FC2ブログ

キュリアと謙次 よんひゃくろっかいめ!

ケーケー「スプラトゥーン2楽しい! でもぷよぷよもやらなきゃだし、ぷよぼもするで!」
イノブン「愛犬が危篤だというのに、……何をやってるんだお前は」


<前回のあらすじ>
 一般的な魔法が使えないアタックス。
 彼は、自分が使える魔法だけを駆使して発動する超強力な体当たり魔法『ロケットアタック』を開発し、宿敵ソードマスターに勝利。バトル大会の初優勝を果たしました。


<本編>
 バトル大会優勝から数日後、アタックスはドクターXの手によって進化し、名をフェニックスへと変えました。
 進化によって、身体の形状が大きく変わりました。ただの球体が4頭身の両手両足を持つマスコットのようなモンスターへと変化しました。また、身体の色も青から黄色へと変化しています。
 そして、X-TYPEモンスター研究における進化の特徴として一番重要なのが、能力値の変化。進化によって能力値が飛躍的に上昇することが期待できるため、ドクターXはX-TYPEモンスターを開発したのです。
 フェニックスへと進化を遂げ、能力値はどのくらい変化したのかというと……、なんと、3倍! バトルにおける基礎能力が進化前と比べ、3倍程度変化していたのです!
 それだけではありません。進化前のアタックスの状態では、手が無いため魔法全般が使えませんでした。しかし、フェニックスへと進化し腕を手に入れたからには、魔法が使えるようになったのです。
 一般魔法が使えなくても魔法『ロケットアタック』を編み出した、バトル大会に優勝することができたアタックス。彼は天才的な頭脳を持っていたからこそ、そのような神業を成し遂げたのでした。したがって、フェニックスとなり一般魔法が使えるようになった今、彼は1年の間に大半の基礎魔法を習得し、バトル大会へと出場します。
 バトル大会に優勝できるだけの能力値を元々持っていたフェニックス。それが能力値が3倍となり、使えなかった魔法が使えるようになって再びバトル大会へと出場しました。……結果は、もうおわかりでしょう。アツい戦いを繰り広げることもなく、ただ出場者を蹂躙して優勝したのです。
 その功績を元に研究成果をアピールしようとしたドクターX。大会は盛り上がらずも、産業目的の研究者に功績を高く評価され、一時金は獲得できました。
 ……しかし、進化前のX-TYPEモンスターが弱すぎて、大半の研究者は研究を中止しました。進化前でもバトル大会に優勝できるほど強くなれるのは、天才アタックスくらいだったのです。
(作者:アタックスとフェニックスが混在し、読みにくくなって申し訳ないです。進化前と進化後ってだけで、両方とも同じモンスターです)
 ……さて、全てがひと段落したある時、フェニックスはドクターXにあることを言いました。
「ねぇ、博士! 僕、王様になってみたいな!」
 これを聞いたドクターXは、夢見がちだと軽くあしらい、諦めさせようと経済やら統治やら何やらの難しめの本を10冊ほど積んで、フェニックスに押し付けました。
 ……この行為が、フェニックスの人生を大きく変えることになるとは、誰も予想できなかったでしょう。
スポンサーサイト



キュリアと謙次 よんひゃくごかいめ!

ケーケーの関東5日旅~
・7/13(木):松戸で連戦。ぷよぷよ50先。
・7/14(金):昼はらき☆すたを視聴。夜は新宿のぷよぷよ対戦会に参加。
・7/15(土):松戸フレンズリーグというリーグ連戦を実施。ぷよぷよ30先×3回。
・7/17(日):ぷよぷよの大会である松戸杯に参加。フリー部門の予選を通過するも、決勝トーナメント1回戦であえなく敗退。
・7/18(月):新宿で連戦。ぷよぷよ50先。

ケーケー「いやぁ、充実した関東遠征だったよ」
イノブン「お前、……ぷよぷよしかしてないのか?」


<前回のあらすじ>
 2年の時を経て、アタックスはバトル大会に準優勝するまでの実力を身に着けました。
 ここまでくれば、あとはアタックスを『進化』させるだけで、優勝できるだろうと踏むドクターX。
 しかしアタックスは、あと1年だけ『進化』させずに、大会に挑ませて欲しいとドクターXを説得します。
 なにやら、魔法のコツをつかんだというアタックス。
 両手が無いため、一般的な魔法が使えないアタックス。魔法を使うには独自の魔法を開発するしかないわけですが、……果たして、一度も魔法に触れたことの無いアタックスに、そのようなことができるのでしょうか?


<本編>
 そして1年後、アタックスは昨年同様決勝戦まで残り、ソードマスターとともに決勝戦の舞台に立ちます。
 試合の合図が響くとともに、アタックスはものすごい勢いでソードマスターに突撃していきました。そのスピードは、昨年の比ではありません。
 ソードマスターはとっさに反応して剣を振るおうとしますが、アタックスはその攻撃圏内に入る前に身を引き、横に移動します。
 そして、
「『ロケットアタック』!」
 アタックスの攻撃魔法がソードマスターにヒット! ソードマスターは吹っ飛ばされました!
 ロケットアタックは、この1年間で作り上げたアタックスの必殺技です。見た目はシンプルな技で、相手に向かって一直線にジャンプし、体当たりをするだけの技になっています。
 ただし、実際はジャンプ時と衝突時に特殊な魔法を使っています。ジャンプ時には脚力強化魔法を、衝突時には防御力強化魔法と攻撃力強化魔法を使っています。
 通常の強化魔法であれば大した効果はありませんが、アタックスは瞬間的に強力な強化魔法を使い、通常の体当たりとは桁違いの威力を発揮する『ロケットアタック』を編み出すことに成功しました。
 さて、技を喰らったソードマスターですが、まるで何事もなかったかのようにむくりと起き上がりました。
 会場からは歓声が上がり、客観的には絶望的に見えるアタックス。
 しかし、アタックスは確信していました。
(よし! ちゃんと効いてる!)
 アタックスはこの大会でソードマスターの試合をしっかり見ており、ダメージの大小でソードマスターの立ち振る舞いが若干変わることを知っていました。
 今のソードマスターを見るに、『勝敗に影響しかねない大ダメージを喰らった』という感じでしょう。
 再び間合いを取り、再度『ロケットアタック』を打ち込む隙を狙うアタックス。
 しかし、今度はソードマスターがアタックスに向かってきました。
 動きが速い上に、一撃必殺の攻撃力を持つソードマスター。
 しかしアタックスは、その攻撃を難なくかわしていきます。
『ソードマスターは努力によって、動きが鈍いという欠点を克服したモンスター。……だから、動きが身軽な僕がソードマスターよりも努力すれば、動きで負けることは無い!!』
 そう考えてアタックスはこの1年間、動きを素早くするための特訓を重ねてきました。
 とはいえ、一撃でも喰らったらアタックスが負けるであろうこの試合。一瞬のミスが命取りとなり、アタックスの負けとなるでしょう。
 しかし、
「『ロケットアタック』!」
 アタックスは、己の努力を信じ、
「『ロケットアタック』!」
 冷静な判断を貫き、
「とどめだ! 『ロケットアタック』!」
 この大会での優勝を決しました。

キュリアと謙次 よんひゃくよんかいめ!

ケーケー「来週はぷよ大会である『松戸杯』のため関東遠征に行くので、小説更新はお休みします」
イノブン「大した実力もないくせに、よく大会に行く気になるなぁ」
ケーケー「松戸フレンズに会うのがメインの目的だからね」
イノブン「ああ、あのヤクザとテロリストの巣窟だろ?」
ケーケー「ヤクザ(のような潰し手を構えるぷよらー)と(飯)テロリストな!!」


<前回のあらすじ>
「ソードマスターも、元は弱点を抱えたモンスターだった。しかし、モンスターも人間同様、特訓を重ねれば弱点も克服できるし、無制限に強くなれる」
 モンスターのバトル大会が終わった後、ドクターXが言いました。
「今のところ、お前には大した強みは持たせられていないし、個体の特徴として、魔法もおそらく使えないだろうと思う。……だが、それでも特訓しだいではこの大会の上位を狙えるはずなんだ」 


<本編>
 さて、ここから2年ほど、足早に話を進めます。
 最初のバトル大会では惨敗したアタックスでしたが、必死の修行の末、第二試合まで勝ち続けることができました。
 しかし、第三試合の対戦相手であるサンダーマンに手も足も出ず、負けてしまいました。
 サンダーマンは雷魔法のマイスター。それに対し、アタックスは進化を行わないと魔法が使えません。
 そろそろ潮時か、とドクターXはアタックスに進化を促しますが、アタックスはこれを拒否して特訓を続けました。
 そして翌年、なんとアタックスはサンダーマンに勝利しました。
 雷魔法に当たらないよう、どんな攻撃にも回避できるよう特訓を重ねたアタックス。その特訓は見事功を成し、サンダーマンから勝利をもぎ取りました。
 そのままアタックスは決勝戦まで足を進めましたが、ソードマスターに手も足も出ず、負けてしまいました。
 敗因は、ソードマスターの圧倒的な攻撃力と防御力。アタックスの攻撃は、ソードマスターの高い防御力により大きなダメージを与えることが叶わず、逆にソードマスターの高い攻撃力は、アタックスの薄い防御力を貫通し、一撃必殺の攻撃を成し得ました。
「よくやったぞ、アタックス! バトル大会準優勝とはな! あとはお前を進化させれば、お前は大幅に強化される。これで、私も研究成果を得られ、あとは2人で裕福な暮らしができるぞ!」
 ドクターXからは賛辞しか得られませんでしたが、その時のアタックスには、ソードマスターに負けた悔しさしか残っていませんでした。
「悪いけど博士、……もう1年、チャンスをくれないかな? 僕は、……ソードマスターに勝ちたい!」
「そうは言うがアタックス、私の研究成果的には、お前を進化させて来年の大会に優勝してもらうことで、X-TYPEモンスターの強さをアピールできればいいんだ。だから、進化前の状態で、これ以上頑張る必要はないんだ」
 ドクターXは続けて言います。
「それに、ソードマスターに属性耐性はあれど、倒すには魔法並みの攻撃力を持った技がないと、あいつの防御力は貫通できない。お前には、魔法が使えないし……」
「いや、……実は使えるよね、魔法」
 アタックスの突然の反応に、ドクターXは驚きます。
「なん……だと?」
「僕には分かる。魔法とは、魔力を使って発動する必殺技のようなもの。そして、僕の身体には魔力が流れている。……決して使えないわけじゃないはずだよ」
「……アタックス、お前の言うことは、間違っていない」
 ドクターXは言います。
「お前や、他のモンスターは魔力によって生成・強化された生命体。当然、モンスターであれば魔力を持っている。……だが、お前には手が無い。進化によって急成長できる体型にする上で、まともな手をつけることができなかったんだ。一般的に知られている魔法は、手がないと発動が極めて困難らしく、仮に発動できたとしても威力が非常に乏しくなるといわれている。……なのにお前は、魔法を習得してソードマスターに立ち向かおうというのか? ソードマスターには、属性耐性だってあるのに」
 ドクターXの説明が終わったことを確認し、アタックスは尋ねます。
「ところで博士、なんで僕が魔法を使えることを悟ったと思う?」
 ドクターXは長考し、首を横に振ります。
 アタックスは、言います。
「それは、僕が魔法の感覚をつかんだからだよ。なんとなく……だけどね」
「魔法の感覚をつかんだ、……だと?」
「ソードマスターには属性耐性がある。そして、僕には一般的に知られる属性魔法は使えない。……だったら、この1年で無属性魔法を開発してみせる!」
 アタックスの宣言に、ドクターXは理解に苦しみました。
 それは、常識的に考えると、非常に難しいことだからです。
「お前、まさか、……オリジナル魔法を作る気か! 一般的な魔法を使ったことも無い、お前が……!!」

キュリアと謙次 よんひゃくさんかいめ!

ケーケー「書いてる途中にブルースクリーンになるとは……」
イノブン「まじか」
ケーケー「しかも灼熱の部屋だから、……もう頭が働かない」
イノブン「お前、……頭働いてないようなものだし、そこは何も問題ないんじゃないか」


<前回のあらすじ>
 強敵サンダーマン。雷を飛ばし、相手を速攻KOする強敵。
 しかし、それでもこのバトル大会で一番強いわけではないようです。


<本編>
 しばらくして、決勝戦が始まろうというところまできました。
 そこに居たモンスターの一人は、サンダーマン。
 そして、もう一人は、重そうな鎧を身に着けた騎士型のモンスター、『ソードマスター』でした。
「あの『ソードマスター』ってやつが、一番強いの?」
「ああ、……ダントツでな」
 アタックスの問いに、ドクターXはそう答えました。
 瞬間、試合開始となります。
 先に動いたのはサンダーマン。数々のモンスターを速攻で倒してきた雷をソードマスターに飛ばします。
 しかし、動きが重そうなソードマスターは、この雷撃を軽々と避けます。
「えっ!? あの雷撃、避けられるの!?」
 アタックスは驚きの声を上げました。
「あのソードマスターというモンスターだが、個体の特徴としては動きが遅い、……はずなんだ」
「えっ?」
 ドクターXの説明に、アタックスは疑問符を返します。
「だが、……あいつだけは別で、とても動きが速い。相当無茶な特訓をして、欠点を解消したんだろう」
 そうドクターXが説明したところで、サンダーマンが何度か放った雷撃のうち1本が、ソードマスターに直撃しました。
「あっ! 雷撃が当たったよ! これでもサンダーマンが負けるの!?」
「ああ、負ける。ソードマスターのような騎士型モンスターの特徴は主に2つ。その一つは属性耐性」
 ドクターXがそう説明したところで、アタックスはバトルフィールドをよく見ます。
 すると、ソードマスターは何事もなかったかのように、サンダーマンに突撃していました。
「え!? 何!? あのモンスターは無敵なの!?」
「違う。属性耐性があるから、雷属性の魔法のダメージが相当軽減されているんだ。何事も無かったかのように振舞っているが、ちゃんとダメージは通っている。そして、もう一つの騎士型モンスターの特徴だが、……あいつらは総じて攻撃力がバカみたいに高い」
 ドクターXの説明が終わった直後、ソードマスターはサンダーマンに剣を振るいます。
 ……よく見ると、その剣は刃の部分が丸まっている模造刀で、サンダーマンはその剣撃で斬られることは無く、そのまま吹き飛ばされました。
 サンダーマンはそのまま気絶、ソードマスターの勝利です。
 歓声が上がる中で、ドクターXは言います。
「ソードマスターも、元は弱点を抱えたモンスターだった。しかし、モンスターも人間同様、特訓を重ねれば弱点も克服できるし、無制限に強くなれる」
「……でも、この大会って、どの種のモンスターが使えるのかを確かめるための大会なんでしょ? 個体毎の特徴が克服されるのに、成果発表の場として機能するの?」
「そう思うだろ? ……だが、この大会で上位に上がるとある意味ブランド力のようなものが生まれてな。このモンスターは強いだとか、産業応用できるんじゃないのかとか、そう思われるわけだ」
「そういうもんなんだ」
「だから、……お前には期待している」
「え?」
「今のところ、お前には大した強みは持たせられていないし、個体の特徴として、魔法もおそらく使えないだろうと思う。……だが、それでも特訓しだいではこの大会の上位を狙えるはずなんだ」

先折り鍵積み初中級者の持論 ③緊急発火! 2色折り!

※注意!
1.この記事は、ぷよらー向けです。ぷよぷよをやっていない人が読んでも理解できないと思いますので、あらかじめご了承ください。
2.この動画ののような戦い方をする初中級者の持論です。先折り鍵積みしか作りません。

序盤で2色に偏る場合、その2色で折り返すと強いです。

puyo3-1 puyo3-2

この配色はデメリットが薄い上、緊急発火性能が高いです。
下左図のように、相手の潰しに対して緑から緊急発火ができます。
また、下右図のように2列程度ならおじゃまにも耐えられます(赤発火)。

puyo3-3 puyo3-4

赤・緑の2色で発火できる安心感があるため、この間に連鎖尾・第二折を組むと強いのかもしれないです。
第二折が完成すれば、合体によって火力が上げられますし、第二折を副砲利用できるでしょう。
私は、……折り返し2ダブに移行させてしまいますので、その辺は熱く語れないのですが。
(連鎖尾はともかく、第二折はいまだ研究中の身なので、ご了承下さいませ)

puyo3-5 puyo3-6

あとは、ツモによっては多重折り返しにできます。
2色による折り返しなので、赤・緑を入れまくれば折り返しになったりします。
下左図はその1例です。この折り返し部分なのですが、下左図の状態からツモによって選択できるようになっています。

puyo3-7 puyo3-8

下左図はカウンターになっています。
下右図のように、1段掘る形を考えれば5段おじゃまぷよを受けられます。
(このカウンター形はだいたいアドリブで作るので、いつも5段うけられるわけではありません)

puyo3-9 puyo3-10

さて、緊急発火性が主なメリットの2色折りですが、ツモによっては折り返しに時間がかかるため、折り返しの色にこだわらない方が良いときもあります。
気をつけましょう。

puyo3-11

次回は土台からの副砲についての持論を予定しています。
今回の内容から、あまり中身が膨らまなかったので、だんだん中身が薄れていくかもしれません。
ご了承ください。
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR