FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくさんじゅういっかいめ!

ケーケー「音ゲー楽しい」
イノブン「ついにやり始めてしまったか」
ケーケー「でも、100円で割りと長く遊べるし、非常にコスパ良いよ! 少なくとも、音ゲーのしすぎで金欠になることはないはず!」
イノブン「じゃあ、今週使った金額を計算してみようか」
ケーケー「そんな怖いことできるか!!」


<前回のあらすじ>
 心のぴょんぴょんしない喫茶店、ラピッドハウス。
 その喫茶店のマスター、ライムはミカエルにお願いをします。
「さっそくで悪いけど前回もらった12号、好評で切らしちゃったんだ。今すぐ作ってくれないか?」
 それを聞いて、霊属性魔法でコーヒー豆を出現させたミカエル。
 そのやり取りを見て、謙次はライムとミカエルとの関係をこう推測します。
「……つまり、あの店員が欲しがっている理想のコーヒー豆を、お前が作っている、そういうわけだな」
「ご名答!」


<本編>
「謙次さん、ライムさんは他のお客様にコーヒーを淹れるので手一杯だと思うので、何を頼むか、存分に迷っていいですよ」
 空いている席に着き、メニューを手渡してミカエルは言いました。
 謙次は、メニューを受け取り、
「ああ、そうだな……」
とだけ言って考えます。
 少し時間を置いて、ミカエルは言います。
「あれ、謙次さん? 年下にごく当然のように奢ってもらうだなんて、恥ずかしくないんですか?」
「お前……やっぱり今日も平常運転だな」
「いえ、これでも謙次さんには手加減しているんですよ? 本気で煽ってもいいとおっしゃるなら、そうさせて頂きますが……」
「いや、結構だ! ……ってか、年下?」
「はい。14歳なので、謙次さんの1つ下です。小学校の頃から不登校なのですが、もし真面目に通っていたとすると、学年でも謙次さんの1個下ですよ」
「不登校なのかよ!? ……意外だな。そんな柄悪いやつだったのかよ、お前」
「柄が悪い?」
「……そりゃあ、不登校って聞くと……」
「謙次さん、それ、自分で自分のことを、柄が悪いって言っているようなものですよ?」
「……あ」
 そう、実は謙次は、この時代いる間は学校に行かず、家で一日中遊んで過ごしているクズだったのです。
「私は一応、高校で学ぶ範囲までは理解しているから、登校する必要がないだけなのですが、……謙次さんは、違いますよね?」
「……うぐぐ」
「先に追い討ちしておきますと、言い訳を考えても無駄ですよ」
 ミカエルは明るい笑顔で言います。……追い討ちって。
「私もフェニックスさん同様、『先読み』で謙次さんが何を考えておいでになるか分かるのですよ。たとえば、今謙次さんが言おうとしている、『不登校とは本来通うべき学校に通わないこと。でも、自分は過去から来た人間なので、本来通うべき学校なんてない。だから、自分は不登校ではない』。たとえどれだけうまくこの言葉を言えても、謙次さんの深層心理である、『キュリアさんに言えば、どこかに通わせてもらえるのだろうけれども、学校なんて行きたくない』という考えが、私には丸分かりなのです」
 そんなことを考えていたのか、謙次よ。
(作者:マジかよ、謙次最低だな)
「……待てよ、お前、『高校で学ぶ範囲までは理解している』って言ったけど、本当なんだろうな?」
「あまりに学校に行きたくないがために、逃げに走りましたね、謙次さん」
「どうなんだ!? 本当に理解しているって、示せるのか!?」
 『謙次は学校に行くべき』という結論を避けるため、必死に話題をそらそうと、強くミカエルに迫る謙次。
 しかし、
「はい。高校で学ぶ以上のことを理解しないと、『霊属性魔法』は使えないので、当然です」
 ワープロソフト1行分で収まるほど短い言葉でミカエルは答えてしまいました。
「だから、謙次さんは学校に行くべきなのです」
「……あがが」
 思考回路がショートし、再び謙次は言葉に詰まりました。
スポンサーサイト



キュリアと謙次 さんびゃくさんじゅっかいめ!

ケーケー「『ボロン』って、あるじゃん?」
イノブン「お前!? そのネタはさすがにマズくない!?」
ケーケー「……? ホウ素(boron)のことだけど?」
イノブン「あ、……ああ。それなら問題ないか。……それで、そのボロンがどうしたんだ?」
ケーケー「何か卑猥な名前だなぁと思って……」
イノブン「オイゴルルァ!!」


<前回のあらすじ>
 謙次の理想のRPGを、ミカエルが作ってくれました。
 しかし、実際に遊んでみると、思っていたほど面白くなく、すぐ飽きてしまいます。
「こういうゲームがあれば面白そうだと思ったけど、実際にプレイするとこうもつまらないとはね」
「普通の人が思い描く理想のモノって、そんな感じだと思いますよ。世の中に出回っているモノのほとんどは、多くの意見を厳選して出来た優れたアイデアを元に出来ています。なので、ものにもよりますが、理想のモノを実現できたとしても、満足できる結果になるかは分かりません」
「そういうものなのか、……確かに、そうかもな」


<本編>
「さて、着きましたよ、謙次さん」
 ミカエルに連れられ、謙次はあるお店の前に着きました。
 その店の看板には、『ラピッドハウス』と書かれています。
(作者:前もって言っておきますが、この店の中にうさぎはいません)
 知ってる。
(作者:なので、『うさぎがいない!』と店内で叫んでも、『……なんだこの客』と思われるだけです)
 そのくらいにしておこうか。
(作者:まだ全然セーフだろう?)
 どう見てもアウトだから、な?
 ミカエルは言います。
「ここはとある喫茶店」
(作者:ナポリタンが有名です)
 やめろ。これ以上ネタを挟むな。読みにくくなる。
 謙次はミカエルに尋ねます。
「喫茶店なのは見れば分かるけど、何か変わったところでもあるのか?」
「変わったところというか、私お手製の豆を使ってもらっているお店です」
「お手製の豆?」
「入ってみれば、分かると思います」
 そう言って、ミカエルは喫茶店に入っていきます。
「いらっしゃいませ。……お、ミカエルちゃん! 待ってたよ!」
 喫茶店の店員はミカエルを見て、そう言いました。
 その店員は、50代くらいのちょび髭のおじさんでした。髪は短めにそろえており、やさしそうな顔をしています。
「お久しぶりです、ライムさん」
 ミカエルは明るい笑顔で返しました。
 ライムと呼ばれたそのちょび髭店員は言います。
「さっそくで悪いけど前回もらった12号、好評で切らしちゃったんだ。今すぐ作ってくれないか? ここにいるお客さんも、ミカエルちゃんが来ると聞いて、長らく待たせてしまったんだ」
「それはそれは、遅れて申し訳ありませんでした。……『アピア』!」
 ミカエルは魔法『アピア』を使い、店内の開きスペースにコーヒー豆が大量に詰まった容器を出現させました。
「あれだけあれば足りますよね?」
「ああ、十分だ! ありがとう! さっそくコーヒーを淹れなければ!」
 ライムは嬉しそうにカウンターに行きました。
「さて、入ってみて、分かりましたか? 謙次さん」
 ミカエルは振り返り、謙次に問いました。
 謙次はしばし考え、答えます。
「……つまり、あの店員が欲しがっている理想のコーヒー豆を、お前が作っている、そういうわけだな」
「ご名答!」


<ネタ解説コーナー>
・ラピッドハウス
ケーケー「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」
イノブン「今回は、まんまぶっこんできたな」
ケーケー「『ご注文はうさぎですか?』でメインとなる『ラビットハウス』を文字った名前にしました」
イノブン「でも『ラピッド』って、『速い』って意味じゃなかったっけ? どうしてそんな名前なんだ?」
ケーケー「ああ、それはライムさんが『もっと速くコーヒーをお客様に提供したい』と思って、そう名づけたらしい」
イノブン「なんてテキトーな」


・ナポリタンが有名です
イノブン「これは知らない人多いだろ。何で入れたんだよ」
ケーケー「まぁ、個人的に好きな小話なので。元ネタは恐怖のナポリタンという、意味が分かると怖い話なのですが、ホラー要素がないどころか怖さなんてないので、よろしければ一読下さい」

(以下、ネバーまとめより転載)
ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった……
ここはとあるレストラン……
人気メニューは……ナポリタン……

イノブン「意味不明だぞ」
ケーケー「そりゃあ、意味が分かると怖い話だから、意味不明ですよ」
イノブン「『意味が分かると』怖いんだな。それで、その意味とは?」
ケーケー「『ここはとあるレストラン、人気メニューはナポリタン』。そう看板か何かに書かれていたんですよ。英語で書くと……」
『This is a restaurant, famous for neapolitan』
イノブン「英語なんて分からんぞ」
ケーケー「ここでいう『neapolitan』は俗語で、『不潔な』という意味があるらしいです。なので、そういう意味で再翻訳すると……」
『ここは不潔で有名な店です』
ケーケー「となるわけですね」
イノブン「……意味が分かると怖い話なんだよな、これ」
ケーケー「そういう話の一部は、意味が分かっても怖くないんです。でも、個人的にこのナポリタンのネタは好きなので、紹介させていただきました」
イノブン「……ネタ解説コーナーを本編並みの長さにして、解説する必要あったのかこのネタ」

キュリアと謙次 さんびゃくにじゅうきゅうかいめ!

ケーケー「ぷよぷよの連戦で勝てない……」
イノブン「連戦?」
ケーケー「アーケードのぷよぷよは基本、2本先取り勝負で負けたほうが交代するんだけど、交代せずに連続で、30本とか50本とかやりたいときもあるわけです」
イノブン「それが、連戦ってやつか」
ケーケー「そういうこと。最近、50本の連戦を3回やったんですが、3回とも負けてしまったんですよね」
イノブン「まぁ、弱いと負けるよな」
ケーケー「それもあるんだけど、20-20くらいまでは割りといい勝負ができるのに、それ以降連続で負け越して、最終的に30-50まで差をつけられちゃうんですよ」
イノブン「20回勝ってから、何があったんだ?」
ケーケー「頭の回転が鈍ったり、操作を間違えたり、見当違いのプレイをしたり……」
イノブン「……お前、そういえばスタミナ無いほうだよな? いっそのこと、ぷよぷよのために早朝ジョギングでもしてスタミナ付けたら?」
ケーケー「さすがにそれは極論だろ!」


<前回のあらすじ>
「『アピア』で謙次さんの欲しいものを作って差し上げようかと思うのですが、どうでしょう?」
 そんなミカエルの提案に喜ぶ謙次。
「じゃあ、ゲームとかは? 俺の元いた時代に、やたらレベルの上がりにくいRPGがあったんだけど、そういうやつ! すごい長いゲームで、レベルが上がりにくいわりに、ラスボスはレベル90くらいじゃないと倒せない感じの! それから……」


<本編>
 謙次は手に入れました。
 謙次の考えた、最高のRPGを。
 ミカエルの霊属性魔法によって。
 ……しかし、
「なぁ、ミカエル」
「どうしました? 謙次さん」
「……これ、何か違う」
 謙次がゲームを手に入れ、起動してから約15分。
どこかよく分からない町に着陸し、空いているベンチに座り、プレイを進めている途中で、謙次は語りだしました。
「確かに俺は言ったよ。『面白いストーリー』のゲームが欲しいと」
「言いましたね」
「……でも、これはさすがに無いわ」
 ミカエルの魔法によって現れたダサい専用ゲーム機から、こんな音声が聞こえます。
『勇者様、私、あなたの奴隷になります!』
『ちょww なにそれww 面白すぎww 草生えるww』
『いえいえ、勇者様のその言葉遣いのほうが面白いですよ』
『何それww けなしてるつもりww でもww なぜか嬉しいww』
『こんな言葉で喜んでもらえるとは、このゲームのプレイヤーさんはさぞかし、面白がっているでしょうね!』
「何もおもしろくねーわ!!」
 怒鳴る謙次。
「会話が成立していないとか、突っ込むべきところはいろいろあるけど、これ、『面白い』という方向に無理やり持っていこうとしてるだけだろ!!」
「『面白い』などの感性は、霊属性の苦手とするところなんですよ。ある程度曖昧な指定でも、おおよそ要求したとおりのモノを作れる、便利な魔法なのですが、美的センス、面白みなどの感性は期待しない方がいいのです」
「霊属性って、欲しいものをなんでも作れる魔法じゃなかったのか?」
「いえ、ちゃんと謙次さんの指定した『面白いストーリー』のゲームになっていますよ」
「どこが!?」
「謙次さんが『面白い』と思えば、このゲームのストーリーは面白くなるはずですよね?」
「まぁ、……そうかもしれないけど」
「解釈の問題ですよ。謙次さんが面白いと思えば面白い、そんなストーリーのゲームという意味の、『面白いストーリー』のゲームができてしまったわけですね」
「どう解釈したらそうなるんだよ!?」
「でも、システムに関しては、謙次さんのおっしゃった通りのものになっているはずですよ?」
「ああ。そうなんだが……」
 歯切れの悪い言い方をする謙次。
 実際、このゲームのシステムは謙次の言ったとおりのものになっていました。
 しかし、その上で、謙次はこう感想を述べます。
「つまらない」
 謙次の要求の1つ、やたらレベルの上がりにくいRPG。
 最初のボス戦の前に、やたら長くて複雑な道を抜けたかと思うと、それでもレベル2までしか上がらず、ボスを倒すには飽きるくらいにザコ敵を倒す必要がある、そんなゲームになってしまったのです。
「こういうゲームがあれば面白そうだと思ったけど、実際にプレイするとこうもつまらないとはね」
「普通の人が思い描く理想のモノって、そんな感じだと思いますよ。世の中に出回っているモノのほとんどは、多くの意見を厳選して出来た優れたアイデアを元に出来ています。なので、ものにもよりますが、理想のモノを実現できたとしても、満足できる結果になるかは分かりません」
「そういうものなのか、……確かに、そうかもな」

キュリアと謙次 さんびゃくにじゅうはっかいめ!

ケーケー「『計画通り』というセリフとともにクールに物事を進められるような人になりたい」
イノブン「じゃあまず、この小説を『計画通り』日曜日に更新するところから始めようか」


<前回のあらすじ>
 キュリアとエルカ(キュリアの幼馴染)がいい感じの雰囲気になっていたところに、ミカエルが参上。
「謙次さんをお借りして、今日はおいとまします」
 そう言って、謙次を拉致し、ミカエルはかっこよさげな飛行機を魔法で出現させ、どこかにいってしまいました。


<本編>
 『アピア』、それは、ある存在を出現させる魔法です。
 それと対になる魔法、『ナシング』は、ある存在を消すことができる魔法です。
 霊属性魔法には、『アピア』と『ナシング』の2種類の魔法しかありません。しかし、どちらも非常に強力です。
「私はその『アピア』という魔法を使って、今乗っているこの飛行機を出現させたというわけです」
 そう語るミカエル。それを聞いて、謙次は感心して言います。
「へぇ。今更だけど、霊属性魔法ってスゲェよな。何でも出せるし、何でも消せるんだろ?」
「はい。……そうだ、謙次さん。今、何か欲しいものはありませんか?」
「欲しいもの?」
「はい。『アピア』で謙次さんの欲しいものを作って差し上げようかと思うのですが、どうでしょう?」
「マジで!? いいの!?」
「はい。私は魔力を少々使うだけで、何も損をすることはありませんので、遠慮はいりませんよ」
「……とは言っても、急にそんなこと言われると、何を言っていいか分からなくなるなぁ。『グレイトメタルドラゴン』とか?」
 『グレイトメタルドラゴン』というのは、この時代で流行っているカードゲームのレアカードです。
「分かりました。ちなみに……」
 謙次にカードを要求されたミカエルは、こう返します。
「『グレイトメタルドラゴン』は、カードで出せばよろしいですか? それとも、生きた龍の方をお望みですか?」
「カードの方だよ! ってか、『生きた龍の方』って、『グレイトメタルドラゴン』実在するの!?」
「もちろん、カードイラストに沿って『アピア』で出現させるだけですよ。この世界には実在ない、架空の存在ですからね」
「やっぱそうだよな!」
「とりあえず、カードを出しますね。『アピア』!」
 ミカエルがそういうと、謙次の手元に1枚のカードが出現しました。
 カッコイイ鋼の龍が描かれたカード。まさしくそれは、『グレイトメタルドラゴン』のカードでした。
「ほんとに出た……ん?」
 謙次はそのカードの効果を見て、眉をひそめました。
『このカードを使用したプレイヤーは、著作権法違反となり、敗北する』
「さすがに法は犯したくなかったので、これで許してください。公式戦にでなければ問題ないのですが、お友達と対戦する時、インチキカードを使うのもよくないでしょうし」
「うーん、……インチキカード、確かに」
「……さっきの、欲しかったカードがついに手に入った喜びが一気に冷めた顔、ものすごく良かったですよ」
「……相変わらず性格悪いな」
「存じております。他に、何か欲しいものはありませんか? お店では売ってない、謙次さんの理想を形にしたようなものとか」
「うーん、……ちなみに、お金とかは……」
「フェニックスさんにとんでもない目に遭わされるので、絶対にやりません」
 謙次の声を遮って、淡々と述べたミカエル。
「……あ、そうなんだ」
 謙次はミカエルの言葉にやや圧倒されつつ、そう返しました。
「じゃあ、ゲームとかは? 俺の元いた時代に、やたらレベルの上がりにくいRPGがあったんだけど、そういうやつ! すごい長いゲームで、レベルが上がりにくいわりに、ラスボスはレベル90くらいじゃないと倒せない感じの! それから……」
 謙次はしばらく、『僕の考えた最高のRPG』について語りました。
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR