FC2ブログ

キュリアと謙次 ななじゅっかいめ

↓ 70回目記念としてはエグいorz ↓


「じゃあ、どっからでもかかってきていいよ!」
 キュリアは笑顔で言いました。
 これを聞いたリーダー格は言い返します。
「おいおい、私らはお前の師匠だぞ? その師匠が4人いて、弟子1人相手から先手を奪うなんてのは、いくらなんでもひどい話じゃないか? そっちからかかってきなよ」
「うん、じゃあそうするね」
 キュリアはそう言うと、両手を前に突き出し、その魔法の名前を言います。
「『ダークドーム』!」
 すると、キュリアの手から黒い大きな球体が出現しました。
「なっ!? 何だあれは!? どういうことだ、キュリア!?」
 四天王のうちの1人が言いました。
 黒い球体は、みるみる大きくなっていき、すぐに部屋全体を覆ってしまいました。
「『どういうことだ』って?」
 先ほどの四天王の問いに、キュリアは答えます。
「こういうことだよ!! 『ファントムゲイル』!!」
 部屋は暗くて何も見えませんが、その部屋に黒い真空波がいくつも生まれ、四天王たちを傷つけていきました。
 しばらく4人の悲鳴が続きましたが、真空波が消え、リーダー格は弱々しい声で言います。
「おい、……お前たち、……生きているなら返事をしろ」
 しかし、しばらくしても返事はありませんでした。
「他の3人はもうピクンともしていないよ?」
 キュリアは明るい声で言いました。
「……お前」
 リーダー格は声を低くして言いました。
「一体なぜこんなことを……。私たちが何かお前にひどい仕打ちでもしたというのか?」
 してたじゃん。
(作者:思い切りしていましたね)
 しかし、キュリアはこう言いました。
「いいや」
「じゃあ一体なぜこんなことを!?」
 リーダー格は大きな声で聞きました。ただ、相当な傷を負っているせいか、声を発してから痛そうにして体をすくめました。
 キュリアは、そんなリーダー格に近づき、手のひらを向けました。そしてその手のひらから、黒くて複雑な形をした物体が出てきました。
 リーダー格の断末魔を聞く前に、キュリアは笑顔で明るく、リーダー格の『じゃあ一体なぜこんなことを!?』という問いに答えてあげました。
「エキサイティングだから」
スポンサーサイト



キュリアと謙次 ろくじゅうきゅうかいめ!

↓ 最高に読みづらいってやつだ!! ……サーセンorz ↓


 キュリアが修業を始めて約5,6年、珍しいことに四天王たちはキュリアの12歳の誕生日を祝ってやろうと言うのです。
 どうやら、四天王たちが何か企んでるわけでもなく、四天王たちは気持ちを込めて祝ってやろうとしているみたいです。
(作者:ホントですよ。イノブンは作者じゃないから、たまに間違ったこと言うかもですけど、今回はイノブン嘘言ってませんよ)
 たまに間違ったこと言ってるって、え? たとえば?
(作者:それは言えない)
 なぜ!?
(作者:読者の方にも間違えていただきたいからですよ。イノブンの言ってることはわずかに嘘が混ざっていますが、わざと嘘をついているわけでなく、情報を取り間違えているだけなので、一切問題ありません)
 嘘が混ざっているって、どのくらい?
(作者:うーん、……ぱっと思い浮かぶのは1つかな)
 今までに?
(作者:うん。『キュリアは悪魔である』という嘘を除いて1つ)
 それだけしかなかったのか。なら安心だな。
(作者:うん。まあ、僕の思い浮かぶ範囲でですが。というわけで、読者のみなさん、安心してイノブンの発言を信じてください。その方がこっちも都合がいいんです)
 別にイノブンが嘘をついてるわけじゃありませんしね。むしろ、作者が読者を騙していることになるんじゃ?
(作者:僕が考えた裏設定を、イノブンが間違えて言っているだけなので、騙してるわけじゃありませんよ。どの作品にも裏設定というのがあるでしょう)
 まあ、……ならいいか。
 えー、前置きが長くなりましたが、キュリアは四天王たちから誕生日を祝ってもらえるそうです。
(作者:祝ってやる)
 作者は無視して。それで、キュリアは言うんですよ。
「じゃあ、私から四天王のみんなに、やってもらいたいことがあるんだ!」
「へえ、何だい? 言ってみなよ」
 リーダー格はキュリアに問いかけます。すると、キュリアは笑顔で答えました。
(作者:僕と契約して、ま……)
 言わせねえよ!! 何がしたいんだ、お前は!?
 気を取り直して、キュリアのセリフをどうぞ。
「私とデスマッチしてよ!」
 ……え? おい作者、お前キュリアの声マネて何か言った?
(作者:いいや? 強いていえば、『末永く爆発しろ』と)
 お前はさっきから何を言っているんだ?
 でも、そうなると今のは本当にキュリアの発言!? 誕生日祝いに四天王とデスマッチしようぜとか、何言っちゃってんのこの子!?
「……いいよ。やろうか」
「ちょっと!! リーダー!?」
 リーダー格の発言を聞き、四天王の一人が突っかかりました。
 リーダー格は言います。
「いいじゃないか。私らにたてついたこと、ひどく後悔させてやろうじゃないか。こっちは4人がかりだし、殺されるわけがないだろう。……もちろん、デスマッチとはいえキュリアを本当に殺しちゃだめだぞ?」
「……なるほど。それはいい考えだ」
 リーダー格に突っかかった人が言いました。

PHISICAL BALLを公開

ケーケー「僕の3作目のアプリケーション、PHISICAL BALLを公開しました。おそらくこの記事を書き終えた15分後には公開していると思います」
イノブン「それを公開『した』とは言わない。公開『する』というんだ」
ケーケー「1文字違うだけじゃん」
イノブン「お前、頭大丈夫か?」
ケーケー「大丈夫じゃなかったら、こんなプログラムは組めないよ」
イノブン「して、一体どんなプログラムなんだ?」
ケーケー「簡単に言うと、9個のボールがただ動きまわるだけのプログラムだ」
イノブン「……は?」
ケーケー「え? 日本語分からなかった? だから、9個のボールがただ……」
イノブン「いや、分かるよ!? 分かるけど、ただボールが動きまわるだけって、しょうもなくね!?」
ケーケー「そうだけどさ、それ言うと、2作目のRGBLifeGameだって、ただ色が3色ってだけのライフゲームだから、しょうもないのは一緒だよ」
イノブン「いや、確かに2作目もしょうもないけど!! でも、2作目は『ライフゲーム』というのを知らない人が多いから、まだ楽しめたと思うんだが!!」
ケーケー「そう、だが一時期楽しめても、すぐに飽きるはず!!」
イノブン「まあ、確かに」
ケーケー「そんなわけで、2作目に飽きた人用に、今回はこの観賞用プログラムを作りました!!」
イノブン「わーわー、すごいすごい(棒読み)」
ケーケー「ちなみに、このプログラムは高校で言う『物理Ⅱ』の『2物体の衝突』の公式を利用しました」
イノブン「なるほど、物理の公式使って、厳密に計算しているんだな」
ケーケー「いや」
イノブン「え?」
ケーケー「厳密にやるのはやばい。主に計算の量がやばい。まず、僕の頭では計算式を導けなかった」
イノブン「というと?」
ケーケー「それっぽくなるように、式の形を変えて計算しています」
イノブン「そんなんでいいのか!?」
ケーケー「まあ、いろいろ調べたけど、これが一番現実的なんで」
イノブン「そ、そうなの?」
ケーケー「うん。第一、小数点を含む計算をしたら、パソコンの性質上、絶対に誤差は出るので、そこまで厳密さを求めなくてもいいという結論に達しました」
イノブン「へえ。ってか、パソコンでも誤差出すの?」
ケーケー「小数点はね。まあ、詳しく話すと時間かかるけど、たとえば、0.1を100回足すといくらになる?」
イノブン「えーと、引っかけとかないよな?」
ケーケー「どこをどう引っかけるんだよ」
イノブン「じゃあ、10で合ってる?」
ケーケー「……ファイナルアンサー?」
イノブン「おちょくってるのか!?」
ケーケー「とまあ、人間だとこんな計算、簡単にできるよね?」
イノブン「まあな」
ケーケー「しかしこれをコンピュータに計算させたら、10にはならないんだ」
イノブン「な、なんだと!?」
ケーケー「まあ、中には10になるプログラムもあるけど、一般的なプログラムでは10にならない」
イノブン「マジか!?」
ケーケー「おっと、どうでもいい話が長くなってしまったが、最後にこのPHISICAL BALLの特殊要素を説明します」
イノブン「特殊要素?」
ケーケー「うん。実を言うとこのプログラムで動いているボール。なんと、重さがみんな違うんだ!!」
イノブン「へえ」
ケーケー「と、いうわけだ」
イノブン「……え?」
ケーケー「これが特殊要素」
イノブン「それだけ!?」
ケーケー「うん。そうだよ」
イノブン「……へー、そいつはすごい特殊要素だー(棒読み)」
ケーケー「で、その重さですが、こんな感じです↓」
 白:5g
 緑:10g
 青:20g
 水色:30g
 ピンクっぽい赤:50g
 紫:70g
 茶色っぽい赤(銅のつもり):200g
 灰色(銀のつもり):500g
 黄色(金のつもり):1kg
イノブン「ほお。……って、白と金の重さが200倍も違うじゃねえか!?」
ケーケー「うん。そのせいか、白と緑がやけにあらぶってる」
イノブン「あと、金はまあギリギリそう見えなくもないとして、……銅と銀が」
ケーケー「そこは突っ込まないでください。ちなみに置いてある場所はいつも通りここです。ではまた」


↓ サンプル画像 ↓
PHISICAL BALL

キュリアと謙次 ろくじゅうはっかいめ!

↓ さっそく更新♪ 更新♪ ↓


 それから約2,3年が経過してからのことです。キュリアは9歳。
 平和活動をし始めたフェニックスがこの国に目をつけ、戦争をおっぱじめました。この国の戦闘要員は、四天王を始めとする兵士約100人。対してモンスター王国側は、国王であるフェニックス1人(匹?)のみ。
 兵士100人とはいえ、皆戦闘機やら兵器やらが充実しているため、丸腰の弱い兵隊などではありませんでした。ましてや四天王もいるため、丸腰のフェニックス1人(匹でも羽でもなんでもいいや)なんかが飛び込んだところで、かなうはずが……
 ありました。結果は、南エジプト第13帝国の惨敗です。この圧倒的戦力差をものともせず、しかも敵兵に1人の死者も出さなかったというように、このころからフェニックスの強さは異常だったのです。
(作者:ただ、このころはフェニックスが最強ではなかったんですけどね。ちなみに、戦闘気に乗ってる人は、戦闘機のコックピットを破壊し、操縦士を救出してから戦闘気を破壊していました)
 ってか、このころフェニックスいたんだな。……フェニックスって何歳?
(作者:キュリアよりも6歳年上だから、当時15歳、現在50歳かな)
 年食ってるなあ。……まあいいや。
 フェニックスが戦争に勝ってくれたおかげで、子ども奴隷は解放され、国民には大量の知識が行きわたることになりました。おかげで、この国の悪い風習に浸る国民はいなくなりました。
 ただ、キュリア1人だけを除いて。
 キュリアは『子ども奴隷』ではなくなってたので、いまだ四天王たちと修業していました。キュリアは、戦争があったことすら知らされておりませんでした。なので、これからも四天王たちと修業を続けることになったのです。
 ただ、戦争と一切関係ありませんが、このころキュリアにも1つの変化が起こっていました。
 キュリアは主に、風属性魔法の修業をしていました。火・水・風・地・雷の5つの主要な属性の中で、キュリアが一番得意としていたからです。また、風属性の魔法はリーダー格の十八番でもあったからということもあるでしょう。
 しかし、このころキュリアは、『エキサイティング』な属性の本を見つけてしまったのです。
 その属性の魔法は、火とか風とか雷とか、そういうものを使うことなく、ただ効率的に相手を傷つけるという、恐ろしい魔法なのです。
 キュリアはこの属性の魔法を、四天王にバレないように、夜の時間だけで勉強していました。
 その属性とは、……闇属性!!


イノブン「2話連続更新の割には短くないか?」
ケーケー「ストーリーの進み具合は結構速いと思うんだけど。意図的に短くしたわけではないのでそこらへんは勘弁m(_ _)m」

更新が遅れた件について

ケーケー「マジサーセンww」
イノブン「1日遅らせるなんて、初めてじゃないか。いったい何があったんだ?」
ケーケー「じゃあ包み隠さず教えます」
イノブン「うむ」
ケーケー「昨日の晩でした。PCの電池が残り少ないので、11:00から充電しようと思っていたのです」
イノブン「うむ。……え? なぜ11:00?」
ケーケー「夜間の安い電気代を使いたかったからww」
イノブン「そこケチるな!!」
ケーケー「そんなつもりで10:00まで起きてましたが、ゲームするのもつらいぐらい眠くなってしまいまして」
イノブン「ほうほう」
ケーケー「プログラムのことを考えながら、ねっ転がったわけですよ」
イノブン「ほ、ほうほう」
ケーケー「寒いから、布団かぶったわけですよ」
イノブン「ほ……、ほうほう」
ケーケー「電気代もったいないから、電気消したわけですよ」
イノブン「……もう嫌な予感しかしない」
ケーケー「10:30になって、紙にでも書いてみようかと思ったわけですよ」
イノブン「おお、いいじゃないか」
ケーケー「思っただけで、結局布団の中でプログラム考えてたわけですよ」
イノブン「おまww」
ケーケー「そして気づいたら……」
イノブン「朝だったわけか」
ケーケー「いや、夜の12:30」
イノブン「じゃあ更新しろよ!!」
ケーケー「だって、眠いじゃん!!」
イノブン「……あきれてものも言えない」
ケーケー「そんなわけで、PCの充電ケーブルをコンセントにぶっさして、寝ることにしました」
イノブン「これはひどいww」
ケーケー「ただ、さすがにもうこんなミスはしたくないなあ」
イノブン「ミスじゃなく、意図的でもあるからなあ」
ケーケー「ただ、このままでは閲覧者様に申し訳ないので、次回分はなるべく早めに更新しておきます」
イノブン「まあ、それがいいわな」
ケーケー「というわけで、さっそく更新更新♪」
イノブン「おい! まだ水曜日の朝だぞ!? というかこれ、2話連続更新じゃねえか!?」
ケーケー「大丈夫、前回の話更新してから時間たってるから、……30分ぐらい」
イノブン「短けえよ!!」
ケーケー「というわけで、さっそく更新しまーす! ではまた!」
イノブン「これはひどいww」

キュリアと謙次 ろくじゅうななかいめ!

↓ 約2週間ぶり! お待たせいたしました! ↓


 エルカを逃がしてからも、キュリアは積極的に修業に取り組みました。
 傍[はた]から見たら、ただの児童虐待ですが、キュリアは嫌がるどころか、むしろ好き好んで修業に取り組んでいる様子です。
 そんなキュリアの様子を見て、リーダー格の女性はキュリアの寝室を移し替えました。
 以前は四天王と同じ部屋で寝ていましたが、ここから魔法関連の本がたくさん置いてある部屋に移し替えられました。ここでの修業は主に魔法の修行なので、こういう本をたくさん読め、ということでしょうか?
 ここに寝室を移し替えられた当初は、キュリアはほとんど寝ませんでした。なので、しばらくすると四天王たちは、12:00までには電気を消すよう、キュリアに言いつけました。まあ、キュリアは当時6,7歳なので、あまり夜更かしをさせるべきでないという、四天王なりの配慮でしょうか。
 言いつけられたからには、キュリアは言う通りにしました。……ただ、四天王の言う通り、電気を消すだけで、キュリアは『どんな明るさでも周りが普通に見える』能力を使って、結局夜更かししていたのです。

キュリアと謙次 ろくじゅうろっかいめ!

 キュリアは試行錯誤を繰り返し、なんとか修行場である城から抜け出すことに成功しました。
 キュリアたちが修業していたのは城の2階。抜け出すのは困難でしょう。しかしキュリアは、修行のため城に入るとき、城がどのようになっているか、だいたいの間とり、もっといえば脱出ルートを覚えていたのです。そのおかげもあってか、なんとか2人は抜け出すことができました。
 え? なんで脱出ルートを覚えていたかって? それはキュリアが当初、ここからの脱走をしようと思っていたからです。なぜ脱走したかったか? 理由は単純です。『エキサイティングだから』。
 今となっては、キュリアにとって他に『エキサイティング』なことができたようなので、修行場から脱走することをそこまで楽しんでいない様子。しかし、友達であるエルカのため、キュリアはエルカを連れ、奴隷小屋に戻っていきます。
「ねえ、キュリア、四天王が後を付けてきたりしてないよね?」
 心配そうな顔でエルカが尋ねました。キュリアは、
「大丈夫だよ。付いてきてないって」
 そのような嘘をついたのです。実際にこのとき、四天王はキュリアたちの後を付けていますし、キュリアも四天王がこそこそと自分たちの後を付けてきていることを知っています。
 キュリアはなぜ嘘をついたか? 理由は2つあります。1つはエルカのためを思ったからです。もう1つは、『エキサイティング』だったからです。
 そんなこんなで、目的地に着きました。奴隷小屋のある洞窟の入り口です。
 キュリアはエルカに言います。
「じゃあエルカ、ここからなら1人で行けるよね?」
「……え? キュリアは一緒に行かないの?」
「行かないよ。私はあそこで、もっともっと修業がしたいんだ!」
「え? じゃ、じゃあここまで付いてきてくれたのは、わざわざ私のために?」
「そうだね。というわけで、ここでしばらくさよならだね。……またね、エルカ!」
「うん。……あのさ、キュリア」
「ん?」
「……ありがとね!」
「……どういたしまして」
 そんな感じの対話を終えると、エルカは洞窟の奥へと進んで行きました。ここから抜け出す時は、洞窟に明かりがついていなかったため、かなり苦労しました。しかし、今回は洞窟に電気がついているので、エルカ1人で大丈夫でしょう。
「……さて」
 キュリアは振り向き、にっこりと笑っていいました。
「ごめんね、エルカを逃がしちゃって」
 すると、茂みや岩陰など、人が隠れるのに適した場所から、四天王が出てきました。
「……いつから気付いてた?」
 四天王のリーダー格である女性はキュリアに質問しました。キュリアは答えます。
「修業の部屋を出てからずっと」
 四天王のリーダー格は言います。
「……そう。まあ、あいつはあまり才能ないから、私らにとっても都合はいいんだけどね。……ただ、こんな勝手な真似をしてくれたからには、少しおしおきが必要かな?」
 少しじゃないだろ、絶対。まあ、キュリアには無意味だと思いますけど。

キュリアと謙次 更新一時中止のお知らせ

ケーケー「サーセンww」
イノブン「おいこらww」
ケーケー「いやあ。この先しばらく忙しくなるため、更新できないかもしれないんですよ」
イノブン「そうか、まあ忙しいなら仕方な……、更新できない『かも』?」
ケーケー「うん。どのくらい忙しくなるかは分からないけど、忙しくなることは確定なんだ」
イノブン「それで、あまりにも忙しかったら更新を中止する、と?」
ケーケー「いや、それだとちょっと問題が」
イノブン「え? 何か問題あった?」
ケーケー「だって、もし更新を中止する『かも』としたら、更新を期待していたファンの方に申し訳ないじゃないか」
イノブン「そんなにファンいる?」
ケーケー「カウンター見たら、昨日は6人の方がこのブログを見たっぽい」
イノブン「6人かぁ。そんなに多くないじゃないか」
ケーケー「バカヤロー!!」
イノブン「ぐはっ!? ちょww グーで殴るな、グーで!!」
ケーケー「イノブンは『物理攻撃を受け流す』能力を持ってるからいいじゃん」
イノブン「あ、そういう設定なの、私」
ケーケー「ホムペの方を書き換えるのがめんどいから、何も書いてないけど、そうだよ」
イノブン「じゃあいいや。……で、なぜ殴ったし?」
ケーケー「だって、逆にいえば6人もこのサイトに来たんだよ。1人が書いてるのに6人だよ」
イノブン「まあ、そうだが」
ケーケー「ま、偶然このサイトを見つけて、つまらなくて帰ったという人がいるかもしれないが」
イノブン「十分にありうるな」
ケーケー「それで、中止期間ですが」
イノブン「そうそう、それ重要」
ケーケー「3月2日(金)~3月19日(月)までです」
イノブン「お? 明日から?」
ケーケー「うん。今日はもう書いたから。あとは載せるだけ」
イノブン「となると、次の更新は3月20日(火)か?」
ケーケー「そうなるね。というわけで、今回はこの辺で。ではまた」
イノブン「ではまた」
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR