレベル3、そして呪文がレベル4。この世界で使える特殊能力にはこのような序列が付けられており、レベル4の呪文を使えばレベル2の謙次の予知能力を封じることができる算段です。
 しかし、フェニックスが呪文を使うということは、全回復呪文『リヴィル』の使用回数を減らすことにもつながります。そうすると、フェニックスが蘇生できる回数がゴッソリと減ることでしょう。
(……さて、どのタイミングで使おうか)
 フェニックスは考えます。


<本編>
 フェニックスは何度も何度も殺され、蘇生を繰り返しました。
 その中で一つ、気付いた点があるようです。
(謙次の未来予知では、僕らが使う『先読み』のような相手の思考を読むようなことはしていないはずだ。確定ではないけど、『先読み』で謙次の思考を読んでいる限りは、そう思える)
 『先読み』とは、文字通りの先読み術ではなく、相手の顔色を伺って思考を読む技術のことです。フェニックスはこの『先読み』に長けており、戦闘だけでなく政治面においてもこの『先読み』を活用することで、汚職・犯罪率の低下につなげてきました。
 今回は、この先読みを使い、謙次の未来予知の内容を読んでいたようです。
(彼の未来予知は、その正確性を過信して未来を算出している気がする。僕の思考に関係なく、僕が出した魔法、僕の行動だけを予知して、対策を練っている感じだ)
 フェニックスの考えていることが分かりにくいですが、どうやら謙次の未来予知がフェニックスの考えていることまで考慮していないことが重要みたいです。
(謙次は僕の思考を読まずに対策を取るはずだから、呪文で予想外の攻め方をすれば謙次に一撃入れることができるはずだ! ならあとは……)
 そこまで考えて、フェニックスは魔法『フェニックスツイスター』を発動させます。無限に無限魔法を繰り出す体当たり攻撃です。
 この魔法も、謙次の壁生成魔法と絶対防御呪文『コンリュード』によって阻まれるわけですが、その魔法を使われる前の謙次の顔を見たフェニックスは、
(……読めたぞ! 今謙次が予知している未来を!)
 そう思い残し、謙次に殺されました。
スポンサーサイト



キュリアと謙次 よんひゃくにじゅうにかいめ!

ケーケー「ハトクラPC買ったけど、都市開発使わずとも勝負を有利に持っていけるプレイヤーが多くて困る」
イノブン「何を言っているか良く分からないが、アレか? お前の普段使う戦法が通じないってことか?」
ケーケー「基本、『都市開発』ってカードを軸に勝負を進めるから、アレ使うより有利な戦法取られると負けるんだよね」
イノブン「ローカルで遊んでお山の大将気分だったプライドが壊された、今の気持ちはどう?」
ケーケー「聞いてくれるな」


<前回のあらすじ>
 予知能力と無限の魔力がある謙次。
 それに対し、蘇生魔法を使えるフェニックス。
 果たして、勝つのはどっちか!?
 第二ラウンドの火蓋が、今切って落とされました。


<本編>
 しばらくの間熱戦を繰り広げ、フェニックスは思いました。
(……やはり、無限魔法をいくら打てど、謙次の未来予知能力で対処法を取られて通じないか。……となると、決定打を打つためには呪文を使うしかないのか)
 この世界の特殊能力(魔法とか個体能力とか)には、優劣があります。多種多様な特殊能力がありますが、その中でも特に使われるもの4つにはレベル1~レベル4という数字がつけられています。
 魔法はレベル1、個体能力はレベル2、バージョン変化はレベル3、そして呪文がレベル4です。謙次は『未来を予知できる』能力を持っていますが、所詮それは個体能力。呪文の方が高度な能力であるため、謙次は呪文が使われた未来は予知できないのです。
(謙次はめったに呪文を使おうとしない。予知能力で使い方は分かるから、謙次は呪文を使うことはできるんだ。……だけど、使うと予知能力で予知した未来が変わるから、あまり使おうとしないんだろう)
 そう分析するフェニックス。
 しかし、同時にフェニックスはこう考えます。
(……でも、僕は呪文を躊躇なく使うことはできない。なぜなら……)
 その瞬間、フェニックスの意識は吹っ飛びました。
 謙次の無限魔法を喰らい、死んだのです。
 そして、すぐに別の場所でフェニックスが自動蘇生されました。
 蘇生してすぐ、フェニックスは呪文を発動させます。
「『リヴィル』!!」
 全回復呪文『リヴィル』。これを使うと、対象の全体力・魔力を全回復させることができます。
 今回、蘇生で体力は全回復していたので体力回復の効果は無駄になっていますが、スッカラカンになっていた魔力は全回復しました。
(……蘇生魔法『リバース』は、かなりの魔力を喰う。だから、リヴィルで使える回数を相当水増しして戦おうとおもうんだけど、呪文だから『詠力〔えいりょく〕』を使うんだよね)
 呪文は、『魔力』と『詠力』をつかうことで発動できます。全回復呪文『リヴィル』を使えば魔力は全回復させられますが、詠力が減っていきます。
(詠力を使うのは、他の呪文も同じ。だから、あまり呪文で謙次の予知能力の裏を書こうとすると、僕が蘇生できる回数が大きく減ることになる。……さて、どのタイミングで使おうか)

キュリアと謙次 よんひゃくにじゅういっかいめ!

ケーケー「ハトクラのSteam版が12/13リリース開始で待ち遠しい」
イノブン「普通のPC版と機能変わらないんだから、待たずにそっち買えばよくない?」


<前回のあらすじ>
 蘇生魔法『リバース』で復活したフェニックス。
 人前で使わないようにしていましたが、時すでに遅し。
 後悔する暇も与えられず、フェニックスは戦いに戻ることになります。


<本編>
 蘇ったフェニックスは、再び謙次と無限魔法による攻防戦を繰り広げます。
 無限魔法、……それは、衝突すると完全相殺して消滅し、敵にヒットすると無限大の威力により一撃で相手を瞬殺できる、凶悪な魔法です。
 衝突させることで完全相殺するので、互いに無限魔法を繰り出し、攻防戦を広げているわけですが、
(……やはり、実際とは違う現実空間しか見えない僕と、正確に未来の空間が見える謙次とでは、謙次の方に分があるみたいだね)
 謙次は未来予知が使えるのに対し、フェニックスは今この空間を目で見ることしかできません。光速で飛び交う無限魔法。目は光でモノを見ることができる感覚なので、無限魔法が通りすぎるまではフェニックスの目にそれは映らないのです。
 相手の攻撃が見えない中、戦うことを余儀なくされるフェニックス。
 ついには、謙次の無限魔法を喰らってしまいました。
 声一つ上げることもできず消滅するフェニックスですが、再び別の地点に蘇生し、謙次に襲い掛かります。
(……僕を1回殺すまでの勝負には、彼に分がある。でも、僕には蘇生魔法『リバース』がある!)
 この蘇生魔法『リバース』はフェニックスが死ぬと同時に自動発動するよう設定されています。
 1回無限魔法を喰らわせるだけで倒せる謙次、それに対し、何発でも無限魔法を喰らうことができるフェニックス。
(果たして、どちらが上か。……謙次、君に最強と呼ばれた僕の強さを見せてやろう!)
 第二ラウンドの火蓋が切って落とされました。

キュリアと謙次 よんひゃくにじゅっかいめ!

ケーケー「なごやんぷよ初中級者対戦会は12/9の土曜日だよ! みんな来てね!」
イノブン「ある程度ガチめなぷよぷよの対戦イベントなので、みんなは行かない方が良いかと……」
ケーケー「イベント運営になったから、ぷよぷよのイベントだけどここでも宣伝しておこうかなと」
イノブン「お前、自分のTwitterのぷよ垢に比べ、ここの読者のぷよらー人数はどれだけいると思ってるんだ?」
ケーケー「冷静に考える力が足りてなかった」


<前回のあらすじ>
・フェニックスが死にました。
・フェニックスが生き返りました。


<本編>
(……ついに、人前で使ってしまった)
 フェニックスが今使った魔法、それは『リバース』。長年の研究の末、フェニックスが発明することができた蘇生魔法です。
 魔力を大量消費しますが、生物1体を生前の状態で蘇生します。オマケで体力は全回復されますが、魔力は死ぬ間際のままで蘇生されます。
 ただ、この蘇生魔法が世間に知られると、人を生き返られて欲しいという依頼であふれることでしょう。
 それを恐れ、フェニックスは蘇生魔法が使えることを公にはせず、こっそりとカゲで発動さえるに留めていたのです。
(作者:この話のなかでは、謙次が予知能力で察知した大量殺戮事件でこっそりと使われていたようです。地表が火の海と化した中、フェニックスが蘇生してもバレなさそうな人を『偶然生きていた!』と言って蘇生させ、生存率を上げていたのでした)
『知らなかったのかい? 村人は205人、だけど、そのうち135人はかろうじて生きてたから、僕が全回復呪文「リヴィル」で助けたんだ』
 確かに、過去の話を見返すと243回目にこんなセリフがありますね。『かろうじて生きていた』と言っていますが、ここで蘇生魔法を使っていたんですね。
(作者:現在の戦闘は、おそらくフェニックスの身内以外からも注目されているはずなので、フェニックス自身あまりこの魔法を使いたくなかったんでしょう)
 だが時すでに遅し。フェニックスはそんなことを気にする時間も与えられず、戦闘に臨むのでした。
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR