FC2ブログ

キュリアと謙次 にひゃくじゅっかいめ!

※月曜更新分です


 アテラスたちとのバトルが終わり、1ヶ月後。謙次が『テレパシー』の魔法を勉強し始めてから1ヶ月後のことです。
 ここ1ヶ月ほど、謙次は朝早く起きて『テレパシー』の勉強を始めています。
(作者:以前は、朝ごはんができたぐらいにキュリアに起こされる感じだったのですが、今はキュリアと同じ時間に起きるようにしています)
 今はキュリアが買い物に出かけている時間ですが、謙次はこの時間も『テレパシー』の勉強に励んでいます。
(作者:以前だったら、間違いなくゲームしてたのに……。『お前の食べるもの買いに行ってくれてるのに、お前は家でぐうたらしてるとは何事だ!?』状態だったのに……)
 人って変わるもんだな。
(作者:そうですね)
 ……まさか、お前!? 何の取り柄もないような人でも、たとえ自分をダメ人間と思っている人でも、コミュニケーション障害[コミュしょう]でも、頑張って人の役に立てるときが必ず来る的なメッセージを込めて、この小説を書いたのか!?
(作者:……は?)
 ……あれ?
(作者:……なにそれカッコイイ。じゃあそういうことにしとこう)
 ……申し訳ありませんでした読者様方。コイツがそういうことを考えてるわけがありませんよね。
 さて、話を戻します。テーブルの上には、『テレパシー』の教科書と、『テレパシー』のプログラムにおける個々の処理を、自分なりにまとめた紙が置かれていました。
(ここがこうで、……次にアレを実行するんだよな?)
 謙次は『テレパシー』のプログラムを頭の中で再確認しました。
(……よし! これで完璧なはず!! キュリアと連絡が取れるか、試してみよう!!)
 え!? 何、もうできるの!?
 確か魔法って、一般人には難しすぎて使えないから、一部の人しか使ってないんですよね? それを謙次が使えるの!?
『キュリア、聞こえるか? 昼飯はカレーが食べたい』
 メッセージがひどい!
『え? 謙次!?』
 通じちゃったよ!! 成功しちゃったよ、『テレパシー』!!
 でもこれって、一般人には難しすぎて使えないから、一部の人しか使ってないっていう設定と矛盾してない?
(作者:矛盾してないですよ)
 え?
(作者:たとえば、東大に合格するぐらい優秀な文系の高校生が、必要ないのに3Dゲームを作れると思います? ちなみに、その人はゲームをやらないし、気になることがなければパソコンを使うこともないっていう設定です)
 うーん。……無理だろうな。いや、3Dゲーム作らなきゃ死ぬ的な場面だったらともかく、……無理があるな。
(作者:そうです。いくら頭が良くたって、やる気がなければ無理なんです。魔法が使えると便利に見えますが、暗記ものな上に魔法のプログラムの仕組みを理解する必要があります。プログラムは、得意な人と得意じゃない人がいますからね。だから、頭がよけりゃ魔法が使えるってわけじゃないんです)
 なるほど。でも、魔法みたいに便利なものなら、誰だって覚えようとする気がするんだけど。
(作者:じゃあ、イノブン、T○EICっていう英語試験は分かる?)
 一応、伏字にはするんだな。伏せれてないけど。
 アレだろ? 就活でハイスコア持ってると有利になるやつだろ? 合格・不合格はなくて、10~990点で評価されるやつ。
(作者:その通り。でも、T○EIC自体を受けてなかったり、受けてても『コイツ英語苦手なんだな』と判断されるようなスコアの人は割と多くいるのです)
 そりゃあ、英語が苦手ならそうなるだろ。英語の勉強って、めんどくさいし。
(作者:魔法の勉強は、おそらくもっとめんどくさいと思いますよ)
 ああ、なるほど。
(作者:魔法を勉強してみようって人は、割と多いのですが、大体3日坊主です。『こんなん無理!!』。だいたいの人がそう言います)
 なるほど。
(作者:まあそもそも、この時代には地下交通機関が発達しているので、空飛べるようになってもならなくても、移動に不便はないのです。『テレパシー』なんて、電話使えば会話できるし)
 でも、交通費とか電話代とかかからなくなるだろ?
(作者:でも、魔法使っている間は集中力が必要ですよ。長いプログラムを頭の中で思い出して使っているので。移動中や電話中に、そんな集中力を使いたいですか?)
 使いたくないです。申し訳ございませんでした。
(作者:まあ、話を戻すと、謙次が魔法を使えたのは、①キュリアのために役立ちたいと思っていた上に、②プログラムに苦手意識を感じなかったからです。だから、たった1ヶ月で成功できたのです)
 なるほど。
『すごい謙次!! 「テレパシー」だよね、これ!!』
 謙次の声を聞いて、キュリアは大喜びのようです。
『ああ!! ……よかった、通じたか!!』
『うん!! あ、喜んでるところ悪いけどさ』
『ん?』
『今裁判中なんだ、ごめんね』
『え?』
スポンサーサイト



キュリアと謙次 にひゃくきゅうかいめ!

※金曜日更新分です。
ケーケー「トップ記事の設定により、『キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → 』とか書かなくても済むようになったぜ!!」
イノブン「へぇ。どうやったの?」
ケーケー「フッフッフッ。トップ記事は一番新しい記事が表示されるようになっている」
イノブン「確かにそうだな」
ケーケー「トップ記事の更新日時を見てみな」
イノブン「……なん、だと!?」


↓ 本編 ↓
「……さて」
 周囲から『ベルベンドロウ』が消え、殺風景な部屋に戻ったところで、キュリアはその部屋の出口に向かいます。あれ? 入口? 入口と出口、両方とも一緒の場合はどう言えばいいんだ?
 まあいいや。ちなみに、アテラスは気絶して倒れています。外傷だけ見ると軽傷に見えるかもしれませんが、闇属性魔法の攻撃を喰らっているため、実際は重傷です。
 そんなアテラスを無視して、キュリアは部屋を出ます。まさに外道。
(作者:外道なのは、シーノをさらってまでキュリアたちと勝負しようとしたアテラス組だと思うけど)
 ま、そうだね。あと、ガイも怒らせたもんね。
(作者:それは何か悪いことなのかい?)
 ……ま、そうだね。その点に関しては、アテラス組に非はないよね。
 キュリアが部屋の扉を開けると、
「あら? これで私たちの全勝ってこと?」
「おう! 割と手こずってたみてぇだな!」
 そこにいたマリエルとガイに声をかけられました。
「みんな! ……ってことは、マリエルたちも?」
「ええ。圧勝だったわ」
「そうだな。圧勝だったな」
 確かに圧勝に見えますね。……受けた傷だけ見れば。
(作者:マリエルはダーパの能力に苦しんでいただけで、雷属性魔法『ライトニング』によるダメージしか受けてないので、軽傷。ガイはエルメスから、攻撃を封じるための魔法『サウンドウェーブ』を2発喰らっただけなので、軽傷。キュリアはヘドロに巻き込まれて一撃必殺される恐れがあったものの、ヘドロにダメージはないので疲労が残っただけのノーダメージ。ダメージ量からすると、確かに圧勝と言えます)
「あ! シーノも無事だったんだね! 良かった!!」
 無傷のシーノの姿を見て、キュリアは喜びました。
 しかし、
「無事? いいえ!! この子はあの変態に毒されていたわ!! ……まったく、酷い目に遭わされたわね、シーノ」
「そこまでダーパを悪く言わなくても……」
「何よシーノ!? まさか、あなた……、もう手遅れなの?」
「手遅れって何だよ!?」
 何やらマリエルとシーノのやり取りがおかしいですね。ダーパのせいですが。
(作者:うん。あいつが悪い)
 今になって思うけど、よくあんなキャラ出したな。
(作者:後悔はしている。反省はしていない!)
 ダメだこいつ、早くなんとかしないと。

キュリアと謙次 にひゃくはっかいめ!

※この回は月曜更新分です。


ケーケー「螺旋丸[らせんがん]!」
イノブン「おい版権ひっかかるぞ!! 技の名称をそのまま出すな!!」
ケーケー「このコーナーは小説外なので、版権問題ないのだ。いわば通常のブログに書いてるのと同じ扱いなのだ」
イノブン「だったら問題ない。……のかな?」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


 さて、前回の『グレイヴスラッシャー』はなぜかヘドロを吸いこんでも破壊されず、安定していました。一体どういうことなのでしょう。
 実は、前回の『グレイヴスラッシャー』こそが、キュリアの真の『グレイヴスラッシャー』だったのです!
 『グレイヴスラッシャー』の周囲の風は、黒球周囲の相手に小ダメージを与えるだけではなく、黒球が球形を保つ作用も行っているのです。『グレイヴスラッシャー』の持つ引力も、球形を保たせるためにあります。
 風と引力によって安定化した黒球は、安定化されてない状態の黒球に比べ、数倍の威力を持っています。
(作者:え? 安定化しただけでなんでそうなるのかって? 某忍者マンガの主人公が使う必殺技を知ってる方は想像できるはずなのですが)
 おいこら。
 ただし、この『グレイヴスラッシャー』には1つ問題点があります。それは、あまりに高威力なので、キュリアと同じぐらい強い相手に当ててしまうと、相手が死んじゃうんです。
(作者:『グレイヴスラッシャー』! 使うと相手は死ぬ!)
 今行っている戦闘は殺し合いじゃないですし、第一キュリアが誰かを殺したとなると、フェニックスがキュリアを抹殺しにかかるでしょう。
 しかし、この『グレイヴスラッシャー』を使わなければ、ヘドロの壁は破れないでしょう。だから、キュリアは『奥の手』として使ったのです。
 もう一度言いますが、この『グレイヴスラッシャー』を使った目的は、ヘドロの壁をなんとかすることです。だから、ヘドロの壁がなんとかなった時点で、キュリアは『ブラッディレイ』を放ち、『グレイヴスラッシャー』を自分の手で破壊したのです。
 そのあとすぐ、『ブラックトルネード』で追い打ちをかけましたが、『ベルベンドロウ』がキュリアに反撃をしかけようとしなかったら、おそらく『ブラックトルネード』は防がれていたでしょう。キュリアもそこまでは考えていませんでした。
(作者:『ブラックトルネード』が直撃したことで、アテラスの敗北が決まりました。これにてキュリアチームVSアテラスチームの戦闘は、キュリアチームの全勝で幕を閉じました)
 うん。……え? キュリアもう勝ったの?
(作者:うん。そだよ)
 イノブン思うんだけどさ、『ブラックトルネード』ってただの黒いだけの竜巻じゃん。この魔法がどうして決め手になったのさ?
(作者:それは、『ブラックトルネード』が闇属性魔法だからです)
 闇属性って、そんなに強いの?
(作者:まあ、強いかどうかは使い方によります。確かに、闇属性は火とか風とか雷とかと比べて、どんな力で相手にダメージを与えるのか、想像しにくいですよね)
 だな。
(作者:でも、闇属性が一番単純なんですよ。闇属性の魔法は、あるエネルギーを使った魔法です。そのエネルギーの役割は、人や物にダメージを与えることなんです)
 え? どゆこと?
(作者:たとえば、『ブラックトルネード』のような黒い風で手をあおられると、それだけで手がめちゃくちゃ痛み出します。外傷はほとんど目に見えないのですが、皮膚も肉も骨もダメージを負っていて、痛いのです)
 うわぁ、なんかえげつなさそう。
(作者:今の説明でよくわからなかった方は、『闇属性は純粋にダメージを与えるだけの属性』と考えて下さい。雷属性は魔力を電気に変換してダメージを与えますが、闇属性はその変換過程がないのです)
 え? さっき、闇属性の魔法はあるエネルギーを使った魔法って言ってたことない?
(作者:……まあ、変換過程があってないようなもので、それだけ効率がいいのです。闇属性の魔法は、ただ純粋に、相手にダメージを与えることに特化した魔法なのです)
 なるほど。




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 にひゃくななかいめ!

※この回は金曜更新分です。


キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


「奥の手?」
 アテラスは、キュリアの言葉を聞いて首をかしげます。
「うん。奥の手。本当は使いたくなかったけど、なるべく安全には配慮するよ」
 安全? つまり、使うと危険な手なのでしょうか。
 キュリアは言い終わると、両手の平をアテラスに向けました。
 すると、キュリアの手の平のすぐそばで、黒球が大きくなっていきます。
(黒球? なんか、この魔法って、『グレイヴスラッシャー』に似てるわね)
 アテラスがそう思っていると、キュリアはその魔法の名前を叫ぶと同時に、アテラスに向けて放ちました。
「『グレイヴスラッシャー』!!」
「っておい!?」
 これはアテラスもノリツッコミせざるを得なかったのでしょう。先ほど、使っても無駄だということを証明された『グレイヴスラッシャー』を、奥の手と称して使ってきたのですから。
(作者:204回目の話ですね。その回では、『グレイヴスラッシャー』がヘドロを巻き込み、ヘドロに負けて破壊された揚句、『グレイヴスラッシャー』を破壊したヘドロがキュリアに向けて反撃しました。つまり、使うと無駄打ちになるだけでなく、さらに敵からの反撃を受けることになるわけです)
 当然、今放たれた『グレイヴスラッシャー』も、ヘドロを大量に巻き込んでいきました。
 しかし、当然でないのはここからです。
 今放たれた『グレイヴスラッシャー』は、大量のヘドロを吸って徐々に巨大化していき、その上きれいな球形を保っています。以前放たれた『グレイヴスラッシャー』と違い、壊れそうな感じは全くありません。
 そのまま『グレイヴスラッシャー』はアテラスのすぐ前に迫りました。アテラスは急いでヘドロの壁を作りました。
(作者:ヘドロの壁を『作った』というより、自然にヘドロの壁が『できた』という方が正しいですけどね。『ベルベンドロウ』はある『法則』を持っている呪文です。アテラスの意思をある程度反映しますが、攻撃や防御はほぼ自動で行ってくれます)
 壁ができたはいいですが、『グレイヴスラッシャー』はそこに何もなかったかのごとく、簡単にヘドロの壁を破壊して進んでいきます。
 そしてついに、アテラスと『グレイヴスラッシャー』との距離が30cmを切ろうとします。
 その時でした。
「ぐあっ!?」
 突然アテラスの腹部を激痛が襲いました。アテラスは自分の腹部を見ると、赤いレーザーが貫通していました。『ブラッディレイ』です。
 そして、今度はアテラスの足元で、黒い風が渦巻き出しました。おそらく、『ブラックトルネード』でしょう。
 今の『ブラッディレイ』のせいか、目の前に迫っていた『グレイヴスラッシャー』は壊れたようです。
(ならばもう目の前を守る必要はない! 今すぐ体全体の防御を!!)
 そうです。速くヘドロを集めないと、キュリアの『ブラックトルネード』を喰らってしまいます。
 しかし、『ベルベンドロウ』が行ったのは、アテラスの防御ではなく、キュリアへの反撃でした。
(作者:先程も言いましたが、ベルベンドロウ』はある『法則』を持っている呪文です。攻撃や防御はほぼ自動で行ってくれますが、アテラスの思い通りに動かないこともあるのです)
「しまっ……」
 時すでにお寿司。『ブラックトルネード』はヘドロに阻まれることなく、アテラスを襲いました。




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 にひゃくろっかいめ!

※この回は月曜更新分です。


ケーケー「なごやんぷよの初中級者大会で、見事4位以内に入れたぜ」
イノブン「おお!」
ケーケー「5人中な」
イノブン「あっ(察し)」
ケーケー「ぷよぷよが好きな人は、ぜひ『なごやんぷよの会』主催の対戦会・大会に参加しましょう! まあ、定期的に来れる人は愛知県とその周辺県民の方に限られると思いますが」
イノブン「でも、みんな強いんでしょ?」
ケーケー「強い人はね。でも、強い人が出れない『初中級者対戦会』というものもありますので、ご安心を。僕なんか、鍵積みしか使えませんし」
イノブン「鍵積み?」
ケーケー「そういう連鎖の組み方。とりあえず、階段または鍵が使えて、折り返しをマスターした方は是非来てみてください。もちろん、GTRしか使えないという方は全然問題ないです」
イノブン「用語がわからん」
ケーケー「そういう方はオススメはしません。みんなだいたい9連鎖ぐらい打ってきます。そういう方は、来てもらう分には全く問題ありませんが、多分勝てないです。『勝てなくてもいいもん!』という方なら歓迎しますが」
イノブン「なるほど。でも、ひとつお前に言わせてくれ」
ケーケー「何?」
イノブン「宣伝乙」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


(壁があるから『ブラッディレイ』は効かない。『グレイヴスラッシャー』を使えば、壁を巻き込んで破壊され、私に反撃が襲いかかる)
 キュリアはもう手詰まりなのでしょうか?
「だったら、『ブラックトルネード』!!」
 いえ、まだこの魔法がありました!
 アテラスの足元で、漆黒の風が渦巻きます。そしてすぐに、その風は大きな竜巻へと変化しました。
(この魔法なら、壁に邪魔されず、アテラスを直接狙うことができる! これでどうだ!?)
 しかし、そんなキュリアの期待はすぐに打ち砕かれました。なんと、竜巻がヘドロの壁を巻き込み、重みのためか止まってしまったのです。竜巻と似た形状のヘドロを残して。
 そして、そのヘドロはキュリアに向かって飛んできました。さすがに飛んでくることは予想できていたようで、キュリアは上手くそれを避けることができました。
 さて、キュリアが最近使っていた魔法はすべて出尽くしました。
 キュリアは他にいい手がないか、考えます。しかし、考えている最中に地面からヘドロが襲ってきたり、
「『ブラッディブラスター』!!」
 アテラス自身が魔法で攻撃してきたりして、ちゃんと考える時間が作れません。
(このままじゃ、いずれヘドロに飲み込まれて負けてしまう!)
 そう考えたキュリアは、ある結論にいたりました。
「仕方がない、奥の手を使おう」




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 にひゃくごかいめ!

※この回は金曜更新分です。


ケーケー「PICのEEPROMが上手く動作してくれない困った」
イノブン「作者が一般大衆には理解できないアルファベットで何か語ってる困った」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


(今みたいに、何もしないでボーっとしてるとヘドロで攻撃されるみたいだね。かと言って、下手に攻撃しようものなら、さっきみたいに反撃される。……だったら!!)
 キュリアは指をアテラスに向けます。
「『ブラッディレイ』!!」
 キュリアの指から、赤いレーザーが放たれます。先ほどと同様に、アテラスはこれを回避。
「……かーらーのー、『ブラッディレイ』!!」
 おっとー!? また同じ技だぞ!?
(作者:なお、今のイノブンの『おっとー』という発言は、神聖ローマ帝国初代皇帝のオットー一世とは全く関係がありません)
 だろうな。
 キュリアは考えがあって、こんなことをしているのです。まず、『ブラッディレイ』は光の速さなので、この魔法に対して反撃をしてくることはないでしょう。また、一発目はよけられたものの、2連続で打てば急いで避けようとしない限り、当たるはずです。
 ……という作戦だったのですが、2発目もアテラスは際どい避け方をしましたが、『ブラッディレイ』は当たりませんでした。
 2発目がダメなら3発目です。しかし、またもやアテラスはすれすれで避けます。
 4発目、5発目、6発目といったところで、アテラスは避ける代わりに、ヘドロの壁を出現させました。分厚い壁ではないと思うのですが、『ブラッディレイ』はその壁に阻まれてアテラスに届きません。
「無駄よ、ジェノサイド」
 アテラスは言います。
「『ベルベンドロウ』はあなたの指の方向から、どの位置にレーザーが通るか計算して、私に教えてくれるの。だから、あなたが何発それを打とうとも、たとえこの壁がなくとも、私にその攻撃は当たらないわ」
 ご親切にどーも。




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 にひゃくよんかいめ!

※この回は月曜更新分です。


ケーケー「『ピエールとカトリーヌ』を聞きながら書こうとしたけど、無理だった」
イノブン「おいまだ朝だぞ!!」
ケーケー「あらピエールったら♪ こんな所で♪ そんなモノを……」
イノブン「おいバカ歌うな!!」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


「でも、まだいくらでも取り返しがつく!! 『グレイヴスラッシャー』!!」
 そう、キュリアの言うとおり。『ダークドーム』が無駄打ちだったとしても、キュリアの他の攻撃が一撃でも決まれば、簡単に逆転できるため、勝敗はまだ全く分かりません。
 次のキュリアの一手は『グレイヴスラッシャー』です。これは大きな黒球を放つ魔法です。その黒球からは引力がはたらき、相手はその黒球に引き寄せられます。
(作者:ただし、ガイとかそのレベルの相手だと、簡単にその引力から逃れることができます。つまり、そこそこ強い相手には、ちょっと動きを鈍らせる程度の効力しかありません)
 また、その黒球の周囲には切り裂く風が渦巻いており、黒球に触れなくても近づくだけで切り傷を負います。
 さて、そんな『グレイヴスラッシャー』を放ったわけですが、予想外の事態が発生しました。
 なんと、『グレイヴスラッシャー』が『ベルベンドロウ』のヘドロを吸収し、膨らんできました。スピードも徐々に遅くなっていきました。
 『グレイヴスラッシャー』が部屋の壁に当たるかどうかというぐらい大きくなった、その時でした。『グレイヴスラッシャー』が破裂し、その中にある吸収したヘドロが人間の腕の形に変化し、キュリアに襲いかかりました。
 キュリアはそのヘドロ攻撃を避けます。すると、ヘドロは壁のヘドロと同化しました。
(危ない危ない。下手にこのヘドロに触れると、意識が薄れるからね。あれだけ大量のヘドロをぶっかけられてたら、意識を失ってたかもしれない。……って、うわっ!?)
 そんな感じで、キュリアが考えていた時でした。
 急に足元(作者:キュリアは宙に浮いていますが、その下の地面)のヘドロがふくれあがり、キュリアを取り囲もうとします。
 取り囲もうとしたヘドロを無理やり突き破るという形で、キュリアはそのヘドロから逃れました。ヘドロが体に付いたせいか、キュリアは一瞬ふらっとします。
 キュリアの身体に付いたヘドロは、すぐにきれいさっぱり流れ落ちました。直後、キュリアの意識が回復します。




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 にひゃくさんかいめ!

※この回は金曜更新分です。


イノブン「また翌日更新か」
ケーケー「だって、昨日は割と忙しかったし、疲れたから」
イノブン「先週もそうじゃなかったか?」
ケーケー「……せ、先週も」
イノブン「おいこら」
ケーケー「いいじゃん! 更新日時は、前日0時から翌日24時までの72時間だって言ってあるんだから!」
(※初めて聞いた人、ごめんなさい)
イノブン「実際それって、すごい不安定なんだけどな」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


「『ダークドーム』!!」
 キュリアはまず、『ダークドーム』を使いました。
 あたり一面が真っ暗になります。『ダークドーム』が使われた空間は、光が全くと言っていいほど入らない空間になるので、イノブンの目には何も見えません。間違いなく、読者のみなさまの目にも、何も映らないでしょう。
 しかし、キュリアの目には、『ダークドーム』内がどうなっているのかが、普通の明るさではっきりと見えているのです。なぜなら、キュリアは『どんなに暗くても明るくても、普通の明るさで見える』能力を持っているからです。
 キュリアはその空間の中で速やかに移動し、『ブラッディレイ』を放ちます。
 『ブラッディレイ』は赤いレーザーを放つ魔法です。狭い範囲にしか攻撃できませんが、そのスピードは光の速さです。なので、この魔法を回避したければ、この魔法が使われる前に回避行動を取らなければなりません。
 アテラスは『ダークドーム』のせいで、キュリアの行動が読めないはずです。
勝ったッ! 第3部完!
(作者:え? 第3部?)
 しかし、これで勝てたかと思いきや、アテラスは『ブラッディレイ』をきちんと避けていました。
 もちろん、『ブラッディレイ』が放たれてから避けたのではありません。そんなことができるのは、光の速さで動けるフェニックスぐらいです。
 アテラスは、『ブラッディレイ』が放たれる前に避けたのです。しかし、『ダークドーム』のせいで真っ暗になっているこのフィールドが見えていないと、そんなことはできないはず……。
「魔力を無駄にしたわね、ジェノサイド!」
 ……まさか。
「残念ながら、私の目にあなたの姿が映らなくとも、この『部屋』があなたの位置、あなたの行動を私に教えてくれるのよ!!」
 つまり、『ダークドーム』は無駄打ちに終わった、ということですね。




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 にひゃくにかいめ!

※この回は月曜更新分です。


ケーケー「前回の更新が遅すぎたので、お詫びとして早めの更新をしてみました」
イノブン「前回更新されてから数時間しか経ってないけどな」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


 『呪文』。それは魔法とは違う、この時代にある特殊な術です。
 魔法というのは、魔力を消費し、われわれから見て不可能なことを可能にする術です。怪我を治す。火を出す。空を飛ぶ。魔法を使うとそういったことが可能となるのです。
 呪文は、この魔法とほとんど同じようなものですが、違いが2つあります。1つは、魔力の他に、『詠力[えいりょく]』という特殊なエネルギーのようなものが必要です。そのため、使い方が魔法よりも複雑であります。
この複雑さというのは、異なる2つのエネルギーを上手く相互作用させる、そのために発生する複雑さです。魔力を上手に使うだけでも、一般人からすれば限りなく難しいことなのに、魔力と異なる力を上手に使いこなし、かつその折り合い点を探ることは、困難を極めます。それゆえ、呪文を使うことができるのは、魔法を使うことができる人のうち、ごく一部の人だけなのです。
 もう1つ、呪文が魔法と異なる点があります。それは、その難しさゆえ、効力が一般的な魔法と桁違いな点にあります。魔法では、怪我を治す、火を出す、そういったものが、呪文では、体力を全回復する、あたり一面を一瞬で火の海にする、そういったものになります。
 さらに言えば、魔法では実現できなくて、呪文でなら実現できることもあります。体力を全回復することは、膨大な魔力と限りない時間を使えば、魔法でも実現できます。しかし、ある一定の魔力と詠力で、一瞬で体力を全回復させることは、呪文でしかできません。
(作者:ちなみに、この全回復の呪文というのは、キュリアがよく使う『リヴィル』のことです)
 これは、呪文が『呪』文と呼ばれる所以[ゆえん]とも重なります。呪文を利用すれば、まさに『呪い』をかけることができるのです。その呪いとは、ある対象に対して、一言で言い表せるような単純なことをする、そういうことです。たとえば、けが人という対象に対して、『全回復』という一言で言い表せるようなことをする。それができるのが、呪文なのです。
(作者:なお、この作品で、使われたのが魔法なのか呪文なのかを見分ける方法があります。その技の名前が英語だったら、それは魔法です。呪文は、何語とも想像つかないような名前になっています)
 さて、なんか複雑に語ってしまいましたが、要するに、呪文は魔法と比べてめちゃくちゃなものだということです。ガッテンしていただけましたでしょうか?
(作者:ガッテン! ガッテン!)
 アテラスが使った『ベルベンドロウ』は、戦闘を行っている部屋を、対戦相手に不利な環境にする呪文です。対戦相手に不利な環境とは、具体的に言うと、壁とか床とかがヘドロ状になり、そのヘドロが複雑な法則で対戦相手を蝕[むしば]む、というものです。
 さて、そんな中、キュリアはどんな戦いを見せてくれるのでしょうか?




ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR