FC2ブログ

キュリアと謙次 さんびゃくにじゅうななかいめ!

ケーケー「艦これのイベントがぜんぜん進められない……」
イノブン「ツイッターで度々、パズドラのスクショを上げてるようだけど、それのせいじゃね?」
ケーケー「最近、またパズドラやる意欲がわいてきたんで、仕方ないです」
イノブン「とても、オワドラ解説動画見て笑ってたやつの発言とは思えないが」
ケーケー「それは言うな」


<前回のあらすじ>
 キュリアの幼馴染、エルカが釈放されました。
 しかし、そこに天使のような格好をした、キチガイ少女が現れてしまったのです。


<本編>
「ミカエル!? どうしてここに!? どうして今!?」
 キュリアは驚きを前面に出して叫びました。『どうしてここに!?』よりも『どうして今!?』の方を強めに言っていた気がするのは、気のせいでしょうか?
 ミカエルは、明るい笑顔で丁寧に質問に答えます。
「ここの囚人たちの苦しむ顔を見て、癒されるためにきただけですよ」
 ……それ、明るい笑顔で言うような内容じゃない。
 ミカエルはナンバー4の一人で、霊属性の使い手です。ナンバー4とは、フェニックス、ミカエル、テルモト、アルラウネという、世界一位から四位までの実力者で構成されるグループのことです。このグループの連中は、光の速さで移動したり、空間や時間を自在に操ったり、とにかくめちゃくちゃな強さを誇っています。
 その中でミカエルは、霊属性という『ものの存在』を操る属性の魔法を使います。戦っている相手の存在を消したり、現実世界には存在しない化け物を生み出したりすることができます。
 可愛い容姿に丁寧な口調という、見た目いい子ちゃん属性を持ち合わせているのですが、その内面はドス黒いです。他人の苦しむ姿を見ることが何よりの喜びとなる、ドS少女なのです。
 そんなドS少女に、幼馴染釈放の感動的なひと時を邪魔されたくない。
 キュリアはそんな想いで、ミカエルを睨んでいます。
「……完全に警戒されていますね。じゃあ、謙次さんをお借りして、今日はおいとまします」
「……え? 俺!? なんで!?」
「大丈夫です。取って食おうなどということは致しませんので」
「逆にそれ聞くと不安になるんだけど!? そうじゃん! お前、拷問とか普通にしそうなやつじゃん!!」
「……『拷問とか普通にしそうなやつ』? それは違います、謙次さん」
「え? そうなの?」
「拷問とか普通に『する』やつです。それでは、行きますよ。『アピア』!」
「それもっとヤバいやつじゃん! って、うわぁ!?」
 そのまま謙次は、ミカエルの出現させたかっこよさげな乗り物に乗せられ、ミカエルもろとも、どこかへ飛んでいってしまいました。
スポンサーサイト



キュリアと謙次 さんびゃくにじゅうろっかいめ!

一位 ウインド(フェニックスの奥さん)
二位 ダーパ(『自分の痛みを相手に痛感させる』能力を持つ人)
三位 ミカエル(天使のような格好をした、真性ドS)
イノブン「……なんだこれ?」
ケーケー「個人的にキチガイだと思う、キュリ謙キャラランキング ベスト3」


<前回のあらすじ>
 前回雑談しかしてない……。
 強敵スザクの脅威は去り、今回から新編です。


<本編>
 それから数日後、マドリード刑務所にて
「……あ! エルカ!」
「……キュリア!」
 キュリアの幼馴染、エルカの釈放に立ち会いました。
 エルカは、幼少の奴隷時代、キュリアとともによく遊んでいました。
(作者:よく寝、よく遊び、適度に働く形だけの奴隷時代です)
 一緒に脱獄をするなどした、幼き頃のキュリアの親友がエルカです。もちろん、現在キュリアと同い年の44歳。そこそこ老けているので、キュリアの親友だからといって、あまり頭の中で萌えのイメージを付けないでおいてあげてください。
(作者:美少女が豊富な某弾幕シューティング同人ゲームで、BBAと呼ばれる人たちよりもずっと老けています)
 ……その補足は要らなかった。
 ところで、キュリアの親友であるエルカは、なぜ刑務所に入れられていたのでしょうか?
 実は、エルカは成長して公務員になったのですが、ある時、賄賂をやってしまったのです。
 フェニックスが統べるこの世界では、どの国の公務員でも不正には厳罰が下され、マドリード刑務所送りにされます。
(作者:このマドリード刑務所では、穴を掘る作業と穴を埋める作業をさせることで、果てしない徒労感を与える、そんな刑が執行されています)
 そんな辛い刑罰を長らく味わい、服役期間を満了し、ようやく今日、エルカは釈放されたのです。
(作者:なお、前回エルカが登場したのは8月。その際、あと2ヶ月で服役期間満了を迎えるとエルカは言っていました)
 ……え? それ矛盾してない? この話の時系列を追っていくと、今は11月だよな? 前の編のはじまりが10月下旬って書いてあって、謙次の元いた時代で過ごした2週間が経過しているはずだから……。
(作者:……やっちまった)
 おい。……まぁ、時系列なんて誰も気にしないだろうから、問題ないか。
(作者:新編が始まる際、前の編から空いた期間や、明確な月を指定することをよくやっていたのですが、……今後は控えたほうがいいですね)
 物語の矛盾点が増えるだけなのに、何でそんなことをやってるんだ?
(作者:自分、細かいところに執拗にこだわる性格なので)
 良い性格にも悪い性格にも捕らえられるけど、お前のことだからおそらく悪い性格の方なんだろ?
(作者:その辺はご想像にお任せします。……ちなみに、今までの各編の時系列はこんな感じです
・キュリアの過去編:2日後(3月上旬)
・シーノの過去編:2週間後(3月中旬)
・花見編:1カ月後(4月上旬)
・ガイの過去編:花見が終わってから数日後
・マリエルの過去編:さらに数日後
・聖室庁裁判所編:1ケ月と2週間後
・テレパシー勉強編:2か月後
・アテラスチーム対決編:テレパシー勉強編と同じ時期
・謙次覚醒編:3ヶ月後
・フェニックスの城訪問編:上と同じ
・海編:7,8月
・セカンドジェノサイド編:8月
・キュリア帰省編:上の1日後
・ヘキサドームカップ編:9~10月
・謙次の元いた時代編:10月下旬
・エルカ釈放編:11月下旬

 ……どこかに書き残したメモを、丸々コピペしたみたいだな
(作者:鋭いな)
 鋭くはない。一目で分かる。
(作者:小説の設定資料とかは一切作らない性質〔たち〕なのですが、時系列だけは『花見編』や『海編』を挟む際に必要なので、メモってるんです)
 設定資料とかは一切作らない? 細かいところにこだわる性格はどこへいった?
(作者:時系列という細かいところにこだわっているせいで、設定考える余裕が生まれないんですよ)
 ……相当悪い性格だとうかがえる。
(作者:さて、雑談で前回足りなかった行数を十分に埋めたところで、そろそろ本編に戻りましょうよ)
 そのための雑談だったの!? 行数は十分かもしれないけど、内容は足りてないからな!!
(作者:内容は無いようです)
 うるさい!
(作者:あ、今のは『内容〔ないよう〕』と『無いよう〔ないよう〕』とをかけて……)
 知ってるわ!
 ……さて、今回分の内容が不足しないように、そろそろ本編に戻りますか。
 エルカとキュリアが再会し、喜びに染まっている頃、謙次は途方にくれていました。
 謙次1人ではろくに食事も取れないため、キュリアに連れられてきたのですが、……場違いな感じが半端ない。
 ただ、この場違いな感覚は、すぐに相殺されました。
「本当に、よかったですね、エルカさん」
 天使のような格好をした、キチガイ少女によって。

キュリアと謙次 さんびゃくにじゅうごかいめ!

<前回のあらすじ>
1.まず、謙次の能力で、今の私がスザクと戦うとどうなるのかをシミュレーションする。
2.そこからスザクの苦手とする戦法を考える。
3・そこから修行メニューを立てて、一週間修行した後の状態で再度シミュレーションする。
4.1~3を繰り返す。
 この方法で、ランダム弾を的確なタイミングで当て、スザクの動きを封じつつ戦うという、スザクに実際に勝利した戦術を思いつくことができたのです。(という解説回でした)


<本編>
 スザクに勝って以降、2回くらいスザクが再挑戦してきましたが、同様のやり方で撃退しました。
 3回目の再挑戦は、……ありませんでした。格下のキュリアに負け続けたのがいやになったのか、それとも負けた際にキュリアと意見を交わしたわずかな時間で、スザク自身の考え方を変えたのか。
(作者:スザクはガイ同様、他人の言葉や考え方に影響を受けやすい人だったんです。たまに、こういう人いますよね。人の言動に納得しても、別の人の話を聞くたびに、コロッと意見を変える人)
 ああ、確かにいるな。
(作者:……イノブン、何で僕のほうを見て言うのかな?)
 さぁな。


<余談>
イノブン「これ、短すぎやしないか?」
ケーケー「ここでスザク戦の話が終わって、また時系列が飛ぶんで、短いけどここで区切りました」
イノブン「で、本音は?」
ケーケー「最近忙しいから手短に終わらせたかった」

キュリアと謙次 さんびゃくにじゅうよんかいめ!

<前回のあらすじ>
 キュリアがスザクに勝利しました。


<本編>
 前の戦いでは、スザクに手も足も出せなかったキュリア。一体、どのような特訓をして、スザクに勝利するに至ったのでしょうか?
 一週間前、精神と時の○○にて。
「どうするんだキュリア!? あのスザクに、一週間修行しただけで勝つ見込みはあるのか!?」
 焦る謙次に対し、キュリアは少し考えた後、こう答えました。
「……一週間でスザクより強くなるのは絶対に無理だけど、スザクに勝つだけならいけるかもしれない」
「勝つだけなら? どういうこと? スザクより強くならないと、勝てないんじゃないのか?」
「そうでもないよ。たとえば、謙次でも私に勝つ方法があるんだけど、何か分かる?」
「え!? ……俺が、キュリアに?」
「まぁ、馬鹿馬鹿しいクイズだからもう答えを言っちゃうけど、早食い勝負をすれば、私に勝てるよね?」
「は、早食い? ……そりゃあ、勝てると思うけど。でも、バトルで勝つのは無理だろ?」
「うん、無理だよ」
(こうもきっぱりと言われると、無力感でむなしくなるな)
「無理だけど、何か奇跡が起きて、私と早食い対決することになれば、謙次は勝てるよ。たとえば、『早食い対決に負けたものを戦闘不能にする』能力を誰かが使ったりすれば、ね」
「それは、……確かに奇跡だな。そして、キュリアに勝てているな」
「だよね、ほら!」
「『ほら!』。じゃなくて! それは割りとガチな奇跡だろ!! どうやってそんな奇跡を起こすんだよ!」
「え? そこは謙次の能力で……」
「起こせるか!! 俺の能力は『過去と未来とを行き来する』能力と『未来を予言する』能力しか……」
「その『未来を予言する』能力で、いつも奇跡を起こしてるよね」
「……え?」
「バトルの時、相手の行動を予言することで、私の攻撃を相手に必中させたり、相手の攻撃を全て避けるための行動を私にさせたりする。それって、謙次の予言なしだと、奇跡と言っても過言じゃないよね。だから、謙次のその能力は言わば、奇跡を起こす能力に等しいんだよ」
「……とは言っても、実際どうするんだよ? その『奇跡』を使ったとしても、前回スザクにボロ負けしてるんだぞ?」
「だから、これから一週間、『奇跡を起こすための修行』をするんだよ。謙次の能力を使って」
「……どういうことだ?」
「具体的に言うと、まず、謙次の能力で、今の私がスザクと戦うとどうなるのかをシミュレーションする。多分結果はボロ負けなんだろうけど、そこからスザクの苦手とする戦法を考える」
「スザクの苦手とする戦法?」
「そう。そこから修行メニューを立てて、一週間修行した後の状態で再度シミュレーションする」
「シミュレーションって、俺の能力で予言することだよな? ……もはや、シミュレーシター扱いか」
「ご、ごめん。……でも、時間がないから話を続けさせて」
「……分かった」
 とはいえ、時間がない割りに、無駄なたとえ話を長々としてますよね。
(作者:『時間がない』というのは、謙次に責められないための口実だったんですね、分かります)
「謙次の能力で再度予言してもらっても、また結果はボロ負けになると思う。でも、スザクの弱点を考え、謙次の能力で予言する。このサイクルを繰り返せば、スザクが苦手とする戦術で勝てるかもしれないよね!」
「……なるほど、一理あるな」
「だよね! じゃあ、謙次の予言を手短に見たいから、『テレパシー』で繋いでくれる?」
 ……という流れで最終的に行き着いた戦術が、ランダム弾を的確なタイミングで当て、スザクの動きを封じつつ戦うという、スザクに実際に勝利した戦術だったというわけです。

キュリアと謙次 さんびゃくにじゅうさんかいめ!

ケーケー「フィンランドはIevan Polkka、スウェーデンはオ○ニーか」
イノブン「ニコニコで有名な曲がそれだからという理由で選んだ曲がひでぇ。スウェーデンとか、完全に風評被害じゃないか」
ケーケー「ふむ。確かにこれではバランスが悪いな」
イノブン「いや、バランスとかじゃなくて、その風評被害をなんとかするべきじゃ……」
ケーケー「フィンランド含む北欧諸国の位置の覚え方なんですが、ち○こ横から見て、上半分がノルウェー。 下半分がスウェーデン。 玉袋がフィンランド。 『ノル上、下スウェーしたら玉がフィンフィンする』とやや強引に覚えてください」
イノブン「フィンランドについても下ネタ入れろって言ってるんじゃねぇよ! あと、スウェーデンの風評被害もさらに加速させてるから!!」
(※実際の地図を見ると、確かにそういう配置になっています)


<前回のあらすじ>
 キュリアの使う魔法で一番強い、『グレイヴスラッシャー』。この魔法で、スザクを倒すことはできるのか!?


<本編>
 「こしゃくなぁ!」
 キュリアの最大の攻撃を喰らうも、スザクは倒れませんでした。
「終わりだ! 灰と化すがいい!」
 スザクは炎をまとい、キュリアに突っ込んでいきます。
 スザクの攻撃がキュリアに当たると、その当たった部分が瞬時に黒こげ、灰と化して散りました。
 しかし、そこでキュリアは、その攻撃を受けている最中に、全回復呪文『リヴィル』を唱えました。
 リヴィルの光に包まれている間、キュリアの体は再生を続けるため、この方法でスザクの攻撃を無効化したのです。
 さて、スザクは攻撃を終え、わずかな隙を作ってしまいました。
 この隙を狙って、
「『ブラックトルネード』!」
 漆黒の竜巻と、
「『ファントムスラッシュ』!」
 切り刻む風、そして、
「『グレイヴスラッシャー』!」
 巨大な黒球がスザクを襲い、キュリアは見事、勝利を手にすることができました。
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR