FC2ブログ

キュリアと謙次 よんひゃくにかいめ!

ケーケー「どう? 関東勢にもまれて強くなったでしょ!」
なごやんぷよらー1「ケーケーさん、……1年前の方がやり辛かったよ」
なごやんぷよらー2「ケーケーさんの形には、殺意を感じた。しかし簡単に対応できる」


ケーケー「こんなことがあったので、ガチ凹みですよ僕は……」
イノブン「最近、このブログにもぷよぷよの話題持ち込んできたな。なんだ、あの『鍵積み初中級者の持論』ってやつは」
ケーケー「最近、持論をもってるぷよらーが、強いと感じるようになったのです」
イノブン「ふむ」
ケーケー「しかし、僕には持論なんてない」
イノブン「うん、……ん?」
ケーケー「だから、持論というタイトルで何かそれっぽいものを書けば、強くなれる気がして……」
イノブン「お前が言っていることは、恐竜が強いから恐竜のコスプレすれば強くなる気がするって言ってるようなものだぞ」
ケーケー「自分でもそれ分かってきた」


<前回のあらすじ>
 首が無く、胴体に頭が埋まっている、……まるで「エ○ーマンが倒せない」に出てくる○アーマンのような体型のキーパー型モンスター。
 そのプロトタイプである、ハンドマンにアタックスは敗れてしまいました。


ドクターX「ちなみに、『キーパー型』というのは、体型からしてゴールキーパーに向いてそうなイメージもあるが、発明者の名前がキーパーだからそう呼ばれてるだけだぞ」
アタックス「そうなの? てっきりゴールキーパーの方かと思ってたよ」
ドクターX「そんな負け方をしたもんな。無理も無い」
アタックス「傷口をえぐらないで」


<本編>
 しばらくして、ドクターXは言います。
「今出てきたのが、キーパー型で最強のモンスター、サンダーマンだな」
「へぇ……」
 そう言って、アタックスはバトルフィールドに目を向けます。
 そこに居たのは、全身黄色のモンスターでした。キーパー型モンスターであるため、首が無く、顔が胴体に埋まっています。また、その分胴体が大きいのもキーパー型モンスターの特徴ですが、その中でも一段と胴体が大きいモンスターでした。
「あれが、サンダーマンか」
 アタックスがそう言った瞬間、バトルが始まりました。
 対戦相手がサンダーマンに向かっていきます。
(作者:この対戦相手は速攻負けるモブモンスターなので、特徴とかは割愛させていただきます)
 おいこら、展開が読めるからってネタバレしてんじゃねーよ。
 向かっていった対戦相手ですが、……なんと、2秒後に電撃でクロ焦げになっていました。
「……え?」
 何が起きたのか理解できないアタックス。
 サンダーマンを見ると、片腕を対戦相手のほうに向けて立っていました。
 ドクターXは言います。
「サンダーマンは雷属性魔法の使い手。習得が非常に難しい魔法だが、攻撃が早い上に威力も高い。大抵のモンスターは、あんな感じで触れることもできずに負ける」
「そんなモンスターが。……じゃあ、あのサンダーマンっていうモンスターが、この大会で一番強いの?」
「いや、……あいつは、いつも準優勝で止まっている」
スポンサーサイト



先折り鍵積み初中級者の持論 ②必殺! 鍵ダム!

※注意!
1.この記事は、ぷよらー向けです。ぷよぷよをやっていない人が読んでも理解できないと思いますので、あらかじめご了承ください。
2.この動画ののような戦い方をする初中級者の持論です。先折り鍵積みしか作りません。



鍵積みの折り返しで横3を作ると、ダム積みを作ることができます。

puyo2-1 puyo2-2

この形は3種の戦法を取ることができるため、私はこの形を「鍵ダム」と称し、必殺技として重宝しています。
※必殺技と言っても、好んでいるだけで、必ず殺せるではないので、あらかじめご了承下さい。


<戦法① 2トリによる潰し>
ダム積みといえばやはり『潰し』! 相手の隙を見て、これで勝負を、決めましょう!
画像のように消せば、赤玉に加え1列、相手に降らせることができます!
しかも、形の性質上ダムの上にゴミぷよを置けない(置くと本線につながらない)ため、大抵クイックになります。

puyo2-3 puyo2-4

<戦法② 伸ばして本線>
ダム積みである以上、非常に威圧的なゼロ連鎖催促です。本線を打ってくる相手もいます。
しかし、画像のようにダム積みの上にぷよを3つ置くだけで、10連鎖の本線となります!
本線ぶっ放して、相手を返り討ちにしましょう!

puyo2-5 puyo2-6

<戦法③ より凶悪な2マルチへと進化>
ツモと土台により可能となる戦法ですが、2クアドラプルや2クインティプルが打てます。
相手の本線など気にする必要はありません! 想いのままに潰しにいきましょう!
※6連鎖以上を打たれると負けますが、割と勝てますし、なによりすごく楽しい戦法です!

puyo2-7 puyo2-8

<メリット>
したがって、鍵ダムには以下のメリットがあります。
①相手に隙が生まれたら、2トリでいつでも刺せる。
②分かりやすい2トリであるため、相手から凝視されやすく、ゼロ連鎖催促となる。
③キーぷよを3個入れるだけで本線となるため、相手が7連鎖以上を打ってきた時でも安心
④別で副砲を撃ち、刺さった時にこれを構えておけば、素早い追い討ち2トリが打てる。
⑤2トリを打とうとする場合、大抵クイックになる。
⑥2クアや2クイが打てる。


メリット①~⑤は折り返し2ダブと同じメリットです。また、メリット①、⑤は戦法①、メリット③は戦法②、メリット⑥は戦法③のことです。


<デメリット>
メリットを見ると折り返し2ダブの上位互換であるかのように見えますが、デメリットも折り返し2ダブ以上のものになっています。
①折り返しと土台半分が消えるため、催促としての性能は弱い。
②5連鎖やそれに準ずる火力の副砲を打たれた場合、キーぷよを入れるのに間に合わず死ぬ。
③構築に時間がかかる上、構築中は完全なる無防備。
④折り返しの形がほぼ固定化される。


デメリット①についてですが、鍵ダムで2トリを打った後の土台を見てみましょう。
これが、中盤の形ですかね? ……本線打たれたら、どうしようもないですね。
オイオイオイ。死ぬわアイツ。

puyo2-9

デメリット②についてですが、キーぷよが折り返し2ダブ以上に抜けています。
潰し火力も赤玉1個ちょいなので、5連鎖打たれたら2トリを打とうが打たなかろうが負けます。
デメリット③についてですが、これとデメリット①があるせいで、上級者鍵積みぷよらーはこの戦法を使いたがらない傾向にあります。
上級者の戦法は、中盤(催促)・安定性・後打ちに強みがあります。
それに対し、鍵ダムは中盤戦無視した潰し・潰しミスると詰む不安定性・2トリ後の後打ちが弱い、といった感じです。
上級者の鍵積みぷよらーは、たいていこの鍵ダムの類似系を通るものの、連鎖尾・第二折りを使った催促に落ち着く傾向があります。(または、飛車スペシャル等の速攻)
デメリット④については、折り返し2ダブと同様なので割愛します。


<おわりに>
鍵ダムには無視できないデメリットはあれど、強力なメリットもあるので、しばらくは多用していこうと思います。
定型として非常に分かりやすい形なので、初中級者向けの形として非常に優秀だと思います。
まだ持論ネタはあるので、もし興味があれば次回もご覧あれ!

先折り鍵積み初中級者の持論 ①折り返し2ダブの優位性

※注意!
1.この記事は、ぷよらー向けです。ぷよぷよをやっていない人が読んでも理解できないと思いますので、あらかじめご了承ください。
2.この動画ののような戦い方をする初中級者の持論です。先折り鍵積みしか作りません。上級者からすればお察しの持論です。あらかじめご了承ください。文句のある上級者は、各自のブログ等で反論を行ってください。そうすることで上級者の鍵積み持論・考察を増やすことが私の狙いです。


鍵積みの折り返しで配色を考えると、2ダブを作ることができます。

puyo1-1puyo1-2

この形には多くのメリットがあるので、私はいつも多用しています。
①相手に隙が生まれたら、2ダブでいつでも刺せる。
②分かりやすい2ダブであるため、作りやすい。
③分かりやすい2ダブであるため、相手から凝視されやすく、ゼロ連鎖催促となる。
④キーぷよを2個入れるだけで本線となるため、相手が6連鎖以上を打ってきた時でも安心
⑤別で副砲を撃ち、刺さった時にこれを構えておけば、素早い追い討ち2ダブが打てる。
⑥大抵クイックになる。


メリット①、③、④については説明不要かと思うので、メリット②、⑤、⑥について説明します。
②のつくりやすさについてですが、こちらは折り返し2ダブの作り方で補足とさせていただきます。
まず、2列目の鍵積みを下左図のような形にしておきます。
続いて、下右図のように折り返しを構築していきます。
あとは、赤ぷよの下にある2色が同時に消えるように、ぷよを置けば完成です。

puyo1-3puyo1-4
puyo1-5

仮に下左図のように2ダブを作っても、下右図のように伸ばせば緊急発火点を設けられるので、伸ばし面での問題はありません。

puyo1-6puyo1-7

また、⑤のメリット(追い討ちで2ダブが打てること)についてですが、鍵積みは土台のL字で下図のように副砲(催促)が打てます。

puyo1-8puyo1-9

その副砲で相手の本線が埋まれば、折り返し2ダブで追い討ちです。


なお、この折り返し2ダブは大抵クイックになります(メリット⑥)。
下手なぷよを置くと鍵積みの折り返しにならないので、この2ダブを形成するときは半自動的にクイックになるのです。
そのため、追い討ちや潰し面で非常に強力です。
特に、ぷよクロだとクイックの速さは尋常じゃないため、私はこれを潰しとして多用しています。


ただ、デメリットも多いのが、この折り返し2ダブの特徴でもあります。
①折り返しと土台とが消えるため、催促としての性能は弱い。(潰しとしてしか利用できない)
②4連鎖やそれに準ずる火力の副砲を打たれた場合、キーぷよを入れるのに間に合わず死ぬ。
③構築中に隙が生まれる。
④折り返しの形がほぼ固定化される。
⑤潰しきれなかった場合、対処法が無く死ぬしかない。


デメリット①、⑤ですが、2ダブとして使うと残しは下図のような形になります。
ここから折り返しと2列目を作るのです。本線を打たれたら不定形で頑張って伸ばすしかありません。催促としての性能は弱いです。

puyo1-10

デメリット②ですが、所詮おじゃま2列分降らせる程度の威力しか、この2ダブにはありません。
なので、4連鎖や大き目の3連鎖を打たれると、この2ダブでは対応しきれません。
キーぷよを入れるにしても、4連鎖を打たれたらキーぷよ2個を引いた後、発火色を引く必要があります。


デメリット③は説明不要(使えば分かる)として、デメリット④ですが、下図のような形を取ることができません。(少なくとも、今回提示した折り返し2ダブの形が作れません)
多用すると、折り返しのバリエーションを減らすことにつながりますので、ご注意下さい。

puyo1-11puyo1-12

キュリアと謙次 よんひゃくいっかいめ!

ケーケー「ぷよぷよ、東京で成長したはずなのに、最近負けまくってばかりでつらいです」
イノブン「成長できていない、という可能性は視野に入れてないのか?」
ケーケー「やめて!」


<前回のあらすじ>
 モンスターの森。それは奥に進むほど強いモンスターが出てくる森です。
 そこでバトル大会に向けた特訓をすることになったアタックスですが、少し奥に進んだだけで相当な苦戦を強いられるモンスターが出てきました。
 ……なお、これは過去編なので、今回はその数ヵ月後に話が飛びます。


<本編>
 森での特訓開始から数ヵ月後、モンスターのバトル大会が開催されました。
 特訓の成果を発揮すべく、大会に参加したアタックス。
 相手モンスターに体当たりを仕掛けましたが、巨大な手で捕らえられました。
 その様は、まるでサッカーボールを捕らえるゴールキーパーのようでした。
 アタックスは、そのまま相手になぶられ、初戦敗退しました。


「つ、……強い」
 ドクターXのいる観戦席に戻り、アタックスは言いました。
 ドクターXは、言います。
「そりゃあ当然だ。世界中のモンスター研究家がその成果を示すべく用意された大会だ。私も、初戦か2回戦で敗退することは分かって、お前を連れてきたしな」
「ひどい……」
 ドクターXの言葉を聞いて、へこむアタックス。
「さっき僕が戦ったモンスターは、この大会だと普通のレベルなのかな? めちゃくちゃ強かったんだけど」
「ああ、普通レベルだな。強くも弱くも無い。ただ、さっきお前が戦った『ハンドマン』というモンスターだが、あの種類のモンスターは『キーパー型モンスター』と言われていて、標準よりも強いモンスターが多い」
「じゃあ、やっぱり強いモンスターだったんだね」
「だから、さっきお前が戦ったモンスターは普通レベルだと言っただろう。あのナリをした、他のモンスターが強いんだよ。頭が胴体に埋まっているような身体つきをしていて、巨体のモンスターな」
(作者:倒せないことで有名なあのゲーム敵キャラを想定して、体型を考えてみました)
 ああ、……実際はあのゲームの中で最弱レベルのボスキャラである、アイツな。
(作者:たーおーせーないーよー♪)
 高音でないからって、諦めて低音で歌うのはよくないぞ。そもそも脱線するから歌うな。
 話を戻しますと、頭が胴体に埋まっているような身体つきをする『キーパー型モンスター』というモンスターが強いとのことでした。
 ドクターXは説明を続けます。
「ちなみに、『キーパー型』というのは、体型からしてゴールキーパーに向いてそうなイメージもあるが、発明者の名前がキーパーだからそう呼ばれてるだけだぞ」
「そうなの? てっきりゴールキーパーの方かと思ってたよ」
「そんな負け方をしたもんな。無理も無い」
「傷口をえぐらないで」

キュリアと謙次 よんひゃっかいめ!

イノブン「ついに400回目か!」
ケーケー「よくここまで続いたものです。これも、読者の皆様方のお陰です」
イノブン「年中5月病のお前にしては珍しく続いているもんな」
ケーケー「まず100回続くことがめずらしいから、その時点で『この話は完結させなきゃ』ってなってましたからね」
イノブン「そこがハードルだったなら、まぁそうなるな」


<前回のあらすじ>
 森へと足を踏み入れたアタックス(現フェニックス)とドクターX(アタックスの開発者)。
「あれ? 簡単に勝っちゃったよ」
 苦戦すると思われた初戦に、余裕で勝利したアタックス。
 しかし、ドクターXは言います。
「森の入り口付近は弱いモンスターで固めてあるわ。奥に進むとモンスターが強くなるのはもちろん、モンスターの数も多くなる。今日のところは、少しだけ奥に進んでみるだけにしよう」


<本編>
「この辺で、奥に進むのはやめにするか」
 ドクターXは言いました。
 しかし、その言葉を聞いたアタックスは、やや不満げな顔をします。
「ええ~、まだ数分しか歩いてないよ?」
「十分だ」
(作者:じっふん? 歩いた時間のことですかね)
 『じゅうぶん』な。十分奥に進んだだろうって話な。決して、『10分は歩いたぞ』という答え方じゃないからな。
(作者:じっふん奥に進んだだろうって話?)
 ……表に出ろ。
(作者:ごめんなさい。話を戻しましょう)
「奥に進むに連れて、出てくるモンスターの強さが大幅に増すんだ。この森は狭いからな。お前をバトルトーナメントで勝てるようにするために、そうするしかなかった。だから、調子に乗って奥に進みすぎると、簡単に命を失う。心してかかるんだ」
「そっか。……あ、また新たなモンスターが!」
 アタックスたちの目の前に、一匹のネズミ型モンスターが現れました。
「先手必勝だ! 喰らえ!!」
 アタックスはそう言って、ネズミのモンスターに体当たりを仕掛けます。
 ところが、ネズミモンスターはそれを回避し……、
「ぐはっ!?」
 アタックスはそのまま木にぶつかり、ダメージを受けます。
 続いて、ネズミモンスターはタックルでしっかりと追い討ちを仕掛けます。
「ぐあっ!?」
 ダメージを受けるアタックス。
 ドクターXは大声で言います。
「気をつけろよ! この付近のモンスターはさっき戦ったやつとは段違いに違うんだ。お前が本気でやればまず負けないレベルだが、相当深手を負いかねない。油断はするなよ!」

キュリアと謙次 さんびゃくきゅうじゅうきゅうかいめ!

<前回までのあらすじ>
 お久しぶりです、作者のケーケーです。
 1ヶ月ぶりの更新なので、これまでどんな流れだったのか、再度説明します。
 謙次は、自身の予知能力に洗脳され、フェニックスをも倒す最強の力を手にしました。
 戦いに敗れ(たと思う。多分)、走馬灯がフェニックスの脳をよぎりました。
 そこで始まった、フェニックスの過去編。(イノブン:なぜはじめたし)
 X-TYPEモンスターのアタックスとして、とある研究施設のある小島で生まれたフェニックス。
 X-TYPEモンスターは、生みの親であるドクターXの成果の賜物であり、その成果を証明すべくアタックスにはモンスターのバトル大会に優勝してもらう必要があるようです。
 ドクターXに連れられ、アタックスは特訓のため、『モンスターの森』へとやってきました。
 ここから、本編へと繋がります。


<本編>
 森の中で、アタックスは戦います。
 迫り来る野生のモンスターと、戦います。
 命懸けで襲ってくるモンスターに対し、アタックスは魔法も何一つ使用できず、生まれながらの身体能力のみで戦います。
苦戦するであろう命懸けの戦い、…のはずだったのですが、
「あれ? 簡単に勝っちゃったよ」
 アタックスは言います。
 野生のモンスターの攻撃を全て見切って回避し、頭突きと蹴りを入れ、簡単に野生のモンスターを倒したのです。
「もしかして、僕って生まれながらにしてそこそこ強いのかな?」
「そんなわけないだろ」
 ドクターXはアタックスの考えを即座に否定しました。
「さすがに森の入り口付近は弱いモンスターで固めてあるわ。お前に死んでもらうわけにはいかないからな」
「なるほどね。じゃあ、もうちょっと奥に進んでみようかな」
「もう少しなら良いが、あまり奥に進みすぎるなよ」
 ドクターXは忠告します。
「奥に進むとモンスターが強くなるのはもちろん、モンスターの数も多くなる。この森には基本、単独行動を取るモンスターが多いが、それでもバトルの後、漁夫の利だと思って突然勝負を仕掛けてくるヤツもいる。今日のところは、少しだけ奥に進んでみるだけにしよう」
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR