FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくななじゅういっかいめ!

<前回のあらすじ>
フェニックス「ヘキサドームカップ! はーじまーるよー!」
ウインド(フェニックスの妻)「私はただフェニックスの隣に座ってるだけ」


↓ 本編 ↓
『それでは、トーナメント表を発表します!』
 闘技場の外周、その真上に、SFとかでよく見る電脳チックな画面が現れました。
(作者:魔法のある時代ともなると、分子固有のエネルギー準位を変えることも可能となります。すなわち、空気中分子の発光の周波数を任意の値に設定することができます。また魔法によって、空気中の二原子分子を発光させるだけのエネルギーを持たせることも可能。つまり、①空気中分子の発光の周波数の設定、②空気中分子を発光させる、この2段階の魔法を使うことで、何もないところから画面が出てくるというSFチックなことができるのです!)
 ……某劣等生アニメに出てくる解説よりもずっと分かりにくい解説をありがとう。当然の如く、上の数行は読み飛ばしたよ。
ともかく、SFチックな画面が闘技場の周囲6面に現れたのです。
 そのトーナメント表によると、……どうやらキュリアたちは1回戦の第一試合で戦うことになるようです。
「最初の試合から出るみたいだね」
 キュリアが謙次にそう言うと、マリエル、ガイも謙次の方を見ました。
 ガイは言います。
「この大会に出る奴は、みんな強い奴らばかりだ。1回戦の相手、見てみろよ」
「……何だって!?」
 謙次はトーナメント表を見て驚きます。
 指揮官:シェド
 戦闘員:デビル、レイリー、ミー
「シェドさんが指揮!? そして、戦闘員にデビルだと!?」
 みなさん、覚えていますでしょうか? 謙次がこの時代に来たばかりの頃、『存在感を操る』能力を使って、デビルとかいう悪魔っぽい姿のモンスターが、謙次にいたずらをしたことを。
 そして、そのデビルの師匠が指揮官のシェドです。『自分の魔法を半径10倍の大きさで見せる』能力を持ち、相手の視界を完全に潰して攻撃することができます。しかも、彼の使う銀河系魔法は、とてつもない威力をもつ魔法。キュリア並の実力者といえど、当たれば致命傷は免れないでしょう。
 なお、デビルはどうやらキュリアよりも強いらしいです。キュリア談。
 マリエルは言います。
「シェドは戦闘に参加しないけど、レイリーとミーはおそらく彼の弟子。相当強いはずよ」
「え!? シェドさんの弟子って、みんなデビルみたいに強いんですか!?」
「ええ。……あの鬼畜、弟子を強くするためだったら手段を選ばないからね」
 発言中に、マリエルの目がだんだん開いていきます。そういえば、マリエルはシェドをすごく嫌っていたんでしたっけ?
 なお、シェドの弟子にも弱い人はいます。しかし、この大会に弱い人が出ると観客から批難されることをシェドはよく知っています。レイリーもミーもそこそこの実力者だからこそ、シェドはこの大会に出場させたのです。
「さて、1試合目からこんな感じだけど、私たちをサポートする準備はいい? 謙次」
 キュリアにそう言われ、謙次は威勢よく答えます。
「はい! 気合! 入れて! 行きます!」
スポンサーサイト



キュリアと謙次 にひゃくななじゅっかいめ!

<前回のあらすじを作ったのは正解だね。これがなかったとき、俺は毎回毎回、前回の内容を読み返していたからとTOHOさんに言われたんだ! だからもっと褒めて褒めて>
 ヘキサドームまでの1週間で分かった。謙次の能力はやっぱチートですわ。


↓ 本編 ↓
 そんなこんなで、ヘキサドームカップ当日になりました。
(作者:超エキサイティン! 3Dアクションゲーム!)
 そのくだりはすでにやったからやめよう。
 ヘキサドームは以前、六角形の形をしたドームだとシーノが言っていました。謙次は今、キュリアの飛行魔法で上空からヘキサドームを眺めていますが、本当に六角形なんですね。ドームの外周は六角鉛筆のように角ばった六角形で、同じ六角形の闘技場が中にありました。ドームの外周と闘技場との角と角の一直線上には通路があり、その両側の観客席に行けるようになっていました。
 謙次・キュリア・マリエル・ガイの4人は、後ろの方の席を確保しました。
 しばらくすると、聞きなれた少年のような声のアナウンスが入ります。
『みなさん、長らくお待たせしました! ただいまより、ヘキサドームカップを開始致します!』
「この声は、フェニックス!?」
 謙次がアナウンスの声に反応して言いました。
『実況・解説はこの僕、フェニックスが担当します。そして……』
『何となくこういう実況席には2人くらい欲しいからという理由で、何もしないけど私、ウインドがフェニックスの隣に座ってまーす!』
「何もしないのに何故名乗った!?」
 反射的に突っ込む謙次。
 ちなみに、ウインドはフェニックスの妻です。緑の髪・瞳を持ち、見た目は9歳くらい。キュリアよりも幼く見えるロリ巨乳です。年齢は47歳とキュリアより年上だったりします。フェニックスやキュリアみたく、戦闘能力はないですが、『死なない』能力を持っているため、倒すことはできません。
『それでは、ルールを説明します!』
 実況席でフェニックスが言います。
『試合は先ほど参加登録された16組で行われます! 各チームは戦闘員3名と、指揮官1名で構成されます! 指揮官は闘技場の右側と左側に配置された小部屋に居てもらいます! 小部屋の中から、声・ジェスチャー・「テレパシー」等で戦闘員に合図を送ることが可能です!』
「なるほど。つまり、俺は指揮官になって、『テレパシー』でみんなに指示すればいいわけか」
「その通り! 私たちのチームは、謙次が指揮官。私とマリエル、ガイが戦闘員だよ!」
『そして、戦闘員ですが……』
 フェニックスが言うと同時に、闘技場の6箇所にエレベーターの扉と同じくらいの大きさの穴が現れました。
『今現れたのが「ゴール」となります! 戦闘員は、どんな手を使ってもいいので、相手3人を相手のゴールにぶちこんで下さい!』
(作者:相手を相手のゴールにシュウゥゥゥ!!)
 お前、それが言いたかったためだけに、このルール考えたろ。
『ただし、人権を持つ人を殺した場合、試合に勝っても殺人罪で即連行され、次の試合が不戦敗となるのでご注意下さい』
 つまり殺すのはダメなんですね。

キュリアと謙次 にひゃくろくじゅうきゅうかいめ!

ケーケー「これ書いたら俺、ぷよぷよの初中級者大会に行くんだ」


<前回のあらすじ>
 謙次の予知能力が外れ、マリエルがやられました。
 キュリアに禁句を言い、恨みを買った謙次の運命やいかに!?


↓ 本編 ↓
 この後、キュリアによってボロ雑巾と化した謙次は2日後に意識を取り戻したそうです。
 謙次の予知能力が外れたのは、今回が初めてです。なぜ今回だけ、予知能力が外れたのか? その理由はよく分かりませんね。
(作者:おそらく、謙次がキュリアに伝えた禁句がきっかけだとは思います。ですが、それがきっかけだとして、なぜ予知能力が外れたのか? それは分かりません)
 しかし、予知能力が一度外れてからは、2回連続で謙次は予知能力を成功させました。
 1回目に成功させたのは、謙次が意識を取り戻したその日の戦闘です。キュリアとガイが対決したのですが、謙次のサポートしたガイは見事、キュリアに勝利しました。ガイは軽傷を負ったものの、謙次の予知通りに事が運びました。
 また、その翌日、キュリアVSマリエル&ガイという、1対2の戦いを行いました。そこではなんと、謙次のサポートを得たキュリアがマリエルとガイを倒しただけでなく、その直後にやってきた3人組の正義の味方を無傷で蹴散らしたのです。
 なお、その正義の味方もヘキサドームへの出場を予定していたのですが、キュリアが軽く蹴散らしちゃったせいで自信をなくし、辞退することにしたそうです。

キュリアと謙次 にひゃくろくじゅうはっかいめ!

友達「なろうの方でⅠ読んだけど、描写がなさすぎて読むのがつらい」
ケーケー「……てなことを言われたので、また書き直しです」
イノブン「Ⅱの更新はいつになるのやら」


<前回のあらすじ>
 謙次はテレパシーで、
『チェックメイトだぜ「おばさん」』
とキュリアに言ってしまいました。


イノブン「謙次って、こんなクズだったっけ? 謙次にとってキュリアは、命の恩人(1回目参照)であり、宿主であり、食料提供者であり、……いずれにせよ、謙次はめちゃくちゃキュリアに恩があるはずなのに」
ケーケー「調子に乗るとクズっぷりが現れるの○太のような正確なのですね、分かります」


↓ 本編 ↓
 マリエルの攻撃を受け、キュリアは落ちていきます。
「誰が……」
 落下中にもかかわらず、キュリアは言います。
「誰がオバサンだってええぇぇぇ!!」
 キュリアは叫び、直後、マリエルの目の前に現れます。
「え!? ちょっ、謙次君! 私はどうすれば……」
 動揺し、謙次に直接問いかけるマリエル。しかし、その問いの答えはキュリアの口から出ました。
「死ね」
 直後、水平線の彼方へ殴り飛ばされたマリエル。暁の水平線に勝利を刻むとはまさにこのこと。
(作者:イノブン、君は『暁』という単語を理解しているのかな? 小説内ではもうすぐ昼の時間なのだけど)
 そして、キュリアは不吉な笑みで、謙次の隠れた方を見ました。
(作者:見つかるとやばいと思って、謙次は茂みに隠れたようです。ですが、この様子だとしっかりキュリアにバレているようですね)
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR