FC2ブログ

キュリアと謙次 ひゃくろくじゅうにかいめ!

キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


<ゲームのルール(簡易版)>
・100個のスイッチをすべて点灯させたらキュリアの勝ち(死刑を免れる)
・24時間以内に点灯させられなかったら、キュリアの負け(死刑執行)
・スイッチを点灯させられないと思ったら、開始23時間以内に赤いボタンを押す
・赤いボタンを押して、ジャンクが30分以内にすべてのスイッチを点灯させることができたら、キュリアの負け。点灯させることができなかったらキュリアの勝ち。


(……何で?)
 キュリアは驚いています。
 謙次は分かったと言いました。このゲームをクリアする方法を。そして、その方法通りに謙次はスイッチを押しているようです。
 しかし、キュリアが驚いているのはそこではありませんでした。
(……何で謙次が、さっき私が押したスイッチの順番を知っているの?)
 そう、謙次は今、キュリアが先程押したのと同じ順番で同じスイッチを押しているのです。
 みなさんご存じの通り、謙次は一回見ただけでスイッチを押した順番を覚えられるほど賢くありません。高校受験だって割と低ランクのところで失敗するほど頭が悪いのですから。
(作者:実際には謙次は高校を受験しておりません。受験する1週間前にこの時代にワープしました。しかし、もし受験していたとしても、おそらく落ちていたでしょう)
 そんなバカでクズで脳なしの謙次が、
(作者:言いすぎじゃない?)
 何故かキュリアが押した順番を知っているのです。
 さて、そろそろキュリアが経験した罠に差し掛かります。全てのスイッチを点灯させられるはずなのに、逆に全てのスイッチが消灯するという罠に。
 謙次はその罠であるスイッチを押しました。予想通り、全てのスイッチが消えました。
「……やっぱりね。そのやり方はどうも間違ってるみたいなんだよ、謙次」
 キュリアが声を掛けました。
 しかし、謙次は聞かず、もう一度同じ順番でスイッチを押していきます。
「え? ちょっと謙次、何やって……」
 言いかけて、キュリアは黙りました。
(待てよ私、謙次は間違いなく解決策を思いついているんだ。さっき自身を持ってそう言ったんだから。……そう、きっとまだ何か策があるんだ)
 キュリアはそう思うことにしたのです。




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
スポンサーサイト



キュリアと謙次 ひゃくろくじゅういっかいめ!

キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


<ゲームのルール(簡易版)>
・100個のスイッチをすべて点灯させたらキュリアの勝ち(死刑を免れる)
・24時間以内に点灯させられなかったら、キュリアの負け(死刑執行)
・スイッチを点灯させられないと思ったら、開始23時間以内に赤いボタンを押す
・赤いボタンを押して、ジャンクが30分以内にすべてのスイッチを点灯させることができたら、キュリアの負け。点灯させることができなかったらキュリアの勝ち。


「一体どうしてくれるの、謙次!!」
 キュリアは謙次の胸倉をつかみ、すごい剣幕で怒鳴りました。
 基本的にキュリアは怒ることがないので、これはこたえます。
「う……、うぅ……」
 もともと豆腐メンタルな謙次は、一瞬うろたえました。しかし、謙次は何かに後ろから迫られたかのような恐怖心を覚えます。
 そう、先ほどもこの恐怖心を感じたので、キュリアを制止したのです。正しく言えば、それは恐怖心ではないかもしれません。ただ、キュリアに赤いボタンを押させてはいけないと、自分の本能に迫られたかのような感覚を謙次は味わったのです。
 そして、今も謙次はその恐怖心に似た感覚に迫られて言うのです。
「俺はこのゲームをクリアする方法を知っているんだ! だから赤いボタンは押してはいけないんだ!!」
「嘘だ!!」
 キュリアは叫びました。(作者:ただし、叫んだ後に背後の木が揺れ、たくさんのカラスがバサバサと飛び立つことはありませんでした。そもそも、木なんてないですけど)
 それに対して、謙次はこう言い返します。
「嘘じゃない!! これが嘘をついている顔に見えるか!?」
 そう、キュリアには分かるのです。相手が嘘をついているかついていないかが。
 謙次は本当にボードのスイッチをすべて点灯させる方法を知っていました。それも知ったのはついさっき、キュリアが赤いボタンを押そうとする直前のことで、恐怖感に似た感覚とともに頭の中に入って来たのでした。
「任せてくれ、キュリア」
 謙次は首をつかまれたまま、苦し紛れに言います。
「俺が1時間以内にこのゲームをクリアして見せる。だから、下ろしてくれ、時間がない」
 キュリアはすぐに謙次を解放しました。
「ご、ごめん。……私」
「い、いいって、……ゼーハーゼーハー、そんなことよりも……!!」
 謙次は苦しさから開放されるや否や、ボードに向かいました。




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 ひゃくろくじゅっかいめ!

ケーケー「ついに160回目を迎えました」
イノブン「おめでたいな」
ケーケー「さらに、もうひとつおめでたいことがあります」
イノブン「ん?」
ケーケー「キュリアと謙次で使用しているWord文章が、ついに200ページ目に入りました」
イノブン「おお! それはめでたいな!! ……しかし」
ケーケー「ん?」
イノブン「そんなときに限って遅刻うpとは、全くもってめでたくないな」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


<ゲームのルール(簡易版)>
・100個のスイッチをすべて点灯させたらキュリアの勝ち(死刑を免れる)
・24時間以内に点灯させられなかったら、キュリアの負け(死刑執行)
・スイッチを点灯させられないと思ったら、開始23時間以内に赤いボタンを押す
・赤いボタンを押して、ジャンクが30分以内にすべてのスイッチを点灯させることができたら、キュリアの負け。点灯させることができなかったらキュリアの勝ち。


 さて、いよいよ残り時間が1時間を切ります。
 赤いボタンを押せるのはゲーム開始23時間以内、つまり、もうすぐ赤いボタンを押せなくなるのです。
「……やっぱり、よく分からないや」
 キュリアは観念したように言いました。
 キュリアは未だに、どうやったらボード上のスイッチを点灯させられるのかが分からないようです。
「正直、ボード上のスイッチをすべて点灯させることはできると思う。だけど、もう時間もないし、……うん、やっぱりこれに賭けるしかない!!」
 キュリアはそう言って、赤いボタンに手を伸ばします。残り時間はあと1時間6秒、つまり、赤いボタンを押すなら6秒以内でないといけないわけです。
 謙次もこれはやむを得ないと思っていました。
(やっぱりそうなるだろうな。スイッチが全部点灯するはずだったのに、逆にスイッチが全部消灯したんだ。キュリアはこのボードのスイッチを全て点灯できるだろうと言っているが、俺にはそう思えない)
 さあ、いよいよキュリアが赤いボタンを押します。手をボタンの上に持って来て、……あとはその手を下に下げるだけ。
 だったのですが、
「ダメだキュリア!! ボタンを押すな!!」
 謙次が大声で言うので、キュリアは驚いてボタンを押さずに謙次の方を振り向きました。
 そして、残り時間は1時間を切りました。もう赤いボタンは押せなくなります。




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 ひゃくごじゅうきゅうかいめ!

ケーケー「今週の閲覧者数は日によって差が激しいな!」
イノブン「確かに。曜日決めされてるとそうなるわな」
ケーケー「まあでも、いつ更新されるかわからないよりはいいですよね!」
イノブン「……今日の23:30前にこのブログをチェックしてくれた方の気持ちを考えての発言か?」
ケーケー「だってー!! 持病があるからどうしてもギリギリになるんだよー!!」
イノブン「実際の病気じゃない持病を持病とは呼ばない」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


<ゲームのルール(簡易版)>
・100個のスイッチをすべて点灯させたらキュリアの勝ち(死刑を免れる)
・24時間以内に点灯させられなかったら、キュリアの負け(死刑執行)
・スイッチを点灯させられないと思ったら、開始23時間以内に赤いボタンを押す
・赤いボタンを押して、ジャンクが30分以内にすべてのスイッチを点灯させることができたら、キュリアの負け。点灯させることができなかったらキュリアの勝ち。


「フッフッフッ、かかったな、ジェノサイド!」
 別室でジャンクが笑いました。なお、この声はキュリアたちには聞こえていません。
「ジェノサイド、お前の頭脳ならここまでたどり着けるとは思っていた! だがおそらく、この罠はお前には解けないだろう! 実は単純な罠で、普通の人なら偶然解いてしまうこともあるだろうが、お前のようにたった22時間でここまでたどり着けるような天才には見抜けないはずだ!!」
「……なるほど」
 ジャンクの言葉を聞いて、フェニックスはつぶやきました。あ、つぶやいたと言っても、『罠分かったなう』とネットの某サイトに書きこんだわけではありませんからね。
「やはり、君の心が読めないというのはやっかいだね、ジャンク」
 そう、『先読み』で他人の心が読めるフェニックスでも、ジャンクの心は読めないのです。ジャンクは『ゲームでの賭け事を成立させる』能力の他に、『先読みで心を読まれなくする』能力も持っているのです。もしこの能力を持っていなければ、このゲームで使われているボードがクリアできるかできないか、キュリアにばれているでしょう。
(作者:キュリアは『先読み』で相手の言ったことが嘘か本当か分かるのです)
 なお、フェニックスはジャンクの心を読めていたら、このゲームの攻略法を知ることが出来ていたでしょう。しかし実際、フェニックスが攻略法を知ることが出来たのは今さっきでした。
(作者:知ることができたというより、フェニックスが自分で気づいただけですが)
「僕が考えた攻略法が当たっていたなら、おそらくキュリアは敗北するな」
「そうでしょう。……いよいよです。あと2時間でキュリアの死刑を確定する裁判を実行できる!!」




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 ひゃくごじゅうはっかいめ!

キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


<ゲームのルール(簡易版)>
・100個のスイッチをすべて点灯させたらキュリアの勝ち(死刑を免れる)
・24時間以内に点灯させられなかったら、キュリアの負け(死刑執行)
・スイッチを点灯させられないと思ったら、開始23時間以内に赤いボタンを押す
・赤いボタンを押して、ジャンクが30分以内にすべてのスイッチを点灯させることができたら、キュリアの負け。点灯させることができなかったらキュリアの勝ち。


「ふう、……よし、やってみよう!」
 どうやら、キュリアはボードのパターンを解析し、ボード上のスイッチをすべてオンにする押し方を思いついたようです。
「う……ん?」
 謙次は眠りから心地よくお目覚めになりました。お前、本当にここに何しに来たんだ?
(作者:なお、あれからすでに20時間以上経過しているので、一応日付は越えています)
「さーて、見ててね謙次! 今からこのゲーム、クリアするから!!」


 しばらくして、
「……な、何? これ……」
 あ…ありのまま今起こった事を話すぜ! キュリアはスイッチをすべて点灯させられたと思ったら、スイッチがすべて消灯した。押し間違いだとかパターン解析ミスだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ!
(作者:つまり、キュリアが解析したパターン通りにボードが動作してくれていたら、キュリアが今押したスイッチによって、確実にすべてのスイッチを点灯できたいたわけなんです。しかし、実際に起きたのは、スイッチがすべて消灯するという信じられない動作。もちろん、キュリアがスイッチを押し間違えていたわけではありません。最後のスイッチを押すまでは、キュリアの思い通りに動作していたのです)
 そういうわけで、再びキュリアは振り出しに戻されました。
 パターン解析に手間取っていたせいか、残り時間はあと2時間もありません。




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 ひゃくごじゅうななかいめ!

ケーケー「祝! 2000HIT!」
イノブン「ホームページの方10000超えなのに、こっちはまだ2000なんだな」
ケーケー「あれは、僕が工作したので……」
イノブン「詐欺じゃねえか!!」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


<ゲームのルール(簡易版)>
・100個のスイッチをすべて点灯させたらキュリアの勝ち(死刑を免れる)
・24時間以内に点灯させられなかったら、キュリアの負け(死刑執行)
・スイッチを点灯させられないと思ったら、開始23時間以内に赤いボタンを押す
・赤いボタンを押して、ジャンクが30分以内にすべてのスイッチを点灯させることができたら、キュリアの負け。点灯させることができなかったらキュリアの勝ち。


 ゲーム開始から1時間後、
「分かった!」
 キュリアは大声で言いました。おそらく、スイッチの法則について何か分かった、という意味でしょう。
「え!? ……それで、どうだったの?」
「このスイッチの点灯・消灯状態は、……めんどくさいから、オン・オフ状態と言おうか。このスイッチのオン・オフ状態は、スイッチを押した回数によって変わるんだよ!」
「え? か、回数?」
「うん。たとえば、このスイッチを押す」
 キュリアは、右上あたりにあるスイッチを1回押しました。
「次に、このスイッチを押す」
 今度は、左下あたりにあるスイッチを1回押しました。
「で、もう一度このスイッチを押すと、こうなる」
 そう言って、もう一度右上あたりにあるスイッチを押しました。
「それで、どうやらこのボードは一番左上にあるスイッチがリセットボタンになってるみたいなんだ」
 そう言って、キュリアはそのリセットボタンを押しました。
「今度は、このスイッチを押して……」
 再び、先ほどと同じ右上あたりにあるスイッチを押しました。
「で、このスイッチ、このスイッチ、このスイッチを押す」
 先ほどは押してないスイッチを、3個押しました。
「そのあと、またこのスイッチを押すと……」
 再び、先ほどと同じ右上あたりにあるスイッチを押しました。すると……、
「あ! さっきと変わってない!!」
 謙次が声を発しました。なんと、リセットボタンを押す前と今で、右上あたりにあるスイッチを押したときのオン・オフの変化が、全く同じだったのです! リセットボタンを押す前にオン・オフが切り替わっていたスイッチと同じスイッチが今、オン・オフ切り替わったのです!
 先程と今、共通するのはそのスイッチを押したのが2回目であるということ!!
「つまり、スイッチのオン・オフの変化は、スイッチを押した順番とかじゃない。そのスイッチを押した回数で決まるんだよ」
 一区切り置いて、キュリアは続けます。
「あと分かったのは、同じスイッチを2回続けて押すと、そのスイッチを押していないことになるみたいなんだ。だから、さっきのスイッチを2回連続で押すと……、このように、スイッチのオン・オフは変化しない」
「なるほど」
「じゃあ、私はパターンの解析に移ろうかな。親切なことに、紙とペンがあるから、メモも取っておこう」




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 ひゃくごじゅうろっかいめ!

キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


<ゲームのルール(簡易版)>
・100個のスイッチをすべて点灯させたらキュリアの勝ち(死刑を免れる)
・24時間以内に点灯させられなかったら、キュリアの負け(死刑執行)
・スイッチを点灯させられないと思ったら、開始23時間以内に赤いボタンを押す
・赤いボタンを押して、ジャンクが30分以内にすべてのスイッチを点灯させることができたら、キュリアの負け。点灯させることができなかったらキュリアの勝ち。


 しばらくして、
「……おかしい」
 キュリアが呟きました。
「同じスイッチを押したのに、点灯・消灯するスイッチが違う」
「なんだって!?」
 謙次が食いつきました。
 今キュリアが言ったことをもう少し分かりやすく説明すると、キュリアはとある1つのスイッチを押して、どのスイッチが点灯・消灯するのかを記憶していたのです。しかし、いろいろ操作してからもう1度さっきと同じスイッチを押すと、点灯・消灯するスイッチがさっきとは全く違っていた、ということなのです。
「だとすると、やっぱりアイツの言葉は嘘じゃないか!? 外部から遠隔操作されてるんじゃ……」
「それは違うね」
 キュリアが謙次の言葉を遮って言いました。
「こうしてゲームは成立してる。ジャンクの能力でゲームに参加した以上、互いにルールを破ることはできない」
 ジャンクの能力は、『ゲームでの賭け事を絶対に実行させる』能力です。この能力下では、ゲームがルール通り、きちんと行われなければいけないのです。どちらか一方がルールを破れば、破った方の負けになります。……そもそも能力の影響か、互いにルールにのっとった行動しかできなくなるのです。
「じゃ、じゃあ一体これはどういうことなんだ?」
 謙次が尋ねると、キュリアは少し間をおいて答えます。
「ジャンクはこう言ったんだよ。『そのボードのスイッチの点滅状態は、お前がどのボタンを押したかによってのみに影響する』って。ちゃんと外部から操作しないとも言ってる」
 ジャンクが決めたルールですから、ジャンクはこのルールを破れません。だから、絶対にこのボードのスイッチは外部操作されないのです。
 キュリアはため息を吐いて、続けます。
「私がどのボタンを押したか、かぁ。ひょっとしたら、ボタンを押す順序とかが関わってくるのかもね。……でも、もう一回続けて同じスイッチを押すと、同じ動作をするんだよね」




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです

キュリアと謙次 ひゃくごじゅうごかいめ!

ケーケー「気づいたら前回更新してから1週間経ってたorz」
イノブン「いや、気付こうよ」
ケーケー「とりあえず、今度から月・金更新に戻します」
イノブン「うん、お前絶対サボるから、その方がいい」
キュリアと謙次のまとめサイトはこちら → http://www.wa.commufa.jp/~ksk/culia.html


<ゲームのルール(簡易版)>
・100個のスイッチをすべて点灯させたらキュリアの勝ち(死刑を免れる)
・24時間以内に点灯させられなかったら、キュリアの負け(死刑執行)
・スイッチを点灯させられないと思ったら、開始23時間以内に赤いボタンを押す
・赤いボタンを押して、ジャンクが30分以内にすべてのスイッチを点灯させることができたら、キュリアの負け。点灯させることができなかったらキュリアの勝ち。


 キュリアと謙次が連れられたのは、質素な個室でした。冷蔵庫とベッド、電子レンジと洗面所を取り除いたら、まるで牢屋のようです。もちろん、トイレは個室でついています。
「あー、あー、マイクテス、マイクテス」
 マイクテストの『ト』が発音されていません。しっかり最後まで発音しようよ、ジャンク。
「冷蔵庫には、普通の人なら絶対に困らない程度の食料が入っている。また、飲み水に困ったら洗面所の水を利用してくれ。普通に飲める水だ」
 一呼吸おき、ジャンクは続けて言います。
「では準備はいいか、ジェノサイド」
「うん、いいよ」
 キュリアは天井に取り付けられているカメラを見て言いました。
「では、制限時間は今から24時間、赤いボタンを押せるのは今から23時間、……ゲームスタートだ!!」
 ジャンクが言うと、『このゲーム、無理じゃね』通告用の赤いボタンの隣にある、24:00:00にセットされていたタイマーが動き始めました。
 スタートするやいなや、キュリアは早速ボードのスイッチを押しまくりました。




 ブログランキングに参加しています。バナーをクリックするとランキングが表示されるので、このブログが現在何位なのかをご覧になれます
←ランキングにアクセスする人が多いほどポイントが入るという仕組みらしいです
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR