FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくななじゅうにかいめ!

<前回のあらすじ>
 クリスマスパーティー。それは、キュリア・マリエル・ガイの3人組 VS 大勢の正義の味方 の乱戦のことでした!
 しかし、ここに参戦する正義の味方はザコばかりらしいです。


<本編>
 キュリア、マリエル、ガイの3人は、多勢の正義の味方と戦いながらも、苦戦するどころか、有り余る余裕をみせつつ応戦していました。
 その様子は、まるでラスボスを倒せるほどに成長したRPG主人公が、ゲーム序盤のザコ敵を相手にするかのよう。
 圧倒的な数で押しても覆すことの出来ない、圧倒的な強さ。それをキュリアたちは持っていたのです。
 しかし、ガイが自分のすぐそばを横切った光弾を見て、声を荒らげます。
「気をつけろ! クリテリオン使いが居るぞ!」


「クリテリオン使い?」
 ガイの言った言葉の意味が分からず、謙次はシーノに尋ねました。
 シーノは答えます。
「クリテリオンは少数対少数の戦いではまず見ることの無い魔法だから、謙次は見るの初めてか」
「……あぁ、クリテリオンって言う魔法があるのか」
「ああ。そのクリテリオンっていう魔法が、さっきガイのすぐそばを通っていった光弾だ。当たってもダメージはないが、強化魔法が打ち消される効果がある」
(作者:criterion。基準という意味の英単語です。大学受験の際に単語帳に書いてあったのですが、ステータスを基準に戻すという解釈で、『クリテリオン。敵のステータス変化を打ち消す』という感じで使ったら良いかなと思ったしだいであります)
 割と『クリテリオン』というカタカナ表記にすると上位魔法みたいなイメージ持てるしな。お前のネーミングの中では割と良い感じじゃないかな。
(作者:えへへ)
 こいつの普段のネーミングセンスが無さ過ぎることまで言うと、余談がとまらなくなるから黙っておこう。
(作者:え? 何か言った?)
 いや、なんにも。そろそろ本編に戻りましょう。
 今説明したとおり、『クリテリオン』は当たると強化魔法などのステータス変化が全て解除されます。
「でも、キュリアたちって強化魔法なんか使っているのか?」
 謙次の質問に対し、シーノは説明します。
「キュリアって、私たちとは桁違いの身体能力があるだろ? あれは、強化魔法によるものなんだ。人間の物理的な身体能力には限界がある。だが、体を鍛えていくと次第に魔法による補助作用が働き、結果、身体能力に限界が無くなり、際限なく強くなることができるわけだ」
「だからキュリアはあんなに強いのか。……確か、鉄の剣でキュリアに切りかかっても、皮膚が傷つくだけで済むくらいにあいつの体は硬いんだっけ?」
「その体の硬さは強化魔法によるものなんだ。今説明したとおり、キュリアは意識することなく強化魔法をつかっていて、あの身体能力を得ているんだ。……だが、クリテリオンを喰らえば、その強化魔法が打ち消され、キュリアでも私並みに非力になる」
「なっ!? それってメチャクチャやばい魔法じゃねぇか! キュリアを俺たち並みの強さにする魔法ってことだろ!?」
「ああ。……一時的にな」
「……一時的に?」
「ああ。クリテリオンを喰らえば、強化魔法が打ち消され弱体化する。……ただ、強化魔法を掛けなおせば元に戻るわけで、2,3秒もすれば自然に元の強さに戻る」
「短っ!?」
「あと、弱体化するといっても強化魔法が打ち消されるだけで、飛行魔法も攻撃魔法も防御魔法も使えるから、少数対少数の戦いだと全くと言っていいほど役に立たないわけだ」
「……じゃあ、なんでガイさんはクリテリオンを警戒してるの?」
「相手が多数だと話は変わってくるからさ。クリテリオンを喰らったら、普段ならかすり傷程度のダメージで済む魔法も、致命傷になりかねないくらいに体が弱体化するからな。どんなに弱い敵の攻撃も、2,3秒の間必死になって避けることになる」
「……でも、2,3秒で済むんだよな」
「ああ。実際、クリテリオンを喰らってもあいつらなら死ぬことは無いと思う。ただ、わずかにだが命の危険が出てくるから、警戒してるだけだ」
スポンサーサイト



キュリアと謙次 さんびゃくななんじゅういっかいめ!

ケーケー「久々にやる東方が楽しい!」
イノブン「6年くらい前に大ハマリしてた割りに、最近まで全然やってなかったもんな」
ケーケー「ルナティックに挑戦するのが辛くて、それからやらなくなったんですよね。HARDまでなら地霊殿までクリアできたのですが」
イノブン「よくノーボム縛りでやってなかったっけ?」
ケーケー「星蓮船まではNORMAL,EXTRAでノーボムクリアしました。東方はプレイヤースキルなくても、挑戦すればするだけ避けるのに慣れてきてクリアできるから好きです」
イノブン「でも、最新作のNORMALだけやたら苦戦してなかったか? ノーボム縛りもしてないのに」
ケーケー「紺珠伝はファッキンピエロの弾幕が難しすぎるから仕方ない」


<前回のあらすじ>
 キュリア、マリエル、ガイが主役のクリスマスパーティー。
 それはなんと、正義の味方が寄ってたかってキュリアを襲ってくるイベントだったのです!


<本編>
 クリスマス。それは、多くの人にとって特別な日。
 家族やカップルにとっては、大切な人と過ごす特別な日。
 キリスト教徒にとっては、イエス・キリスト降誕の日として特別な日です。
(作者:また、同時に多くの人が『リア充爆発しろ』と言い、中止を促す日でもあります)
 それは、お前を含む一部の人間だけだろ。
(作者:クリスマスは今年も中止です)
 ダメだこいつ、早くなんとかしないと。
 まぁ、そういう意味でクリスマスは特別な日です。
 ……が、だからこそクリスマスの幸せを殺人鬼なんかに噛み締めて欲しくないと、正義の味方が大量に集まるわけです。
(作者:……という建前で、クリスマスには正義の味方が大量に集まります。実際、こういう人たちにとって、大量に集まる理由など必要ないのでしょう。正義の味方の多くは、『クリスマスには同士がたくさん集まる』という理由で来ているようです)
 人間って、建前でも理由を付けとけば期待通りの行動してくれる人が意外と居ますからねぇ。人間の行動心理は一見複雑に見えても、実は単純なものなんですよ。
(作者:だからマスコミ等による心理操作には皆さん気をつけましょ……)
 それ以上は脱線が酷くなるからこのくらいにしておこう。
(作者:……はい)
「でも、あんなに大量の正義の味方がいて、キュリアたちは大丈夫なのか?」
 心配そうに、謙次はシーノに問いました。
 対してシーノは、
「安心しな。このクリスマスパーティーにくる正義の味方は、ザコしかいない」
「ザコ?」
 シーノの返答の根拠が分からず、謙次はオウム返ししました。
 それに対し、シーノもきちんと返答します。
「ああ、あいつら全員、キュリアたちからすればザコ敵だ。このクリスマスパーティーに、強敵が来ることはない。なぜなら、正義の味方にとって、『味方』の数が多すぎるからだ」
「味方が多い? ……確かにそうだけど、それが強敵が来ないのと、どう関係するんだ?」
「だって、下手に本気を出すとザコの味方に流れ弾が当たる状況だぜ? 手加減をしないと、味方が死ぬこともありうる。そんな状況で、キュリアたちとまともに戦いたい強敵が来ると思うか?」
「……た、確かに」
 キュリアのレベルの戦いでは、基本的に遠距離魔法が飛び交います。そのような戦いの場合、流れ弾で問題の起こらない1対1の戦いが望ましいのです。
「また、こちら側もキュリア、マリエル、ガイの3人だ。キュリアには人権がないから本気で殺しに掛かってもいいが、マリエルやガイには人権があるから絶対に殺さないよう注意しながら戦わなければならない。キュリアに致命傷を与えれるほどの実力者が参加するには、このクリスマスパーティーは弊害だらけなんだよ」
 シーノの説明を聞いて、謙次は納得したようで、
「なるほどな。だからザコばかり集まるわけか」
「そう。だから敵は正義の味方の大群とはいえ、恐れるに足らないわけさ」

キュリアと謙次 さんびゃくななじゅっかいめ!

ケーケー「友達とのARK協力プレイが楽しい!」
イノブン「ハマっているようだな」
ケーケー「結構あれから進展があって、トリケラトプス2体、カルノタウルス3体をテイムしました」
イノブン「テイム?」
ケーケー「恐竜を仲間に出来るんですよ。現在、いい感じに恐竜軍団が出来上がっています」
イノブン「おお!」
ケーケー「ただ、軍団作っても友だち曰く、『ティラノサウルスに攻撃されたら全滅する』とのことなのです。ああ、おそろしや」
イノブン「やっぱりティラノサウルスが最強なのか」
ケーケー「いや、ティラノサウルスより桁違いに強い恐竜も居るらしいのですが、ティラノも結構強いらしいですね」
イノブン「……え? そんな恐竜居たの? ティラノサウルスと言えば、恐竜図鑑でも有名な最強恐竜じゃん」
ケーケー「ゲームでは『ギガノトサウルス』が最強ですね。ティラノサウルスと同じくらいの大きさの恐竜です。実際にティラノとどちらが強かったのかは分かりませんけど」
イノブン「……まぁ、化石で見つかった情報から推測してるだけだもんな。そりゃどの恐竜が最強かなんて分かりやしない」
ケーケー「このあたり話していたらキリがないので、そろそろ本編に移行します」


<前回のあらすじ>
 ガイとマリエルが『クリスマスパーティー』に参加すべく、キュリアの家にやってきました。
謙次「……メシなら、もう食い終わりましたが」
ガイ「それは謙次、お前とキュリアのクリスマスパーティだろ? それはここで終了。ここからは……」
マリエル「私たちが主役のパーティよ」
 果たして、マリエルたちが主役のクリスマスパーティーとは一体……?


<本編>
 キュリア、ガイ、マリエルの3人は、家の前に立ち、空を見上げています。
「今年は何人がクリスマスパーティーに参加するのかしらね?」
 マリエルが尋ねました。
 ガイが言います。
「去年は100人近く居たからなぁ。今年はヘキサドームカップでの件もあるし、半分くらいに減るんじゃないか?」
 ヘキサドームカップ。3人チームで戦うトーナメント戦のことですね。
 キュリアたちは謙次の未来予知能力に頼り、普段なら一方的にやられるくらい強い相手を、逆にコテンパンに倒し、最強チーム『ナンバー4』に勝てるんじゃないか? というところまで行きました。
 それ以降、キュリアの元に来る『正義の味方』の数が減った気がします。
(作者:ちなみに、ナンバー4というのは、フェニックス、ミカエル、テルモト、アルラウネの世界最強トップ4で構成されるチームのことで、ヘキサドームカップにはフェニックス以外の3人が参加していました)
 ミカエルはありとあらゆる存在を消したり出したりできる霊属性魔法の使い手ですし、テルモトは空間を、アルラウネは時間を操る時空系魔法の使い手ですからね。当然敗北しましたよ。
 ただ、普段は手の届き得ない強敵に手を伸ばそうとするキュリアたちの姿を見て、観客たちは盛り上がり、大犯罪者たるキュリアもその日だけはヒーローのような扱いを受けました。
 さて、キュリアたち3人が外にいる一方、謙次とシーノは家の中でテーブルに座っていました。
「……なぁシーノ。さっきのマリエルさんとガイさんの話から察するに、この『クリスマスパーティー』とやらに参加する人って……」
 謙次がシーノに尋ねました。
 謙次が現実逃避して最期まで言わない様子を見て、シーノは謙次の言葉に続けてこう告げました。
「あぁ、『正義の味方』だ」
 正義の味方。大犯罪者ジェノサイドことキュリアを罰する(殺害す)べく、キュリアに襲い掛かる人たちのことです。キュリアには人権がないので、キュリアを殺したものは裁判所にて罰せられるどころか、大犯罪者を討った英雄としてたたられることでしょう。
 そんな正義の味方が寄ってたかってキュリアを襲ってくるイベント。
 それが、この『クリスマスパーティー』なのです。

キュリアと謙次 さんびゃくろくじゅうきゅうかいめ!

ケーケー「ARKにハマりました。」
イノブン「あーく?」
ケーケー「ARK: Survival Evolvedという、恐竜のいた時代でのサバイバル生活ができるPCゲームです。折角ゲーミングPCを組んだので、高画質のゲームをプレイしたいなと思って、友達のすすめで購入しました。たとえとしては、モンハンとマイクラを組み合わせたようなゲームってところですかね」
イノブン「へぇ。……ニコ動の実況でも、モンハンのBGMを借りて所々流してるな」
ケーケー「モンハンっぽいところが若干あるからね」
イノブン「……でも、『折角ゲーミングPCを組んだので』とか言ってたけど、お前がこのPC組んだのって1年前じゃ……」
ケーケー「こ、この1年はマインクラフトやってたから(震え声)」
イノブン「時々、思い出したかのようにやった程度の頻度で、だけどな」


<前回のあらすじ>
 良い子のみんな、食わず嫌いはいけないよ。
 あと、大人になると嫌いなものでも嫌な顔ひとつせず食べなきゃいけなくなるから、なるべく大人になるまえに嫌いなものに慣れておいたほうがいいよ。
イノブン「そうじゃないと、ほら。この作者みたいに悲惨な……」
ケーケー「それ以上はいけない」
※前回はクリスマスケーキとかの料理を謙次、キュリアとで食べていました。


<本編>
 しばらくして、玄関の扉が勢いよく開けられました。
「おう! 今来たぜ! マリエルは……まだか」
 扉を開け、そう叫んだのはガイでした。
 突然のガイの登場により、クリスマスチキンを食べる手が一瞬止まった謙次。
 ……止まったのは一瞬だけでしたが。
(作者:食欲旺盛ですね)
「……今日は、何かあるんですか?」
 持っていたチキンをただの骨と化した謙次が尋ねました。
(作者:食べるの早い)
 早い上に、きれいに骨だけ残してるからすごい。軟骨の部分も芸術的にかじられてるし。
「おうよ!」
 謙次の問いに、ガイが答えます。
「今日は、クリスマスパーティだ!」
 ガイはそう返答しましたが、謙次は首をかしげます。
「……メシなら、もう食い終わりましたが」
 謙次の問いに、ガイは答えます。
「それは謙次、お前とキュリアのクリスマスパーティだろ? それはここで終了。ここからは……」
「私たちが主役のパーティよ」
 シーノを連れて現れたマリエルが唐突に現れ、ガイの言葉を遮って言いました。

キュリアと謙次 さんびゃくろくじゅうはっかいめ!

※タイトルつけるの1週間忘れてました、すみません。(2016/10/10)


<前回のあらすじ>
 クリスマスなので、キュリアがケーキとかを買ってきました。
 謙次はイチゴや生クリームが嫌いな模様。
 しかし、
「だから、一切れだけ食べてみようか」
 基本謙次に甘いキュリアも、今回は何故か好き嫌いを考慮してくれませんでした。


<本編>
「……うまい!」
 ケーキを一口食べて、謙次は言いました。
「だよね!」
 キュリアも言います。
「食べず嫌いはやっぱりいけないよ! 今回買ったケーキは評判の良い店で買ったし、謙次の口にも合うかなと思ったんだ」
(作者:ちなみに、このケーキ嫌いは僕の実体験でしたが、僕の場合はただの食べず嫌いでケーキを嫌っていただけでした。小学校に入る前、僕はスーパーボン○ーマンというゲームが好きだったのですが……)
 急に語りだしたぞ。あれほど作者割り込みは止めたほうがいいと友人から注意されたのに。
(作者:その主人公の顔が書かれたケーキ、……あれが最高にマズかったのです。砂糖の塊でその顔は作られており、角砂糖を食べているような味でした。それ以降、『食べれなくはない』と分かっているチーズケーキ以外のケーキは食べられなくなってしまったのです)
 ……おーい、ちょっと長いぞー。
(作者:加えて、生クリームはシュークリームと一緒に食べた時、いつも食べているカスタードシューと違う味で思い切り違和感を覚えたため食べられなくなり、イチゴは食わず嫌いでそのまま嫌いなものになりました)
 ……おーい。
(作者:でも、有名店で売られたケーキをしぶしぶ食べた時、この『嫌い』を乗り越えて『おいしさ』を感じたのです。ぶっちゃけ、食わず嫌いであっても、本当に苦手なものであっても、お店によっては食べられるものも出てきます。なので、嫌いだからと食べないでいると、損することもあります)
 ……今日はやけに長いな。読者の皆様、なんかすみません。
(作者:あと、嫌いなものを食べないでいる子供たち。どうせ大人になると嫌いなものでも『おいしい!』といいながら食べなければいけない場面が出てくるから、少しでも嫌いなものを食べる習慣をつけておきなさい)
 この小説を読んでいる人に、子供はいなさそうだけどなぁ。
(作者:ただ、ゴーヤは別です。あれはただ苦いだけの毒だから)
 今までの話がその一言で台無しだよ!
(作者:ゴーヤの効用は消化を良くすることにありますが、同時に消化を過剰にする毒にもなりうるので、注意してくださいね)
 読みかじりの知識でごまかさなくても良いわ! ……そろそろ本編に戻りますか。
「何かこれ、俺の嫌いだったイチゴじゃない気がする。……好きにはなれないけど」
 謙次は言います。キュリアは、
「てっぺんのイチゴは苦手だったら私が食べるから、好きなだけ食べなよ。私は、はやいところチキンとお菓子をつまんでおこうかな」
「……やっぱり、速く食べすぎか? 少しはゆっくり食べる努力をしているんだけど」
 そう言って、3個目のケーキを食べ始める謙次。たしかに速い。
 しかし、キュリアは首を振ります。
「ううん。ちょっと今夜はやることがあるから、早めに食事を切り上げたいなと思って」
「……ふぅん」
 謙次は疑問には思いつつ、それよりもテーブルに並んだ食事を食べることに夢中の様子でした。
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR