FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくごじゅうさんかいめ!

<前回のあらすじ>
 キュリアがリュカおじさんの家に入ってみると、みんな歓迎してくれました。仲間が増えるよ! やったねキュリアちゃん!
イノブン「おい馬鹿やめろ!」
ケーケー「なお、私は『やったね○○ちゃん』の原作漫画を持っています」
イノブン「趣味悪いなお前!」
ケーケー「ところで、今日はなごやんぷよの初中級者対戦会があったんですよ」
イノブン「へぇ」
ケーケー「20人以上、参加者がいました。こんなに来たのは2年ぶりぐらいじゃないでしょうか」
イノブン「よかったじゃん! さぞかしにぎやかだったろうね!」
ケーケー「ちなみに、明日はTOEICを受けます。ノー勉ですが応援してください」
イノブン「よぉクズ!!!」


↓ 本編 ↓
 それからしばらく、キュリアとおじさんたちはワイワイガヤガヤ盛り上がっていました。
 たとえば、キュリアが12歳の時、この国を旅立ってからどんな旅をしていたのかについて。
「とにかく色んな国をまわったね。あの時代はまだ市民に重税や情報統制を強いていた国もあったし、一番生きてて楽しかったね」
「だろうなぁ! 命も狙われてねぇしな!」
「でもよ。よくキュリアがまともな旅なんかできたよな。言っちゃ悪いが、旅に出る前のキュリアは普通の人の頭じゃないぜ」
「バカいえ、だからだよ。キュリアはクオリア障害であると同時に、めちゃくちゃ賢いんだ。普通の人の頭じゃ、逆に旅なんかできないだろうよ」
「あはは。まぁ、クオリア障害が直ったわけじゃないから、私は今も狂っていると思うけどね」
 たとえば、キュリアがバルカン半島で大量虐殺を行ってから、どんな人生を歩んできたのかについて。
「私は24になるまでは、貧困街で暮らしてたよ。それから40になるまで、世界中のあちこちを旅して回ってた。……まぁ、この時の旅は虐殺する前の旅とは違って、いろんなところで嫌われながらの旅だったけど」
「やっぱり嫌われるのか」
「100人ぐらい人殺してるからな。キュリアと仲良かった人じゃないと、そうそう自分たちの街に入れる気にはならないだろうな」
「そんなこと言うなよ。キュリアは確かに人を殺した。だけど、キュリアは悪くねぇ! 悪いのはクオリア障害だ!」
「……違うよ」
 キュリアは低い声で言いました。
「私が悪いよ。102人も殺したんだ。自分の命じゃ償いきれない罪を犯したんだ」
 周りが急に静まり返りました。キュリアは気にせず話を続けます。
「みんな、分かってるはずだよ。みんな、私と会えたことを喜ぶと同時に、私を恐れてる」
「そ、そんなことない! 俺たちは、お前と会えたことを本当に……」
「喜んでる。それは分かるよ。でも同時に私を恐れてる。……『先読み』の能力がある程度あるから、その人の言ってることが嘘か本当かは分かるし、しばらく会話を続けると、なんとなくその人の感情が伝わってくるんだ」
 その言葉を聞いて、再びおじさんたちは沈黙します。
「でも、恐れてるのは私も同じ」
 キュリアは話を続けます。
「それだけの罪を犯したから、もう絶対に人を殺すことはないし、他の人を傷つけるようなこともする気はないよ。……でも、他の人はそれを信じてくれない。当然だね。102人も人を殺してるんだもん」
 キュリアは一息置いて、続けます。
「だから、私は怖いんだ。みんなに嫌われることがね。どう振舞えば、みんな、私のことを怖がらずにいてくれるだろうか。どうしてもそれを気にしちゃうんだ」
「……だからみなさん、大丈夫ですよ」
 ここで謙次が急に口を開きました。
「俺は4ヶ月以上、キュリアと一緒に生活してきたんです。その生活の中で、キュリアは俺に色々と良くしてくれています。俺を傷つけるようなことなんて……」
 『一回もありません!』と言おうとしましたが、謙次はあることを思い出し、おじさんたちを集めてコソコソと話始めました。
「1回だけありました。みなさん、キュリアに『オバサン』とか『ババア』とか言うと、半殺しにされるので、注意してください。それに関連する言葉さえ言わなければ、キュリアに傷つけられることはありません」
「お、おう」
「え、なにそれ怖い。オレたち全然大丈夫じゃないじゃん」
「だ、大丈夫です! その単語さえ言わなければ!! だって、キュリアを殺しにかかってきた人は山ほどいますが、そういう人たちを含め、誰一人としてキュリアは殺していないんですよ」
「バーロー。だったら早くそう言え! そっちの方が安心できるじゃねえか!!」
「あー、確かにそれを聞くと安心できるわ。キュリアの命を奪おうとしても、酷い目にあわされないんだろ?」
「その通りです。まぁ、キュリアに致命傷を与える程の魔法を使える人だったら、キュリアを殺しにかかった際、気絶させられますけどね」
「それぐらいはしなきゃ、さすがに生きていけないよな」
「分かった。……キュリア! 俺たちは勘違いしてたみたいだ! もうお前を恐れたりしねぇよ!」
「え!? ……ほんとだ、その言葉、嘘じゃないみたいだね! 何話したらそうなるの!? 謙次すごい!!」
 キュリアは驚愕しています。まぁ、謙次がすごいのではなく、おじさんたちが単純なのと、キュリアが実際に今悪いことをしていないから、説得できたんでしょうけど。
 ここで、キュリアはあることに気付きました。
「そう言えば、エルカは? 私、あの子にも会いたいんだけど」
 しかし、キュリアにそう問われると、おじさんたちは言葉を詰まらせました。
スポンサーサイト



キュリアと謙次 にひゃくごじゅうにかいめ!

<前回のあらすじ>
 ショッピングモールでアイスを食べていたら、中年男性が正義の味方として、キュリアに戦いを挑みました。
 ……が、キュリアはでこぴん一発で中年男性をK.O.し、戦いを避けることができました。
イノブン「なんで、でこぴん一発で中年男性は倒れたんだ?」
ケーケー「脳に強い衝撃が与えられて、意識が保てなくなったんですよ」
イノブン「ああ、なるほど」
 そして、そろそろ夕方なので、キュリアと謙次はリュカの家に行くことにしました。


↓ 本編 ↓
「ここだね」
 意識のない中年男性を公園のベンチに寝かせ、キュリアと謙次はリュカの家の前までやってきました。
 家の前まで来て、キュリアは止まってしまいます。
(……きっと、怖いんだろうな。リュカさんって人は、キュリアを歓迎していたけど、他の人はどう思っているのか、それが怖いんだろう)
 謙次はそう理解しました。
(作者:どうでもいいんだけど、さっき『怖いん』と打とうとしたら、『子ワイン』と変換されたんだけど……)
 本当にどうでもよさそうだから、お前は語るな。話が脱線する。
「……よし!」
 キュリアは一言そう言って、家の扉を開けました。
 すると、
「うわっ! ……びっくりした、キュリアかよ」
「強盗でも押し入ってきたのかと思ったよ」
「この国だと、人の家に入る時は、ノックをして返事が返ってきてからじゃないとだめなんだぞ」
「もっとも、リュカが鍵をかけてたら、良かったかもしれんが」
 中にいた8人のおじさんのうち、4人がそう言いました。
 リュカは、
「お前ら、うるさいなぁ。……キュリア、よくぞここに帰って来てくれた! おかえり!」
 他のおじさんたちも、『おかえり』とキュリアに声をかけます。
 キュリアも、嬉しそうにこう返しました。
「ただいま! みんな!」
 その顔は、さきほどまでの怖がっていた顔とは全く違っていて、喜びに満ちていました。

キュリアと謙次 にひゃくごじゅういっかいめ!

TOHO「最近、『作者』に言葉しゃべらせすぎじゃない? それあまり良くないと思うけど」
ケーケー「そ、そうか。じゃあ今度から気をつけるよ」


ケーケー「ということで、今回からはそういう方針で書くことにします」
イノブン「……と言ったそばから、今回の内容見る限り、自重する気が伺えないけど」


<前回のあらすじ>
 キュリアと謙次は昼飯でステーキ定食を食べました。


↓ 本編 ↓
 その後、キュリアと謙次は電気屋、楽器屋、洋服屋を見て周り、時間をつぶしました。
 しばらくして、小腹がすいたので、アイスクリーム屋に行くことにしました。
「……何だ、この長いカタカナ語の羅列は」
 謙次は言います。あまりアイスクリーム屋でアイスを食べないのですかね? 31とか。
(作者:それも思いっきり店名だから伏せようよ!)
 最近だとBRって書いてあるからバレないって。大丈夫! みんなあの店の名前をBRだと勘違いしてるから!
(作者:それくらいにしておかないと、危なくなってくるからやめよう)
 ……はい。
 謙次だけでなく、キュリアも困惑しているようです。
「アイスクリームって、味が色々あるんだ」
 そりゃあるでしょう。
 結局、キュリアはバニラ、謙次はチョコレートを注文しました。
 キュリアはアイスを食べたことがないのか、嬉しそうに食べています。あまりのおいしさに感動しているのでしょうか?
(作者:いや、キュリアはおいしいもの食べてもまずいもの食べても、喜んだり嫌がったりしないからそれはありません。ただ、アイスクリームのように、冷たいにも関わらずやわらかい食感を出すものを食べたことがないので、興味津々なだけです)
「謙次、おいしいね、アイス」
 キュリアがそう言うと、謙次はこう答えました。
「うん。おいしかったよ」
 相変わらず、食べるスピードの速い謙次。平常運転ですね。いや、むしろスピード違反か。
 ……と、その時でした。突然、キュリアのアイスクリームがはじけ飛びました。
 同時に、中年男性がこんな言葉を放ってきました。
「100人もの命を奪っておいて、のほほんとアイスを食べながら優雅な生活を送っているとは……、やはりお前さんはここで殺されておくべきだな、ジェノサイド!!」
 何のことはない、よくある普通の『正義の味方』ですね。
(作者:最近出してないので念のため説明しておくと、『正義の味方』とは、102人もの命を奪っておいて、のどやかに生活しているキュリア〔ジェノサイド〕のことが正義感ゆえ許せず、死を以〔もっ〕て罪を償わせてあげようという、心優しい人たちのことです)
 今の説明でよく分からなかった方は、とりあえずキュリアを殺しに来たと思っておいて下さい。
「いつもなら、わざわざ私の罪を償わせてくれるために来てるから、ちゃんと相手してあげようかと思うけど……」
 そう言って、キュリアは立ち上がります。
「ごめん、迷惑だから寝てて」
 キュリアは、目にも留まらぬ速さで自分の手を中年男性の額に持って行き、一発でこぴんをしました。
 でこぴんは素早く行われましたが、どかーん的な大きい音はせず、ポンという普通のでこぴんの音だけしか聞こえません。
 ところが、それだけで中年男性はノックダウン。地面に倒れてしまいました。
「さて、そろそろ行こうか、謙次。もうリュカの家に行ってもいい時間だし」
 そう言って、キュリアは倒れた中年男性を抱えます。
「お、おう。……その人はどうするんだ? キュリア」
「どうって、店出たらどこか休めるところ探して、寝転がらせるか座らせるかしておくつまりだけど。このまま店内にいさせたら、下手すると営業妨害し出すかもしれないからさ」
「……そうか」
 そう言って、謙次も立ち上がりました。

キュリアと謙次 にひゃくごじゅっかいめ!

 次に、キュリアと謙次は飲食店に行きました。
「謙次、注文決まった?」
「うーん、……じゃあ、ステーキ定食」
「ステーキ定食だね。……すみませーん!」
 キュリアが店員を呼びました。
「ステーキ定食を1つ」
「……他にご注文はございませんでしょうか?」
 店員が尋ねました。この店員、敬語がなってませんね。
(作者:『ございません』は謙譲語なので、このような言い方だと、キュリアよりも店員自身を敬うような意味合いになります。なので、『ございませんでしょうか』ではなく、『ありませんでしょうか』を使うべきですね。というか、『ご注文は以上でよろしいでしょうか』と聞くのが普通です)
 キュリアは答えます。
「うん。以上で」
「え!? 何も頼まないの!?」
「私は、こういうおいしいものは食べないよ。普通の人はまずいものは食べたくない、おいしいものは食べたいと思うだろうけども、私はまずいものを食べても、おいしいものを食べても、何とも思わないからね」
「そうなのか。……なんか、悪いな。俺ばかりいい思いして」
「……すみませーん。やっぱり私もステーキ定食お願いします!」
「え!?」
「『え!?』って、頼まない方がよかった?」
「い、いや、さっきと言ってること違うなと思って」
「だって、よく考えたら、謙次だけ食べて私だけ食べないと、謙次が食べにくくないかなと思って」
「うん、それはその通りだけど」
「……ごめんね、謙次」
「え? 何が? 急にどうしたの? キュリア」
「私、クオリア障害があるから、普通の人の気持ちが分からないんだ。だから、今みたいなときにどう行動すればいいか悩むことがあって、それで謙次の気を悪くしちゃうかもしれない」
 何でキュリアがそんなことを気にするんでしょう。謙次は居候だから、キュリアは謙次の気持ちなんか気にすることなく、自由に行動すればいいと思います。だよね、謙次。
「ま、まぁ、クオリア障害ならそういうことあるよな」
 あれ? あっさりキュリアの言葉を肯定しちゃったよこのクズ。
「だから謙次、私の行動に疑問を抱いたら、きちんと言って欲しいんだ。私のせいで、謙次に嫌な思いさせたくないからね」
「うーん、……分かった」
 分かっちゃったよ、このクズ。
(作者:キュリアの援助により、どんどん謙次がクズ化していく未来が見える)
 だな。
 ……え? 今の言葉、本当?
(作者:あ、もちろん冗談です。クズと化した主人公描いていても、誰も面白がらないですしね)
 あ、それならよかった。
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR