FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくよんじゅうきゅうかいめ!

前回のあらすじ
 謙次人形「ショッピングモールに来たぜぇ!」
 キュリア人形「どこまわるんだぁオイ!?」
 謙次人形「どこでもいいんだぜぇ!!」
イノブン「なんだこのあらすじ」


↓ 本編 ↓
 そういうわけで、一同はまず本屋に来たのでした。
「広いなぁ、ここの本屋は」
 そうつぶやく謙次。ショッピングモールの本屋って、割と大きいイメージありません? そういうイメージがある方は、それぐらいの大きさの本屋に今謙次たちがいると思っておいてください。
(作者:そういうイメージがない方は?)
 とりあえず、大きい本屋があるんだなぁ的な感じで捕らえてください。
「ここは、小説コーナーかな?」
謙次はそう言うと、そのコーナーで一番人気の本として紹介されている本を見つけました。
「へぇ、『疾風のジン』かぁ」
(作者:……やめてよ)
 この時代では、なかなか人気らしいですね。
(作者:そういうのやめてよ)
 なぜか伝説の剣『グランドブレイド』を持っている一般人鍛冶屋。
(作者:僕の過去作煽るのやめてよ)
 召還中〔ビースト〕であるキツネのイタチ。キツネなのにイタチ。
(作者:自分で『あ、これは駄作だな』と察してホームページから取り下げた僕の過去作煽るのやめてよ!!)
 でもさ、本当に『疾風のジン』の連載やめちゃうの? いつも楽しみにしてるのに。
(作者:ニヤニヤしながらそう言われても嬉しくない。あ、ちなみにまだ公開している過去作『Destiny~水原 香の運命~』は自信作ですので、興味がある方は是非ご覧下さい)
 運命関係あったっけ? あと、ラストがひどい。
(作者:頼むから、割と上手く書けてると思っている小説をしょっぱなからディスらないでくれよ。読んでくれる人も読んでくれなくなるよ)
 大丈夫。こんな駄作読んでくれている人ならきっと。
(作者:小説内で駄作発言!?)
 さて、そろそろ話を本編に戻しますか。
「受験コーナーかぁ。この時代も受験はあるんだな」
「うん。高校や大学もあるし」
「高校かぁ。……俺、この時代に飛ばされなかったら、今高校生のはずだけど、通わなくて大丈夫なんだよな?」
「え? 行きたいの? 行きたいなら行ってもいいけど」
「行きたくはないよ!?」
 でしょうね。毎日毎日遊び放題な生活だし。
(作者:遊び放題でも孤独なら楽しくないかもしれませんが、キュリアと一緒ですからね。普通に充実してるでしょうね)
「国語、数学・理科・社会。……英語はやっぱりないんだ」
「英語って、a,b,c,d,e,f,gとかそういう文字使う言語だよね?」
 この時代では、世界共通語が日本語になっていて、英語はイングル語と呼ばれているので、こんな感じの問い方になっています。
「そうだよ。俺の元いた時代だと、英語は世界で通じる標準語だったからな」
 しかし日本人には通じない。
(作者:仕事で英語使ってる人ぐらいでしょうね。通じる人は)
「ん? ここは、魔法の本のコーナーか?」
「そうだね。……なんだこの本、『「テレパシー」で学ぶ魔法入門』? 俺の使ってた本『テレパシー』より、普通に分かりやすそうじゃん! 俺あんなに分厚くてしっかしりた本使わなくても良かったんじゃね!?」
「でもこんなに薄くても覚えられるのかな? むしろ、あれぐらいしっかりと『テレパシー』の魔法について書いてある本の方が、最終的に理解しやすいと思うけど」
「……それは一理あるな。えーと、こっちは1個1個の魔法について詳しく書かれてる本かな? ハードカバーで分厚くて、タイトルが『ファイア』とか『ウォーター』とかそういう単語で書かれてるし」
「そうだね。私も、こういう本で最初は勉強したんだよ」
「そうなんだ。……そういえば、キュリアの今使ってる、『グライヴスラッシャー』とかも、こういう本で勉強したの?」
「いや、あれは私のオリジナル魔法だよ。魔法はプログラムみたいな物だから、いろんな魔法を勉強すれば、独自の魔法を作れるんだよ」
(作者:いろんなプログラムを勉強すれば、独自のプログラムが作れるのと同じ感じですね)
 ごめん、その例えだと余計に分からなくなる。
「あ、そうだ! 俺、雷の魔法を一度使ってみたいんだよね! この『サンダー』の魔法の本、買ってもいいかな?」
「いや、それ中級魔法だから、難しいよ」
「中級?」
「うん。本屋に売ってるような、一般的な魔法にはランクがあって、初級、中級、上級、最上級があるんだ」
 なぜ最上級を作った?
(作者:先ほど名前が挙がった『疾風のジン』でのランクまんまなんだけど、初級、中級、上級まで出てきて、最上級魔法とかいうめちゃくちゃ強い魔法が出てきたら盛り上がるじゃん!)
 ……ならそれを出すまで書き続けろよ。上級すら出ない所で終わってるじゃねーか。
「だから、中級魔法よりも易しい、初級魔法の『スパーク』から勉強するといいよ」
(作者:ちなみに、火属性は初級が『ファイア』、中級が『フレイム』、上級が『ブレイズ』、最上級が『フレア』、という感じに全5属性分の魔法を4ランク分考えました。また、さらに広範囲攻撃魔法も5属性×4ランク分、計20個考えました)
 合計40個か。
(作者:あとは、回復とか防御とかやる魔法についてもたくさん)
 そんなに考えたのに、やめちゃったんだよな。
(作者:なかなか自慢の設定だったのに、トホホ)
 RPGじゃないんだから、そういうの考えない方が盛り上がるだろ普通。
 と、まぁそんなわけで、キュリアは『スパーク』の本を買ってあげました。値段は1200バジェット。バジェットがどれくらい高いのか分からないけど、まんま円で考えたら、専門書にしては良心的ですね。
(作者:あ、だいたい1バジェット=10円だと思っておいてください。謙次も『1200円ぐらいなら、そんなに高くないよな』と思っているのですが、実質12000円です)
 お、おい、そんな高い本買って大丈夫か? 3日坊主とかにならないよな?
(作者:おいこらイノブン。ネタばれしちゃだめだって)
 3日坊主になるのか!? ほんとクズだなこの主人公!!
スポンサーサイト



キュリアと謙次 にひゃくよんじゅうはちかいめ!

時間を潰すため、まずキュリアと謙次は、ショッピングモールへ行くことにしました。
 ショッピングモールの前に着くと、謙次は言います。
「やっぱりここも、石の家なんだな」
 家じゃない。店。
「そうだね」
 そうだねじゃないよキュリア。店。
 キュリアは続けて言います。
「質素な外見のせいで原始的な店に見えるけども、多分とても楽しい店だよ」
「どうしてそう思うの?」
「だって、他の店の中をチラ見したけど、その感じでは外国の店とそう大差ない中身だと思ったし、なんせ、この店はショッピングモールと呼ばれるだけあって、すごくでかいからね」
 その大きさたるや、まるで現代の有名なショッピングモールであるAE○Nのよう!
(作者:その隠し方はまずくないか!?)
 え? ちゃんと○[まる]で一文字隠したじゃないか。
(作者:隠す場所が問題なんだよ!!)
 そんなこんなで、ショッピングモールの中に入ってみると、キュリアの言ったとおり、なかなかいい感じの中身でした。開放的なロビーと、外見とは正反対のおしゃれな店が並ぶ回廊、そして、全3フロアが複数のエスカレーターでつながっていました。
「……やべぇ、俺の思い浮かべるショッピングモールまんまだ」
 何が『やべぇ』なのか分かりませんが、どうやら謙次は感動しているようです。
 キュリアは言います。
「さて、どこか行きたいとこある? 謙次」
「そうだなぁ。……特にないや。何というか、全体的に見て回りたい気分だよ」
「そっか。じゃあ、適当に見て回ろうか」

キュリアと謙次 にひゃくよんじゅうななかいめ!

ケーケー「どこで締めればいいか分からなくて困る」
イノブン「そんな区切りに悪い小説を読まされても困る」


↓ 本編 ↓
 リュカは、夕方に7,8人仲間を呼ぶから、それぐらいになったら家に来るよう、キュリアたちに伝えて、どこかに行ってしまいました。
「さて、まだ昼にもなってないけど、夕方まで何する? 謙次」
「俺に聞かれてもなぁ」
「じゃあ、この近辺をぶらつこうか? かなり長い間ぶらつく必要があるけど」
「……そうだな。それがいい」
「決まりだね! ……あ、一応フェニックスに連絡付けておきたいんだけど、謙次の『テレパシー』で私とフェニックスと繋いでもらってもいいかな?」
「フェニックスに? 別にいいけど」
 謙次がそう答えてすぐ、キュリアの脳内に謙次の声が響きます。
『フェニックス。キュリアがお前と連絡付けたいみたいなんだけど、今いいか?』
 キュリアはともかく、フェニックスの脳内にもこの言葉が響いているから、フェニックスはびっくりするでしょうね。
 ……と思うかもしれませんが、フェニックスは顔が広く、こういう突然の『テレパシー』にも慣れているので、驚きもせず答えます。
『いいよー。何の用だい?』
 フェニックスに問われ、キュリアは言います。
『今私たち、スーダンにいるんだけど、普通にぶらついてもいいかな?』
『ん? 別にいいと思うけど。それぐらいで僕の許可が要るの?』
『この国の人たち、私のことをかなり怖がってるみたいなんだ。何せ30年以上私が足を踏み入れてなかった地だし』
『ああ、そういうことね。……とりあえず、僕は許可するよ。そんなに怖がられてるなら、あまり散策しない方がいいとも思ったけど、そんな地に足を踏み入れたのは、君も考えがあってのことだろうしね』
『考えというか、ただ単に仲間に遭いたかっただけなんだけどね』
『いずれにせよ、僕は外を出歩くなとは言わないよ』
『うん、分かった。ありがとね』
 続けて口で、キュリアは言います。
「もういいよ。ありがとう、謙次」
「ああ。じゃあ切断するよ」

キュリアと謙次 にひゃくよんじゅうろっかいめ!

 キュリアと謙次が降り立った国は、替わった建物が並んでいました。普通の国では、コンクリート製の家やビルが目立ちますが、この国では、一軒家サイズまたはビルサイズの岩を掘って、家やビルにしたような建物がほとんどです。岩の形は、普通の家やビルの形はしておらず、みなさんが大岩をイメージしたときに思い浮かぶ感じの、表面がゴツゴツした形をしています。
 原始的な国だなと思うことなかれ。建物はそんな感じですが、その建物の中では電気製品が売られていたり、冷気のある囲いの中で生鮮食品が売られていたりと、他国と同じような感じなのです。他国と異なるのは、あくまで建物の形ぐらいで、建物の中はほぼ同じなのです。
 さて、キュリアが降り立った途端、周りの人がざわめき始めました。
「あの子、ジェノサイドじゃない? 何でここにいるのよ?」
「この国には近づかないんじゃなかったのか?」
「ま、まさか、これから俺たち殺されたりしないだろうな」
 こんな感じです。他の国でも、キュリアが近くにいるとあたりがざわつきますが、今回はいつも以上にざわついています。これは、キュリアもしょんぼりするしかありません。
 すると、
「お、お前、キュリアか!?」
 驚いたような声がキュリアの後ろから聞こえました。そこには、1人のおじさんがいました。
 キュリアはそのおじさんを知っています。正確には、このおじさんは幼い頃、キュリアと知り合っていて、それを思い出したのです。
「ひょっとして、リュカ?」
 おそるおそるキュリアが聞くと、
「正解! 良く分かったね!」
 そう答えるリュカおじさん。
「よく帰ってきたな、キュリア! 今から、昔の奴隷仲間で仲がよかったやつを呼んでくるから、ウチに来いよ!」

キュリアと謙次 まいなすいっかいめ!

(作者:おい! イノブン! すごいニュースを聞いたぞ!!)
 なんだ?
(作者:日本のとある研究所の女性博士が、iPS細胞よりもすごい万能細胞を発見したんだってさ!!)
 ……はい?
(作者:iPS細胞よりも簡単に作成できる上、副作用がないという、すばらしい細胞だよ!!)
 ……おい作者、それいつごろのニュースだ?
(作者:数ヶ月前)
 今日それについて述べた理由は?
(作者:この記事のカテゴリ参照)
 ……ところで、この会話方法だと、あとでキュリアとか謙次とかが出てくるわけ? 「」で囲んだセリフとイノブンたちの発言とを区別したいから、こんな感じで会話してるわけ?
(作者;いいや、別に)
 なら、普段どおりに戻すか。


ケーケー(以下K)「そういえば、福島県での子供の甲状腺がんの発生率は結局普通どおりだった的なニュースがあったね」
イノブン(以下J)「またエイプリルフールか」
K「嘘ついてるわけじゃないよ!! 『甲状腺 福島』でググってみ!!」
J「……本当にあるな」
K「これで、脱原発派の動きが鈍るといいんだけど」
J「ん? その発言からすると、お前は原発推進派?」
K「うん」
J「珍しいな。『ゲンパツイラナイ!』の声しか聴かないから、そんな異端な派閥はないんだと思ってたよ」
K「異端言うなし! 割といるよ。特に、電気のことに詳しい人に多い」
J「そうなの?」
K「原子力発電自体は、夢のような発電だからね。発電量が多い。CO2を出さない」
J「でも、その原子力発電に頼った結果が、福島じゃないのか?」
K「そこは、どうなんだろうね。あの事故はいろいろとよく分からないところがあるからなぁ」
J「よく分からないところ?」
K「たとえば、事故前に総理大臣が訪れたじゃん」
J「そういえばそうだね」
K「普通に考えてみ。事故りそうなあたふたした状況で、日本の超お偉いさんが来たら、まず事故ることない?」
J「……確かに」
K「まぁ、結果的に事故は起こったし、子供が安全だったにせよ、どこぞの国民の声が流した風評被害により、福島県民が必要以上に苦しめられたのも事実だし、原発がなければそんなことにはならなかったかもね」
J「そう、だからなぜお前がそんな危険な原発を薦めようとしているのかが理解できないんだが」
K「薦めようとしている、というか、僕が知っている情報から判断すると、原発は早く再稼動した方がよくね? と思ってるだけだね」
J「再稼動だと!? どうしてそんな危険なことを!?」
K「危険?」
J「動かしてるときに、大規模災害が起きたらどうなるんだよ。やばくね?」
K「逆に考えてみてよ、動かしてなくても大規模災害が起きたらやばいよ」
J「……あれ?」
K「原発を爆弾のように考えているかもしれないけど、それは違うと思うよ。爆弾は火をつけなきゃ爆発しないけど、原発が稼動してる状態って、放射能を外に撒き散らしてるわけじゃないからね。あと、災害で原発が危険になるなら、稼動してなくても燃料あるわけだし、稼動してるしてない関係なく危険じゃないかな?」
J「……言われてみれば」
K「むしろ、なぜ膨大なエネルギーを生み出せる原発を、使わずに放置しているのかが不思議なんだけどね。使っても使わなくても、危険度がそんなに変わらないと思うから、使うべきだと思うんだけど」
J「……それは一理ある」
K「あと、もう1つ、僕が原発を使ってほしいと思う理由。それは、エネルギー問題だよ。ただでさえあと数十年で石油が枯渇するとか、石油燃やすと地球温暖化がやばいとか言ってるのに、火力発電を使いまくるのは何かおかしくない?」
J「確かに、環境面で問題だよな。でも、だからこそ再生可能エネルギーが注目されているんだろ?」
K「……はぁ」
J「え?」
K「まさに、僕が言いたいのがそこ。現在の技術では、再生可能エネルギーはそれほど発電効率良くないんだよ」
J「でも、発電効率良くないなら、量でなんとかなるんじゃ……」
K「誰がお金を出す? 電力会社は高コストの火力発電ばかりやってるせいで、お金がないよ」
J「借金すればいい」
K「それ破産するから!! 企業って、そんなに自己犠牲精神ないから!!」
J「じゃあ、政府がお金出して作れば?」
K「ただでさえ消費増税でこれだけ文句言われてるのに、またべらぼうに増税するよ」
J「それはそれで問題、か」
K「つまり、僕が言いたいのは、再生可能エネルギーでの代替は無理だということ。火力は環境に悪いし、危険だしでそんなに使うべきじゃない」
J「ん? 火力が危険?」
K「だって、あれが事故ったら、あたり火の海と化すよ」
J「原発と比べれば安全じゃない?」
K「でも、福島では原発による死人は出なかったよ。火力は事故ればまず死人が出るだろうね。そもそも、原発より安全と考えても、危険なことには変わりないよ」
J「なるほど。でも将来、技術革新によって、再生可能エネルギーが高効率になるかもしれないじゃん」
K「その通り」
J「あれ? さっき再生可能エネルギーをめちゃくちゃディスってたのにこの人」
K「そう。今の再生可能エネルギーは問題だらけなんだ。だから、未だに再生可能エネルギーの導入が進まない。再生可能エネルギーの問題を解決するには、大学等研究機関または一部企業での研究が不可欠なんだ」
J「そうだね」
K「だからこそ僕は言いたい! 再生可能エネルギーがあるから『ゲンパツイラナイ!』を叫びつつデモ行進をしている人よ! そんなに強く訴えるぐらいなら、いっそあなたが技術革新を起こし、『ゲンパツイラナイ!』を実現してはどうですか!?」
J「それは飛躍しすぎだろ!!」
K「そう?」
J「まず、どうやって技術革新を起こすんだよ!」
K「大学(工学部)に入る」
J「そこからかよ!?」
K「なに、技術の進歩は日進月歩。大学で研究を行わない3年間など、再生可能エネルギーの実現までの時間に比べれば、短いものだよ。大学には何歳からでも入れるし」
J「でも、めちゃくちゃそれ費用かかるじゃん!」
K「そうだけど、本当に原発をいらなくするならそれが手っ取り早いはず! さぁ! そこのデモ行進してるアナタ、今すぐ工学部に入学しましょう!!」
J「……どう考えても、その人の人生がめちゃくちゃになるな」
K「さて、長くなりましたが、この記事はこれくらいにしておきますか」
J「全然まとまってないけど、いいのかこれで? この記事読んだだけだと、まとまりがなさすぎて原発の良さが伝わらないと思うけど」
K「いや、ただの雑談だから伝わらなくていいよ。本気で伝えようって思ったら、そもそもタイトル変えるし、ちゃんと原発について勉強するから」
J「ちゃんと勉強せずに記事書いてるのかこの人」
K「というわけで、雑談が長くなりましたが……」
J「雑談か、これ?」
K「今回はこのへんで。ではまたー」


※追記あります

続きを読む

プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR