FC2ブログ

DESTINY~風野 息吹の運命~⑰

 えー、ちょいと諸事情で、しばらくD-風の更新をお休みします。多分、来年になるまではお休みします。
 まあ、持病のせいでもありますけど、他にも理由があるのでノシ
↓とりあえず、自作カード登場。……予想以上に長くなってしまった↓


 始業式、すなわち風野が転校してから、一週間がたった。最終提出期限に追われ、もしくは追い抜かれているがなるべく減点を避けようとして、必死になっている生徒もいる。しかし風野は転校生なので、冬休みの宿題を出されておらず、そのことを心配する必要がなかった。
 なお、村本は水原が宿題をすべてやってくれたおかげで、始業式の日に宿題を提出できている。水原がやったとはいえ、さすがに宿題に書いてある文字は村本のものである。そうでなければ、村本のいつも書く文字を見てきている担任にすぐにばれるであろう。
 なにはともあれ、風野は放課後に冬休みの宿題をあせりながらやる必要がないため、冬休みの宿題など気にせず『帰宅部』に直行できた。
「おっす、ムラマサ、かおりん! ……あれ、あんたら何やってるの?」
 風野が部室に入ると、村本たちはテーブルの上でカードゲームをやっていた。
 村本は、
「ああ、これ? 『エナジーギア』っていうマイナーなカードゲームだよ。悪いけどもうすぐ決着がつきそうだから、少し待っていてくれないか? 久々に水原に勝てそうなんだ」
「え!? ゲーム全般がネ申クラスのかおりんに!?」
「は? ねしん?」
 村本は首をかしげた。水原は、
「神クラスって意味だよね……? カタカナの『ネ』と、『申す』に使われている漢字の『申』を組み合わせているっていうだけで……」
「……ああ、なるほど。分かりにくい言い方だな」
「ネットで結構使われるんだよ。それで、かおりんに勝てるって、ホント?」
 風野の問いに、村本の代わりに水原が答える。
「まあね……。エナジーギア、……通称『エナギア』は運の要素も大きいから。……他のカードゲームでも勝敗が運に左右されるけど、エナギアはその中でもより運に左右されやすいってこと」
「なるほど。……で、それでもムラマサは『久々に』勝てるレベルなんだ」
「水原のゲームセンスは異常なんだよ。さて、そろそろ再開するか。俺はフィールドのゼリードラゴンに、ダークフォースを使うぜ」
☆ランク1 『ダークフォース』 (特殊カード)
 なお、村本はそのカードの使用と同時に、テーブルの上に裏向きで重ねて置かれているカードを2枚、墓地に移動させた。
 このカードは『エナジー』といって、使用するカードのランク分消費しなくてはならないものである。使用するカードのランクよりも、現在たまっているエナジーの量が少ないと、そのカードは使用できない。
 ちなみに、ダークフォースのような『特殊カード』は、一度使うと墓地にいく、使い捨てのカードのことである。
「このカードの効果で、ゼリードラゴンの攻撃値は400アップし、1100になった。こいつでお前にダイレクトアタックをさせてもらうぜ!」
 互いの初期ライフは1000。水原はまだ一度もダイレクトアタックをされていないためにライフは1000のままだが、ダイレクトアタックされると、ダイレクトアタックするユニットの攻撃値の分だけライフが減る。つまり、このままでは水原のライフが0になり、村本の勝利となる。だが、
「トリガー発動……。ガイアズソング……」
☆ランク5 『ガイアズソング』 (特殊カード)
 水原は、裏向きに一枚ずつ並べられたカードのうちから、このカードを表向きにした。
 このカードはトリガーといい、毎ターン1枚ずつ裏向きにセットできる。トリガーとなったカードのうち、特殊カードは自分の好きなタイミングで発動することができるのである。
「このカードは、相手ユニットの攻撃対象を、相手プレイヤーに変更するカード……。これでゼリードラゴンは村本君を攻撃する……」
「そうか、だったら俺もトリガーを発動させてもらうぜ! トリガー発動、やる気ブラスター!」
☆ランク3 『やる気ブラスター』 (特殊カード)
「このカードは、攻撃を行おうとした自軍の攻撃を取りやめ、そのユニットの攻撃値の半分のダメージを相手プレイヤーに与えるカードだ。これで、お前のライフは残り450。しかも、ランク5のガイアズソングも不発だな」
 今、ガイアズソングの対象となったゼリードラゴンの攻撃が取りやめられた。ガイアズソングは、『敵軍が攻撃を行うとき』という条件下で発動できるため、ゼリードラゴンの攻撃が取りやめられたせいで『不発』となった。『不発』になったとき、そのカードを発動したプレイヤーは、そのカードの発動に要したエナジーは戻ってこない。
「これでターンエンドだ、水原」
「……じゃあ私のターンだね。……カードをドローし、手札を捨ててエナジーをチャージする」
 エナジーのチャージ、すなわちエナジーをためることは、カードをドローした後にできる。そのとき、まず山札から1枚エナジーとしてエナジーゾーンに裏向きに伏せ、続いて手札から1枚選び、裏向きにしてエナジーゾーンに置いてもよい。つまり、手札を1枚捨てれば、エナジーは2つたまり、捨てなければ、エナジーは1つたまる。
 そうなると、先ほどの、ランク5の『ガイアズソング』の不発が、水原にとってよっぽど痛手になっていると言える。
「そして、レッドクローを2対召喚……」
☆ランク1 『レッドクロー』 (ユニット) 攻撃値200 耐久値50
 ユニットとは、プレイヤーのしもべになって、相手プレイヤーにダイレクトアタックしたり、相手のユニットに攻撃したりするカードのことである。自分のユニットを自軍、相手のユニットを敵軍と呼ぶ。
 ユニットは召喚されたターンは横向きで出される。横向きのユニットは攻撃を行えないため、次のターンまで待たねばならないが……、
「レッドクローの能力は『速攻』だから、出したターンでも攻撃が行える……。というわけで、2体のレッドクローでゼリードラゴンに攻撃……」
☆ランク4 『ゼリードラゴン』 (ユニット) 攻撃値700 耐久値100
 ユニットがユニットに攻撃する時、そのユニット同士でバトルが行われる。バトルでは、互いに自分のユニットの攻撃値分のダメージを、相手のユニットに与える。そのダメージが、自分のユニットの耐久値を超えた場合、そのユニットは破壊される。早い話が、このままでは、レッドクローとゼリードラゴンは相討ちになるということである。だが、
「ここで俺はトリガー、『ファイアウォール』を発動する」
☆ランク1 『ファイアウォール』 (特殊カード)
「このカードは、フィールドにいるユニット全体に200ダメージを与えるカード。こいつでお前のレッドクローを2体とも破壊させてもらうぜ! 当然、俺のゼリードラゴンも一度破壊されるが、こいつの能力の『再生』の効果で、もう一度だけフィールドにとどまるぜ」
 ちなみに、先ほど水原がレッドクロー2体でゼリードラゴンに攻撃したのも、このためである。
「……ターンエンド」
「よし、俺のターン。エナジーをチャージして、ゼリードラゴンでとどめだ!」
「……負けたか」
「……えーと、よくわかんないんだけど、とりあえずムラマサが勝ったってことだよね?」
 勝負が終わって、風野が村本に話しかけた。
「ああ、お前もやってみるか? ルール教えるぜ」
「ああ、じゃあやってみるよ」
「よしわかった、じゃあ説明しよう。(これは、アーチだ。)まずはな、……」
 村本は、エナギアのルールを説明し始めた。
スポンサーサイト



DESTINY~風野 息吹の運命~⑯

↓自分はギャルゲーやったことのない低レベルのヲタですが↓


 その夜、風野は『ギャルゲー』をしていた。
 テレビ画面には、痛々しい少女の絵が表示されていて、痛々しい音声が次々と流れてくる。
 風野は、そんなゲームを味気ない顔で、淡々と進めていた。もし、そんな彼女を見たりしたら、たいていの人は近寄りたくなくなるだろう。
 ゲームをしているうちに、風野の小腹がすいてきた。風野は、夜遅いがコンビニにでも出かけようと思った。しかし、ふと思いとどまった。
 風野は、だいたい1,2週間前に、夜コンビニに出かけて、不良を殺しかけたばかりである。彼女は、それを恐れたのだった。
 すると風野は、昨日自分が恐れたことを思い出してしまった。そして、自分がこんな調子だったら、いつか本当に自分の友達を殺してしまうのではないかとも思えてきた。
 しかし、それではダメだ、と風野は強く思った。そう思っていては、自分の恐れていたことが現実になってしまう。だから、絶対にそんなことをしないように意識しようと思っていなければダメなのだ、と風野は強く思ったのだ。
そう思うと同時に、風野は自分の手に力を入れてしまった。すると、何かが壊れるような音がした。
音がした自分の手元を見てみると、ゲームコントローラーの風野が握っていた部分が粉砕されていた。
「……ナンテコッタイ」
 風野は頭を抱えながら、そう言った。


↑もし、ギャルゲーはこんなものではないという方がいたら、コメントかメールで、ギャルゲーとはどういうものなのかを教えてください↑

東方地霊殿 hard ノーボムクリア

※今回の更新はD-風ではありませんので、そこら辺をご了承ください
 最近コツコツとがんばってて、ようやく達成しました。
 まあ、とくにすごくもないかもですけど、意外と時間がかかったので、かなり達成感があります。「ノーボムで初めて6面までたどり着いたぜやったー!!」とか思ってたら、そのままクリアしちゃいました。3面までノーミスで越えられたことが大きな要因になったと思います。リプレイをみてみると、お空にフルボッコされてましたが、気にしたら負けかなと思いました。(というか、全部のリプレイがそうなので、今更気にするはずがない)
 とにかく、クリアできたことがうれしくて、8時から9時までプログラミングをするのをまるっきり忘れてました。というわけで、今から1時間ぐらいはプログラミングをしたいと思います。
 ちなみに、ここ二日ぐらい、レポート提出に追われていてプログラミングする暇がないと言い訳して、自分で決めた8時からルールを無視してましたが、気にしたら負けです。
(※D-風>レポート>プログラミング>>越えられない壁>>マップチップ制作)
 え? バトルのプログラムはどうなったかって?
フハハハハハハハハハハハハハハ!!!
 よし、ごまかせた(キリッ
 というわけで、ではまた。

DESTINY~風野 息吹の運命~⑮

↓今回、格ゲーが出てきますが、僕はあまり詳しくないので、ところどころ変なこと書いてるかもしれませんが↓


「うおっ! かおりん強っ!?」
 格闘ゲーム『永楽大典』で負けた風野が言った。
「かおりんの使ってる『カエサル』ってやけに強くない? よし、次私も使おっと」
「おい、それはやめておいた方が……」
 村本の言うことを聞かずに、風野はプレイヤーキャラとしてカエサルを選択し、水原と再戦することにした。
 ……が、早々に水原が使ってるカエサルからジャブの3連コンボを喰らい、体力を3分の1以上削られてしまった。
「うわっ、これ攻撃発動するの遅っ!!」
「風野、もう分かったと思うが、カエサルはとてつもなく使いにくいキャラなんだ。確かに一発一発の攻撃力は半端なく強いけど、その代償がちゃんとあるんだ」
「ちょっ、ムラマサ、知ってるなら早く教えてよ!!」
「……教える前にお前がさっさとキャラ決めて始めちまったからだろ」
「……ちなみに、カエサルの使いにくいところはまだあるよ。……私は何もしないから、ちょっとジャブをやってみてよ」
 水原が口をはさんだ。そして、
「……村本君、一応言っておくけど、……これは別にハンデとかじゃないから」
 と付け足した。
「分かってるよ、水原。……さ、風野、やってみてくれ」
「分かった。……えっと、こうだな……、あれ?」
 しかし、風野のカエサルが水原のカエサルに一発ジャブを入れると、水原のカエサルはすぐ吹っ飛んでしまった。
「え!? 何でそこで吹っ飛ぶの!? まだ一発だよ!? 3発続くはずだろ!?」
「息吹、……これがカエサルの使いにくいところだよ。……通常のキャラとはジャブのタイミングが違って、その上そのタイミングがきわどいんだ。……しかもタイミングを間違えてジャブのAボタンを押したりしたら、そこからジャブは続かなくなって、相手は吹っ飛んじゃうんだ」
「ええ!? そんなに難しいの!?」
「……というわけで、そろそろ再開していい?」
「え? ……ああ、いいよ」
 風野は、
(……どうせ負けるだろうからいいや)
 と思いながら答えた。
 そしてすぐに、風野のカエサルの体力が残り僅かになって、水原はカエサルに『バリアブレイクカノン』を発動させた。
 風野はこの技をガードして耐えれるかどうかと思いながらも、カエサルにガードをさせた。しかし、無残にガードが破られ、風野は戦いに破れてしまった。
「……風野、今の技はな、ガードするとガードしていない時の倍のダメージを喰らう技なんだ」
「……かおりんは、よく使えるよ、こんなキャラ」
 自分の言ったことが偶然、五、七、五になっていることも気づかずに、風野は言った。

DESTINY~風野 息吹の運命~⑭

↓宣言って、本当に効果ありますね。あの本読んでてよかった~♪↓


 翌日、部室の前で、
「おっす、水原!」
「おっす、かおりん!」
 村本と風野が水原に挨拶した。
 水原は、
「……おっす。……あれ? ふたり一緒だったの?」
「ああ、さっき廊下でムラマサと偶然会ったからね。そういえば、かおりんはどこの掃除だったの? 私のところが一番早く終わるって聞いたんだけど」
「……サボり」
「……え?」
「……だから、サボり。先生に許可もらって、掃除サボってる……」
「何い!? ……あ、サンキュ、ムラマサ」
 水原と風野が話している間に、村本が部室の鍵を開けた。
 部室に入り、テーブルについて、風野が言う、
「それで、かおりん、何そのサボりって……?」
「いやまあ、コイツは本当に掃除が大っ嫌いみたいでさ、毎回反省文書いて掃除を免除してもらってるみたいなんだ」
 水原のかわりに村本が説明した。
「それほどまでに!? え、かおりん、なんでそんなに掃除が嫌いなの!?」
「理由は特にないけど……、嫌いなものはしょうがない。……掃除は精神的に受け付けないんだよ」
「……へえ、でも小学校や中学校ではやらされなかったの?」
「……無理やりやらされた、というよりほうきをもっただけだけど……、それですぐに私は失神して、それ以来は掃除を免除された……」
「失神するの!? たかが掃除で!?」
 風野は驚いた。村本も初耳だったようで、驚いている。
「……たかが掃除。されど掃除……」
 そういう水原に対し、村本は
「なんかもっともらしいけど、もっともらしくないな。……うん、自分でも何言ってるか分かんねえや」
「……ちなみに、この高校では私が先生に何度も何度も訴えたために、……私に掃除させることなく免除された」
「へえ、よかったじゃん」
と、風野。
「……さすが早川先生だよ。……私の通ってた中学校にわざわざ連絡を取って、私の言ってることが本当かどうか確認してくれるなんて……」
「……つまり、お前の言ってることを始めから信用していたわけではなかったんだな」
 村本はつっこんだ。

DESTINY~風野 息吹の運命~⑬

↓アンラッキーな番号での更新です↓


 その日の夜、風野は録画のアニメを見ていた。そのアニメは深夜にやっているものだが、風野は夜遅くまで起きていたくないために、いつも録画してみている。
 アニメの内容が面白くなってきたところで、エンディング曲が始まった。それを確認して、風野はリモコンの停止ボタンを押した。
(……本当に、これでなんとかなるんだろうか?)
 風野は、あることを不安に思っていた。今、ここで録画のアニメを見ていたのはその不安を紛らわせるためでもあった。
 風野はこれで、転校するのが2回目になる。1回目は、自分の友達を自分でも気づかないうちに傷つけていて、周りに友達がいなくなったためにした。傷つけたと言っても、友達の悪口を言ったのではない。暴力で知らないうちに傷つけていたのだ。
 転校した後の学校でも、風野は無意識のうちに、友達に暴力をふるった。これ以上転校してもまた同じことが起こるということで、風野は孤独にその学校に通い続けた。
 風野に接してくれる心が優しすぎる生徒もいた。しかし、また傷つけることになると自分で分かっていながら、風野はその生徒を友達として受け入れた。なぜなら風野はひとりが嫌いだったからだ。
 しかし、風野は結局、友達ができるたびに暴力をふるって、ひとりになっていた。
案の定、その友達だった人たちはみな生きている。だが、再び転校して、風野にまた友達ができてしまった。風野はその友達を自分が傷つけてしまわないかが不安だったのだ。

DESTINY~風野 息吹の運命~⑫

 どうも、五月病末期患者のケーケーです。最近、『いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法』(佐々木 正悟 著[2010] 中経出版)という本を読みました。載っていた50の方法のほとんどが、自分が実際に行っていることと真逆でしたが、なにかを宣言して物事を行うと、長く続くらしいので、ひとつここで宣言しておきます。
 D-風は毎回5日以内に更新する!
 よし、これでD-風を早く更新することができるぜ!!
 ちなみに、僕の記憶が正しければ、「自分はすぐやれない人だ」と思っていると、いつまでもすぐやれない人のままだということが書いてあったような。まあ、五月病末期患者には豚に念仏です。
 え? 馬の間違いですって? 知りませんねそんなのww
↓ちなみに、一部ネタ入ってます。『疾風の谷』 に転載するときは修正しておきますが(^_^;)↓


「……へえ、やっぱり水原さんの圧勝だったか」
 帰りのバスで村本たちに会った沢田が言った。
「……私、手を抜いたほうがよかったかな?」
 そう言う水原に対し、村本は、
大丈夫だ(問題ない)、どうせ風野もいつかお前のゲーム強さを知ることになるからな。むしろそうなると、お前が手加減してると知って、ムカつくんじゃないか?」
「でもムラマサ、それは人によるんじゃないか? 相手が強すぎると、手加減を求める人もいると思うぞ」
 と、沢田。それに対し村本は、
「かもしれないな、だが、俺としては手加減なんて最低のマナー違反だと思うね。そんなことするやつはクズだ! 生まれてきたことを後悔させてやりたくなる!!」
 ちなみに以前、格闘ゲームで水原が村本に手加減したことがあるが、そのときも村本は水原に向かってぼろくそ言っていた。「お前の持論はどうでもいいよ。ところでさ、風野さんは同じ方面じゃなかったんだよな?」
「まあな、でもって自転車で来てたな」
「そうか、……俺としてはどんなやつか見てみたかったわけだが。なにか変わった点はあった?」
「いや、しいて言えば、オタクみたいだったが、特に変わった点はなかったな」
「当然だよ……、私だって、……見かけでは狂人だとわからなかったでしょ?」
 水原が口をはさんだ。沢田は、
「いや、狂人って……」
「狂人だよ……、少なくとも夏休み前までの私は……。でも、それは悪霊みたいななにかが私の中に巣くっていたから……。私はともかく、息吹は素は悪い人じゃないと思うから……、なにか事件を起こすまでは、周りから普通だと思われるはず……」
 そして、水原は続ける。
「だから……、なるべく息吹に事件を起こさせないようにしないと……、ね、村本君……」
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR