FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくさんじゅうよんかいめ!

<休載のおしらせ>
ケーケー「当分の間、公私共に時間が取りづらくなるため、勝手ながら4週間程度休載いたします。まことに申し訳ありません」
イノブン「申し訳なく思うなら、休まずにちゃんと書いたら?」
ケーケー「リアルが崩壊して今後一切小説かけなくなるよりかはマシなので、休ませてくださいお願いします」
イノブン「……ところで、今更ながら思ったんだけど、このサイトはブログとしては閲覧者数少ないけど、長くだらだらと続けている小説としては一週間に24人って割りと多いと思うんだよね」
ケーケー「確かに、……よくこんな駄文を見てくださっているなぁと毎回感心しています」
イノブン「感心するなよ!! せめて感動しろ!!」
ケーケー「おそらく、ブログを訪れただけという方も多いとは思いますが、僕と直接会ったことの無い人でずっとこの作品を読んで下さっている方がいれば嬉しく思うしだいです」
イノブン「まぁ、そりゃ嬉しいだろうな」
ケーケー「あと、一度でいいから、知り合いじゃない人から感想とかもらってみたい気はあるなぁ。今回の話まで読んでもらった上で、ここが面白いとか、ここがつまらないとか、そういうやつを」
イノブン「全部がつまらない」
ケーケー「うん、知ってる」


<前回のあらすじ>
 喫茶店『ラピッドハウス』にて、ミカエルは喫茶店のマスター、ライムの希望のコーヒーを作ってあげました。


<本編>
 謙次とミカエルは喫茶店を出ると、霊属性魔法で出した小型ジェット機のようなもので再び移動しました。
「謙次さん、まだ夕食時までは時間がありますよね?」
「そうだけど、……次は何をするんだ?」
「そうですねぇ。……謙次さんには、アレとかいいかもしれませんね」
「……『アレ』? 『アレ』って、何のこと?」
「さて、島が見えてきましたよ」
「話を逸らさないで!? 『アレ』って何!? お前が言葉をぼかすと、こちとらかなり恐怖を感じるんだよ!!」
「……酷い言い様ですね。同年代の普通の子がいう言葉でそんなに恐怖を感じるのですか?」
「『普通の子』だったら感じねぇよ!!」
「……それって、暗に私のこと、普通の子じゃないって言ってるようなものじゃないですか?」
「そうだよ!!」
「間をおかずに肯定された!?」
「驚くことか!? ……それで、一体『アレ』って何なんだ? 今からいく島って見たところ……」
 謙次はそう言って、再度島を見渡します。上空から見ているので、島の全貌が見えるわけですが、岩場の凹凸があるくらいで、家も、草木も、水場も、なにもない陳腐な島にしか見えません。
「……本当に、あの島に何をしにいくんだ?」
「……謙次さん、私の魔法は、何ができる魔法が覚えておいでですか?」
「……そりゃあ、何でも出現させる魔法……、って、まさか」
「はい。あの島に何かを出現させるわけです。そして、私が出現させるものは……」
 ミカエルが小声で『アピア』とつぶやくと同時に、島に正方形の施設が出現しました。
 施設といっても、高さ見た目そんな高くなく、『スタート』と書かれた旗の立った入り口から察するに、2~3メートル程度。普通の人なら誰でも頭をぶつけずに通れる程度の高さしかありません。
また、施設の奥のほうに『ゴール』と書かれた旗も見えます。施設は上から見ても、平らな屋根で覆われているため、内部がどうなっているのかは分かりません。
しかし、スタートとゴールがある、と考えるとあるものが頭に浮かびますよね。
「……そう、迷路です」
 ミカエルはそう言って、正方形と方位が書かれた紙と、方位磁石付のペンを謙次に渡しました。
スポンサーサイト



キュリアと謙次 さんびゃくさんじゅうさんかいめ!

<前回のあらすじ>
 喫茶店に入った謙次とミカエル。
 謙次はホットミルクを注文。
 ミカエルは、
「私は仕事で来ているので、あらかじめ(頼むものは)決められています」
だそうです。


<本編>
「お待たせいたしました。ホットミルクでございます」
 そう言って、ライムは謙次の元に、ミルクの入ったカップを置きました。
 ライムはミカエルの方を見て、続けて言います。
「そしてミカエルちゃん。君に今回飲んでもらいたいコーヒーはこの2つだ」
 ライムはミカエルの下に、2杯のコーヒーを置きます。
 それからしばらく、ライムが細かい要望を述べます。その2種類のコーヒーと比べ、今回ミカエルの魔法で作って欲しいコーヒーはどのようなものなのか。度々、よく分からない用語も出ます。
 ミカエルはライムの要望を聞きながら、ゆっくりと2杯のコーヒーを飲み比べます。ミカエルがコーヒーを飲んだのを見て、謙次もホットミルクを飲み始めます。
(……やっぱり、喫茶店で飲むミルクはなかなかいいな。家庭で飲む牛乳と同じものかもしれないけど、その上に載った泡や、その喫茶店の雰囲気、カップ、これらの作用もあってか、家庭のものよりおいしく感じるんだよな)
 そう思いながら飲んでいると、あっという間にホットミルクはなくなってしまいました。
 早食い・早飲みは謙次の十八番。……ただ、逆にゆっくりと食べたり飲んだりすることがなかなかできないでいるようです。
 ふと、ミカエルの方を見ても、まだライムの話を聞かされている段階。謙次は暇になってしまいました。
 暇なので、自分の早食い癖について考えることにしました。
(……たとえおいしいものでも、すぐに食べてしまうのって、損なことなんだろうなぁ。おいしいものこそ、ゆっくり食べるべきなんだろうけど、おいしければ食が進むから、結果おいしいものほど早く食べてしまうんだよなぁ)
 そんなどうでも良いことを考えていると、気づけばライムがミカエルにお礼を言っていました。
 ライムの意見を聞いて、何杯か霊属性魔法で作ったコーヒーをライムに試飲してもらい、納得された模様です。
 謙次は頭の回転は遅いので、考え事をするとこのようにすぐ時間が経ってしまうらしいのです。便利が良いのか、悪いのか。
(作者:自由時間が貰えた時に考え事をすると、すぐ自由時間がなくなるので、場合によっては不便ですね)

キュリアと謙次 さんびゃくさんじゅうにかいめ!

ケーケー「……珍しく雑談回になってしまった」
イノブン「思うんだけど、この前やった自己紹介より、こっちの方がお前の独特な感性見れるから、自己紹介になってる気がする」
ケーケー「みなまで言うな」


<前回のあらすじ>
 喫茶店『ラピッドハウス』に入った謙次とミカエル。
「謙次さんは学校に行くべきなのです」
 不登校はよくないと諭すミカエル(※実は謙次をいじめて楽しんでいるだけ)。
 謙次は言い訳を考えるも、簡単に論破され、思考回路がショートしてしまいました。


<本編>
「さて、ご注文を伺ってもよろしいでしょうか?」
 しばらくして、他の客にコーヒーを提供し終えたライムから声が掛かりました。
 先ほどまで、学校に行きたがらない謙次をいじっていたミカエルは残念そうに、
「幸せなひと時でしたが、一時中断して、注文を決めましょうか、謙次さん。また後でもこの話はできますし」
「いや、もうこの話はやめにしよう、うん」
 精神力の尽きた謙次は、そう言って手渡されたメニューを受け取りました。
「……俺は、ホットミルクかな。コーヒーは苦手だし」
 そう注文する謙次。……でもイノブン思うんですけど、喫茶店でミルク頼むのって、割と勿体無いと思うんですが、どうなんですかね?
(作者:……コーヒーが苦手だと、選択肢が狭まるんですよ)
 ……え? 何? もしかしてお前、ミルク頼む派?
(作者:まぁ、大学に入る前まではコーヒー苦手だったので、今回の話はその体験談を元に書いています。コーヒーが嫌いな当時、家でみんなコーヒーを飲んでいる中、僕だけココアを入れて飲んでいました)
 ふむ。
(作者:今でもココアは好きで、よくコンビニで売っている500mlの紙パックを買って飲んだりします)
 ……でも、ココア好きなら、喫茶店ではコーヒーの変わりにココア頼んでいたのか?
(作者:いいえ、いつもジュースかミルクを頼んでいました)
 なんで!?
(作者:なんというか、喫茶店にもよると思うのですが、……喫茶店で飲むココアは、ココアじゃない)
 どういうこと!?
(作者:どこか、味がココアじゃない気がしてならないんですよ。某有名チェーン店の場合、カフェモカの方がココアよりもココアの味します)
 ……謎だな。お前の舌、いかれてるんじゃないの?
(作者:実際、誰もが美味しいと感じるものを、『……え? 普通の味じゃね? 値段と味が釣り合ってない気がするんだけど』と感じてしまう程度には味覚音痴ですが)
 ……きっとそうだ、うん。ココアがココアの味じゃないなんて流石におかしい。
 というか、脱線がひどいので話を元に戻しましょう。
「ミカエルは何頼むの?」
 謙次の質問に、ミカエルはこう答えます。
「私は仕事で来ているので、あらかじめ決められています」

あけましておめでとうございます!

 皆様、あけましておめでとうございます!
 本年も、私ケーケーと、キュリアと謙次をよろしくおねがいします!
(イノブン:……仮想キャラであるイノブンも、一応よろしくお願いします)
 さて、折角のお正月。何かこのブログでもやりたいということで、この記事を書くに至りました。
(イノブン:……ふむ)
 ……さて、何を書こうかしら。
(イノブン:……まさか、何を書くか決まらないまま、この記事を書いているのかお前)
 そのとおり!
(イノブン:自慢げに言うな)
 正月に書く記事だし、キュリアと謙次かまたは他の趣味で、普段言わない誰得記事にでもしようと考えているんだけど。
(イノブン:『折角のお正月』と言っておきながら、誰得記事なのか、コレ)
 そんな記事にする予定。
(イノブン:だったら、昨年エイプリルフールのように、原発とかについて語れば……)
 ……そういう記事にすると、読み返したときの『やってしまった感』が半端ないから可能な限り避けたい。
(イノブン:だろうな)
 あと、そういうことって、これまでやってきたじゃん。そうじゃなくって、これまで一切やってこなかったコーナーを……


 ……というわけで、自己紹介させていただこうと思います。
(イノブン:……どうしてこんな流れになった)
 よく考えたら、ブログ解説から今日まで、自己紹介的なことを一切やってこなかったんですよね。このブログを見ている人で僕の知り合いじゃない人がどのくらいいるのかは分かりませんが、そういう人たちは『ケーケーさんって、どういう人なんだろう』と思っても、左上にあるプロフィールくらいでしか僕を知ることができないわけです。
(イノブン:つtwitter)
 ……その手があったか。
(イノブン:おい)
 ……まぁでも、このブログではやってこなかったので、自己紹介するのも悪くないのではないでしょうか。
(イノブン:誰得だよ)
 誰得なんでしょうね。というか、小説キュリアと謙次を4年以上続けておいて、今更ながら僕は何をしたいんでしょうね。


 というわけで、どうも、ケーケーと申します。
 時間が空くとニコ動に浸り、ゲームで遊び、といった感じで時間を浪費し、常に後悔しているタイプの人です。(ただし、反省はしていない模様)
 このブログでは自作小説執筆の色が強い私ですが、小説を書く時間は週に1時間程度、長くとも2時間ほどしか取っておらず、艦これやパズドラをしている時間の方が遥かに長いです。なので、『小説家になろう』のほうで活動されている方のほうが私よりもずっと執筆意欲が高いと断言できます。(たとえば、この人とか)


 なお、先ほど普段はゲームで遊んでいるといいましたが、その中でも私が一番長く続けているゲームは、ぷよぷよです。
 ぷよぷよが好き、と聞くと、『あれ、この人思ったよりかわいい』と思う方が多いようです。
 しかし、今回はそれをあえて否定させてもらいます!


 あのゲームは、隙を見計らって貶めあう、残酷非道なゲームです。(※個人的な感想です)
 一般的に、ぷよぷよで遊ぶというと、
・絵柄がかわいいパズルゲーム。
・2~3連鎖を互いに打ち合い、徐々におじゃまぷよを積もらせていく。
・5連鎖以上の『大連鎖』が打てると、興奮する。
だと思っている方が大半だと思います。


 しかし、『ぷよらー』の中でのぷよぷよとは、次のようなものです。

・9~12連鎖の本線をつくり、1連鎖でも大きな連鎖を打つゲーム。
  たとえば、9連鎖と10連鎖とを互いに打った場合、9連鎖分のおじゃまぷよが相殺され、フィールド1~2杯分のおじゃまぷよが9連鎖しか打てなかった方のフィールドに降り、負けが確定します。
  (※ただしこの場合、9連鎖の後に6連鎖くらい打つことができれば、状況を打開できます)

・相手の画面を見て隙をうかがい、2~4連鎖の『潰し』を打つ。おじゃまぷよが降り積もって、相手が為す術ないことを、再度相手の画面をみて確認したら、5連鎖以下の小さな連鎖で勝負を決めるゲーム。
  私レベルの弱いぷよらーだと、9連鎖くらいの『本線』をすぐには発火できないことがよくあります。この時に3連鎖打たれると、2~3列ほどおじゃまぷよで埋まります。そうなると、事前対策なしではおじゃまぷよを消さない限り何も出来ません。その隙に、弱目の連鎖でとどめをさすことで、より確実な勝利を手にすることができます。
  (※なお、フィールドは5連鎖分のおじゃまぷよで満杯になります)

・2~4連鎖の『催促』で、相手の本線を先に打たせる。その連鎖が終わるまでに、自分の本線を延ばすことで、確実な勝利をてにするゲーム。
  『催促』とは、先ほど説明した『潰し』と同じ、弱い連鎖のことです。催促を打つことで、相手に先に本線を打たせることができます。相手の打つ本線連鎖が大きければ大きいほど、長い時間自分の本線を伸ばすことが出来ます。ぷよぷよとは、相手より1連鎖でも大きな連鎖を打てば勝てるゲームです。なので、強い人同士の対戦だと、先に連鎖を打たされた方が相手よりも連鎖が弱く、負けてしまいます。

・14~15連鎖で出すことのできる、10万点以上を出すと興奮する。
  発生するおじゃまぷよの個数は、実は得点によって決まります。
  10万点は、どのぷよらーもなかなか出すことの出来ない点数です。なので、この点数を出すと興奮します。

・欲しい色が来ないと発火できないため、運に勝敗が左右されることが多々ある。
  かなり実力に差があったとしても、2本先取なら運で簡単に勝敗がひっくり返ります。


 いかがでしょうか。
 上の文を読み飛ばした方も多いでしょうが、そんな方々はぜひ、Youtubeなどで、『ぷよぷよ s級』で調べてみてください。世界観がガラッと変わります。


 さて、ここまで長らく書いて、読み返してみると、ぷよぷよの話しかしていませんね。
 ……自己紹介全然してないけど、そろそろ書く側も読む側も疲れている頃。
 読む側はぷよぷよのくだりに入る前に疲れましたかね 笑
 それでは、この辺で幕引きとさせていただきましょう。


 今回は全然触れませんでしたが、今後ともキュリアと謙次を、なにとぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR