FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくごじゅうはっかいめ!

イノブン「ミカエルって、男の天使の名前から取ったんだよね? だったら、この小説のミカエルは男の娘〔おとこのこ〕……」
ケーケー「いや、女の子です」
イノブン「なんでだよ!?」
ケーケー「だって、僕が一番最初にミカエルの名前が使われてるキャラを見たとき、女性だったから、そのつもりで考えてたんだよ。それに、今調べたけど、天使って性別関係ないらしい(知恵袋情報)から」
イノブン「でも、パズドラユーザーはきっと男の娘であることを期待してたはず! それに、男の娘を出せば、少しはこの小説の需要も……」
ケーケー「だが、所詮男の娘は男だ」


<前回のあらすじ>
 世界で2番目の強さを誇る(自称らしい)ミカエルは、震えるキュリアに問いかけます。
「さぁ、選択してください! 私からのスペシャルな拷問を受けるか否か!」


↓ 本編 ↓
 その後、エルカは面会室から抜け、謙次はミカエルによってキュリアの家に帰されました。
 謙次はキュリアの家に入ると、テーブルの上に食事を見つけました。
 食事のそばにある紙切れには、こう書かれていました。
『お昼ご飯はご用意しました。晩ご飯の時間までにはキュリアさんをお返しします ミカエル』
 謙次はご飯を食べ、しばらくは本を読むことにしました。昨日買った、魔法『スパーク』の使い方が書いてある本です。
 しかし、日が暮れる前に、謙次は本を閉じてしまいました。
(この魔法は、ひょっとすると『テレパシー』より覚えるのが簡単かもしれない。……でも、こんな魔法を覚えたところで、キュリアの役に立てるのか? いや、立てるわけがない。……だったら、覚え損だな)
 そう思うなら買うなよ。そういうものに無駄遣いしたくなるのも分かるけど。
(作者:それな)
 分かる。
 次に、謙次はあることについて考えました。
 しかし、考えても考えても、謙次は自分の考えていることに対して、答えが出せませんでした。
(どうしてキュリアは、ああ言ったんだ?)
 今朝、ミカエルのスペシャルな拷問を受けるか否かを問われた際、キュリアはこう答えたのです。
『……う、受けるよ』
 答えを言った後、キュリアの体の震えはよりいっそう激しくなったのです。
(痛みもいとわないキュリアが、あれだけ恐怖していたんだ。なのに、キュリアは拷問を受けると答えた。一体なぜ……)
「エルカさんに気を遣ったのですよ」
 突然現れたミカエルが、そう答えました。答えた後、ミカエルはキュリアを投げ捨てます。
 投げ捨てられたキュリアは、
(作者;ヤムチャしやがって)
 そう連想させるくらいにボロボロになって、気絶していました。
スポンサーサイト



キュリアと謙次 にひゃくごじゅうななかいめ!

<前回のあらすじ>
 キュリアと32年以来の旧友エルカとが面会している中、拷問を受けている受刑者たちを見るのが好きな少女ミカエルがそこにやってきた。


↓ 本編 ↓
「くっ」
 突然、キュリアは面会室の出口から出て行きました。椅子を立って出口から出るまでが、1秒足らずの素早い行動でした。
「無駄です。『ナシング』」
 ミカエルは一言、そう言いました。しかし、『ナシング』と口にしてからしばらく立っても、何かが起こる様子はありませんでした。
「お、おい、一体君は、何をしたんだ?」
 謙次がミカエルに問いかけます。
「何って……」
 ミカエルは言います。
「キュリアさんを殺しただけですよ」
「な……」
 絶句する謙次とエルカ。ミカエルは続けてこう口ずさみます。
「『アピア』」
 すると、ミカエルの前にキュリアが現れました。
「……やっぱり、ダメだったか」
 周りを見て、自分の身に起こったことを自覚し、キュリアは落ち込みます。
「……お前一体、何をやったんだ?」
 謙次はミカエルに聞きます。なお、謙次のミカエルに対する二人称が『君』から『お前』に変わったのは、ミカエルに対する敵意が現れた証拠です。
 ミカエルは答えます。
「何って、キュリアさんを存在させたのですよ」
「存在させた?」
 何を言っているのか良く分からない謙次。エルカはミカエルの使う魔法について知っていたため、おおよそ何が起こったのかを把握できました。
 ミカエルは説明します。
「謙次さんは、魔法の存在しない時代からやってきたのですよね? ならば、この世で最も強いとされる『二大属性』も知らないですよね」
「二大属性?」
 何それおいしいの?
「はい」
 どうやらおいしいようです。ミカエルがおいしいというのですから、『二大属性』はさぞおいしいのでしょう。
(作者:茶番はそれくらいにしておいて)
 はい。……せっかく持ちネタを披露できたのに。
(作者:239回ぶりにやるネタを持ちネタとは言わないよ)
 ミカエルは言います。
「ではまず、そこから説明しましょう。二大属性の一つは『時空系』と言います。『時空系』魔法を使うと、自分の周りだけ時間の経過を遅くしたり、過去や未来に移動したりなど時間を操作することができます。また、空間を切断して何でも切れるようにしたり、異世界に移動したりするという空間を操作することもできます。時間と空間、合わせて『時空系』なのです」
「それはキュリアと初めて会った日に聞いたな。俺は異世界から来たんじゃないかってことで、話題になったし」
「そして、二大属性のもう一つが私の使う属性、『霊属性〔れいぞくせい〕』です!」
「れいぞくせい?」
「はい。この魔法では、例えば……」
 ミカエルは突然、室内の明かりを落としました。
 その直後、白くて薄光る不気味な(´・ω・`)をした何かが現れました。
(作者:……ねぇ、その(´・ω・`)って、どういう意味?)
 ……ちくしょう! お前が『かお』の変換で一番上の候補に『(´・ω・`)』を持ってきてるのが悪いんだぞ!!
(作者:変換ミスだったか、サーセン)
「うわあぁぁ!!」
「きゃあぁぁ!!」
 謙次とエルカは目の前にお化けが現れ、驚き叫びました。
「……と、このように幽霊を出すことができます」
 そう言って、ミカエルは明かりを点けました。
「お、驚かすなよ!! ……でも、そんな魔法でどうやって、キュリアを部屋の外から中に一瞬で移動させたんだ?」
「……言ったはずですよ。キュリアさんを一度、殺したのです」
「殺したというか、『存在を消した』んでしょ! 私は殺されてなんかないよ!」
 キュリアが言いました。ミカエルは、
「その通りです。先ほど私は幽霊を存在させました。幽霊は、この世に存在しないものですよね?」
「あ、ああ。少なくとも、俺の元いた時代ではな」
 心霊現象を取り上げる番組が本当だったら、話は別ですけどね。
 ミカエルは言います。
「存在していないものを存在させる魔法、それが『霊属性』魔法です。逆に、存在しているものを存在させないこともできます。先ほどはキュリアさんを『ナシング』で消して、『アピア』で私のそばに出現させたのです」
 なるほど。ところで、なぜに『ナシング』? ディサピアの方が適切だと思いますが。
(作者:このことが気になる方のために、少し説明します。興味のない方は次の「」のセリフまで読み飛ばして下さい)
 分かった、読み飛ばそう。
(作者:質問しておいてそれか!? ……まあいいや。『ナシング』は、英語で『何もない』という意味、『アピア』は英語で『現れる』という意味、『ディサピア』は『アピア』の反対の意味を持つ英単語、すなわち『消える』という意味です。『アピア』の対になる言葉は『ディサピア』なので、確かに『ディサピア』を使うべきという意見もあるかと思います)
 だったら、どうしてそうしなかったんだ?
(作者:……対になる言葉だからこそです。英語で書くと、『アピア:appear』と『ディサピア:disappear』。ただ前に『dis』がついただけなんですよ! 『ディスられてる』の『ディス』が『アピア』の前についただけなんですよ!)
 それがどうした?
(作者:安直じゃあないですか!! それよりも少しひねった単語にすべきだと、僕は思ったんですよ!! ナシングというのは、『問題ナッシング』という感じに使われる単語、『nothing』のことです! 英語を勉強されてる方ならよく見かける単語なのに、それが最強属性の魔法なのか!? そう読者に思わせたかったんでs……)
 あ、ちょうどここに長くて細い金属パイプがあったからつい。
 ……気絶したか。まあいい。話を進めましょう。
「そういう意味で、ミカエルはナンバー4のうちのナンバー2なんだよ」
 キュリアは震えながらもそう言いました。
「その、『ナンバー4』とやらは、一体何なんだ?」
「この世界での実力が上から4番目以内の者で構成されたグループです。私はナンバー2なので、世界で2番目に強いことになります。……まぁ、2番目と言っても『自称2番目』ですが」
 謙次の問いに、ミカエルが答えました。
 ミカエルは、一呼吸おいて言います。
「……さて、エルカさん。確かにあなたは悲惨な目に遭われていて、今すぐにでもここから逃げ出したくなる気持ちは分かります。しかし、今からキュリアさんもあなた以上につらい目に遭うのです」
「え……?」
 かなり不安になる言葉を聞いてビクビク度が増すキュリア。
 ミカエルは言います。
「そうですよね、キュリアさん。親友のエルカさんだけがつらい思いをするわけじゃないというキュリアさんの心意気、感動しました」
「……えーと、ミカエルが何を言ってるのか、良く分からないなぁ」
「私がこの部屋に来る前、キュリアさんはこう考えていました。あと2ヶ月ここにいることをエルカさんに我慢させたい。そのために、自分もつらい思いをしていることをエルカさんに伝えたい」
 なるほど。今までにもキュリアが死にそうな場面はありましたからね。つらい思いをしているのは間違いではないでしょう。
「しかしキュリアさん、死にそうになるのと、拷問を受けるのとでは、つらさが全く別物なのですよ。工場で切磋琢磨に働くのと、施設で最先端技術を開発すること並に別物なのです。だからこそ、ここでエルカさんと同じようなつらさを体感する機会を与えて差し上げようとしているのです」
 キュリアは、なんとなくミカエルの意図を理解しました。それと同時に、体の震えがより激しさを増します。
「さぁ、選択してください! 私からのスペシャルな拷問を受けるか否か!」

キュリアと謙次 にひゃくごじゅうろっかいめ!

<前回のあらすじ>
 エルカは懇願した。
「助けて、……ここから連れ出してよ、キュリア! あと2ヶ月も、こんな目に遭うなんて嫌よ! お願い! ここから私を連れ出して!!」
ケーケー「何でも言うこと聞きますから!」
イノブン「淫夢厨は帰れ」


↓ 本編 ↓
 突然、エルカに懇願され、戸惑うキュリアであったが、
「……無理だよ、エルカ」
 キュリアは申し訳なさそうに言います。
「ここからエルカを連れて抜け出すことぐらいは、ひょっとしたらできるかもしれない。だけど、ここの係の人がフェニックスか、または『ナンバー4』みたいに強い人を呼んだりしたら、私たちはすぐ捕まる」
 ここで、ふと登場した『ナンバー4』について気になった謙次ですが、今問いかけると話がこじれるので、黙っておくことにしました。
「捕まったらその時はその時よ!」
 そう主張するエルカですが、
「捕まったら、さらにエルカの刑期が延びるよ。……ひょっとしたら、生きてここをでることができなくなるかもしれない」
 キュリアの発言を聞いて、エルカは絶句します。……でも、脱獄するわけですから、捕まったら当然刑期は延びますよ。
「それに、私も殺される」
「キュリアが、殺される……? 何で……?」
「当然だよ。私はフェニックスに生かされている身なんだよ。エルカがここで刑罰を受けているのは、フェニックスの意向による。フェニックスが政治的犯罪を嫌うからなんだよ。ここでエルカを助けると、フェニックスの意向に反することになる」
「だからって、殺されるわけ……」
「殺されるよ。本来生きてちゃいけない存在を、無理やり生かしてるだけだからね」
「そういうわけです。諦めて下さい」
 突如、キュリアでもエルカでもない、女性の声が聞こえました。
「エルカさんを連れてここを出ることも不可能です。『ナンバー4』の1人が、ここにいるのですから」
 声のする方向を振り向くと、白いモフモフな服を着た、おっとり顔の少女がいました。金髪金眼で、年齢は14歳くらいの少女です。
「ミ、ミカエル……。ど、どうして、ここに……?」
 キュリアはひどく怖がった様子で、そう尋ねました。
 ミカエルと呼ばれた少女は、嬉しそうにこう答えます。
「だって、ここの受刑者が廃人になる瞬間は、見ててすごく興奮するのです! すごく辛そうで、たまらないものがあります!」
 あ、この子すごくヤバい子だ。

キュリアと謙次 にひゃくごじゅうごかいめ!

ケーケー「ハンター×ハンターのゴンさんを見ながら書いてたせいか、エルカをキルアと間違えて書きそうだった」
イノブン「書き間違えられるのが、キュリ謙でよかった」
<前回のあらすじ>
 徒労感を与える拷問を刑罰として執行している刑務所、マドリード刑務所に、キュリアの幼馴染であるエルカが収容されていたのであった!


↓ 本編 ↓
 マドリード刑務所の面会室で、キュリアと謙次は待っていました。
「……あ! エルカ!」
 キュリアが声を上げました。面会室にエルカが入ってきたのです。
「……キュリア? キュリアなの!?」
 エルカもキュリアを見るやいなや、喜びの声を上げました。
 エルカは続けて言います。
「久しぶりね! 元気にしてた!?」
「うん! 世間の迷惑ながら元気にしてるよ!」
「あ……」
 キュリアの気を害したと思ったエルカ。キュリアは世間の嫌われ者。生きていてはいけない存在。それをキュリアに再確認させてしまった。そうエルカは感じてしまったのです。
「ご、ごめん、そういうつもりで元気って聞いたわけじゃ……」
「……あ、ご、ごめん、気分を害しちゃったかな」
 そう答え、エルカに気を遣うキュリア。キュリアはもともと自分が世間の嫌われ者だと十分に理解した上で言っているので、エルカの発言で気を害すはずもないのです。
 キュリアはどう続ければいいか考え、苦笑しながらこう言います。
「あはは、相変わらずだね、私。どう言えば相手が喜ぶのか、戸惑うのかが良く分からないや」
「……あはは」
 キュリアの笑みにつられ、エルカも笑います。
「そうだね。変わってないね、キュリア」
「……うん。そういう所は変わってない。だけどエルカ、私は少し変わったよ」
「え?」
「たくさん人を殺して、ようやく人を殺しちゃいけないってことが分かった。それだけの罪を重ねて、ようやく仲間以外の他人を尊く思うことができるようになった」
 バルカン半島虐殺事件を起こす前のキュリアは、仲間とは思っていない人に対して、ただそこにいるだけという感情しか抱きませんでした。その感情は、仲間とは思っていない人全員に対して抱いていました。両親も、魔法の師匠である四天王も、生きていようが死んでいようが、喜ぼうが悲しもうが、知ったこっちゃない。キュリアはそう考えていたのです。
 キュリアは、自分に復讐しようとしていた人たちがいて、初めて命の尊さを理解したのです。
「でも、あれだけエルカに、故郷のみんなに、人を殺しちゃいけないって言われてたのに、私は守らなかった。だから、ごめん!!」
 キュリアは頭を下げて、謝ります。
「ごめん! ごめん! ごめん!!」
「ちょ、ちょっとキュリア! 謝る必要はないよ! 元はといえば、キュリアに命の尊さを理解させられなかった私も悪いし、……私も、そうだね、犯罪者だ」
「……そう言えばそうだね。私と違って、償えば許されるレベルの罪だけども」
「償う……」
 エルカの口調が変わります。
「もう償ったわよ! どうして、ちょっとお金をちょろまかしただけで、数え切れないぐらい精神崩壊を経験するほどの罰を受けなきゃいけないのよ!!」
 エルカの言葉を、キュリアは黙って聞きます。『だったら、ちょろまかさなけりゃいいじゃん』という話なのですが、そのような正論を突きつけたところで、エルカはさらに逆上するだけでしょう。
「もう耐えられないよ、キュリア」
 耐えられてないから、精神崩壊するんでしょうが。
「助けて、……ここから連れ出してよ、キュリア!」
「えっ!?」
「あと2ヶ月も、こんな目に遭うなんて嫌よ! お願い! ここから私を連れ出して!!」

キュリアと謙次 にひゃくごじゅうよんかいめ!

<前回のあらすじ>
キュリア「そういえば、エルカは? 私、あの子に会いたいんだけど」
 しかし、キュリアにそう問われると、おじさんたちは言葉を詰まらせました。


↓ 本編 ↓
 マドリード刑務所。そこでは、ひたすら穴を掘って、掘りまくる。掘れるところまで掘ったら、今後はその穴を埋める。そんな感じの徒労感溢れる拷問が刑罰として行われるのが、そのマドリード刑務所です。主に、賄賂をやったりとか、そういう罪を犯した人たちが入れられる刑務所です。
(作者:どこの女王艦隊だよ、とかそういうツッコミはなしでお願いします)
 とある小説の同一内容〔パクリネタ〕を入れる、お前が悪い。
 なお、マドリード刑務所で行われるようなことが、なぜ刑罰と言えるのか、よく分からない方もいると思うので、もう少し詳しく説明します。
 せっかく頑張って穴掘ったじゃないですか。それで、その穴を埋めちゃうじゃないですか。また穴を掘り始めるじゃないですか。また埋めちゃうじゃないですか。……自分の頑張りが実を結ばないのって、結構な苦痛ですよ。
(作者:大学の卒業研究で、実験で精度の良い信号を得るために一週間頑張って組んだ電気回路が、全く使われずにお払い箱となったのは超つらかった)
 ……まぁ、このつらさの上位版みたいなものが、この刑罰です。
 なお、服役中に廃人となった場合でも刑罰は続きます。この刑務所には、精神異常をある程度緩和することのできる魔術師が常在しています。なので、廃人になると、うつ病の2,3歩手前ぐらいの精神状態にさせられるため、服役中は刑罰から逃げられないのです。
 この刑務所に、とある40代の女性がいました。一度賄賂を受け取ってすぐ、フェニックスにバレてこの刑務所に入れられました。今は、土を固めてレンガ状のブロックを造り、50個ぐらい作ったら、今度はひたすらそれを壊す、といった刑罰を受けています。
 その刑罰を受けている最中に、
「51番。お前と面会したいという方がお見えになった。付いて来い」
 看守にそう言われ、女性は立ち上がります。
「そうだ、お前、服役してからずっと番号で呼ばれていたから、名前覚えてるか?」
 看守は女性の方を振り向き、言いました。
「『エルカ』だそうだ。分かったか?」
 そうです。この女性こそが、キュリアの幼馴染、エルカなのです!
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR