FC2ブログ

キュリアと謙次 まいなすいっかいめ!

(作者:おい! イノブン! すごいニュースを聞いたぞ!!)
 なんだ?
(作者:日本のとある研究所の女性博士が、iPS細胞よりもすごい万能細胞を発見したんだってさ!!)
 ……はい?
(作者:iPS細胞よりも簡単に作成できる上、副作用がないという、すばらしい細胞だよ!!)
 ……おい作者、それいつごろのニュースだ?
(作者:数ヶ月前)
 今日それについて述べた理由は?
(作者:この記事のカテゴリ参照)
 ……ところで、この会話方法だと、あとでキュリアとか謙次とかが出てくるわけ? 「」で囲んだセリフとイノブンたちの発言とを区別したいから、こんな感じで会話してるわけ?
(作者;いいや、別に)
 なら、普段どおりに戻すか。


ケーケー(以下K)「そういえば、福島県での子供の甲状腺がんの発生率は結局普通どおりだった的なニュースがあったね」
イノブン(以下J)「またエイプリルフールか」
K「嘘ついてるわけじゃないよ!! 『甲状腺 福島』でググってみ!!」
J「……本当にあるな」
K「これで、脱原発派の動きが鈍るといいんだけど」
J「ん? その発言からすると、お前は原発推進派?」
K「うん」
J「珍しいな。『ゲンパツイラナイ!』の声しか聴かないから、そんな異端な派閥はないんだと思ってたよ」
K「異端言うなし! 割といるよ。特に、電気のことに詳しい人に多い」
J「そうなの?」
K「原子力発電自体は、夢のような発電だからね。発電量が多い。CO2を出さない」
J「でも、その原子力発電に頼った結果が、福島じゃないのか?」
K「そこは、どうなんだろうね。あの事故はいろいろとよく分からないところがあるからなぁ」
J「よく分からないところ?」
K「たとえば、事故前に総理大臣が訪れたじゃん」
J「そういえばそうだね」
K「普通に考えてみ。事故りそうなあたふたした状況で、日本の超お偉いさんが来たら、まず事故ることない?」
J「……確かに」
K「まぁ、結果的に事故は起こったし、子供が安全だったにせよ、どこぞの国民の声が流した風評被害により、福島県民が必要以上に苦しめられたのも事実だし、原発がなければそんなことにはならなかったかもね」
J「そう、だからなぜお前がそんな危険な原発を薦めようとしているのかが理解できないんだが」
K「薦めようとしている、というか、僕が知っている情報から判断すると、原発は早く再稼動した方がよくね? と思ってるだけだね」
J「再稼動だと!? どうしてそんな危険なことを!?」
K「危険?」
J「動かしてるときに、大規模災害が起きたらどうなるんだよ。やばくね?」
K「逆に考えてみてよ、動かしてなくても大規模災害が起きたらやばいよ」
J「……あれ?」
K「原発を爆弾のように考えているかもしれないけど、それは違うと思うよ。爆弾は火をつけなきゃ爆発しないけど、原発が稼動してる状態って、放射能を外に撒き散らしてるわけじゃないからね。あと、災害で原発が危険になるなら、稼動してなくても燃料あるわけだし、稼動してるしてない関係なく危険じゃないかな?」
J「……言われてみれば」
K「むしろ、なぜ膨大なエネルギーを生み出せる原発を、使わずに放置しているのかが不思議なんだけどね。使っても使わなくても、危険度がそんなに変わらないと思うから、使うべきだと思うんだけど」
J「……それは一理ある」
K「あと、もう1つ、僕が原発を使ってほしいと思う理由。それは、エネルギー問題だよ。ただでさえあと数十年で石油が枯渇するとか、石油燃やすと地球温暖化がやばいとか言ってるのに、火力発電を使いまくるのは何かおかしくない?」
J「確かに、環境面で問題だよな。でも、だからこそ再生可能エネルギーが注目されているんだろ?」
K「……はぁ」
J「え?」
K「まさに、僕が言いたいのがそこ。現在の技術では、再生可能エネルギーはそれほど発電効率良くないんだよ」
J「でも、発電効率良くないなら、量でなんとかなるんじゃ……」
K「誰がお金を出す? 電力会社は高コストの火力発電ばかりやってるせいで、お金がないよ」
J「借金すればいい」
K「それ破産するから!! 企業って、そんなに自己犠牲精神ないから!!」
J「じゃあ、政府がお金出して作れば?」
K「ただでさえ消費増税でこれだけ文句言われてるのに、またべらぼうに増税するよ」
J「それはそれで問題、か」
K「つまり、僕が言いたいのは、再生可能エネルギーでの代替は無理だということ。火力は環境に悪いし、危険だしでそんなに使うべきじゃない」
J「ん? 火力が危険?」
K「だって、あれが事故ったら、あたり火の海と化すよ」
J「原発と比べれば安全じゃない?」
K「でも、福島では原発による死人は出なかったよ。火力は事故ればまず死人が出るだろうね。そもそも、原発より安全と考えても、危険なことには変わりないよ」
J「なるほど。でも将来、技術革新によって、再生可能エネルギーが高効率になるかもしれないじゃん」
K「その通り」
J「あれ? さっき再生可能エネルギーをめちゃくちゃディスってたのにこの人」
K「そう。今の再生可能エネルギーは問題だらけなんだ。だから、未だに再生可能エネルギーの導入が進まない。再生可能エネルギーの問題を解決するには、大学等研究機関または一部企業での研究が不可欠なんだ」
J「そうだね」
K「だからこそ僕は言いたい! 再生可能エネルギーがあるから『ゲンパツイラナイ!』を叫びつつデモ行進をしている人よ! そんなに強く訴えるぐらいなら、いっそあなたが技術革新を起こし、『ゲンパツイラナイ!』を実現してはどうですか!?」
J「それは飛躍しすぎだろ!!」
K「そう?」
J「まず、どうやって技術革新を起こすんだよ!」
K「大学(工学部)に入る」
J「そこからかよ!?」
K「なに、技術の進歩は日進月歩。大学で研究を行わない3年間など、再生可能エネルギーの実現までの時間に比べれば、短いものだよ。大学には何歳からでも入れるし」
J「でも、めちゃくちゃそれ費用かかるじゃん!」
K「そうだけど、本当に原発をいらなくするならそれが手っ取り早いはず! さぁ! そこのデモ行進してるアナタ、今すぐ工学部に入学しましょう!!」
J「……どう考えても、その人の人生がめちゃくちゃになるな」
K「さて、長くなりましたが、この記事はこれくらいにしておきますか」
J「全然まとまってないけど、いいのかこれで? この記事読んだだけだと、まとまりがなさすぎて原発の良さが伝わらないと思うけど」
K「いや、ただの雑談だから伝わらなくていいよ。本気で伝えようって思ったら、そもそもタイトル変えるし、ちゃんと原発について勉強するから」
J「ちゃんと勉強せずに記事書いてるのかこの人」
K「というわけで、雑談が長くなりましたが……」
J「雑談か、これ?」
K「今回はこのへんで。ではまたー」


※追記あります

続きを読む

スポンサーサイト



キュリアと謙次 いちおくにせんかいめ!

イノブン(以下J)「だいたい読めてた」
ケーケー(以下K)「今日は4月1日、嘘をついてもいい日です。1話追加更新なんて嘘です」
J「『本日は1月1日に並ぶ1年の区切りの日ですね』と言われた時、日付見て思いだしたわ」
K「まあ、だよねー。あ、騙されちゃった人ごめんなさい。恨まないでね」
―― 一生恨んでやる!! ――
J「……ん? どこかから声が聞こえたような」
K「気のせい気のせい。さて、去年のエイプリルフール回はカテゴリ何にしてたか忘れたけど、新たにエイプリルフールというカテゴリ作ったから、また変更しておこう!」
J「エイプリルフールといえば、去年はいろんなサイトがいろんなことをやってたなー」
K「ニコ動の『タッチ機能』は笑えたな」
J「マウスカーソルが巨大な手になるやつな。さらに『マウス操作』に直したら、巨大なマウス型アイコンがマウスカーソルとして働いてたな」
K「すごい使いづらかった」
J「今年もニコ動は何かあるのかな」
K「行って見れば分かるよ」
J「なるほど」
K「あと、みなさんに報告があります」
J「ん?」
K「ついに、我がKOKOのRPGが完成いたしました!!」
J「……ほお」
K「はい、エイプリルフール」
J「分かってた」
K「まだバトルのプログラムが作れてない。僕、プログラマに向いてないのかな」
J「プログラマなの?」
K「いいや、違うよ」
J「ならいいじゃん」
K「では今回はこの辺で。みなさん、これからもキュリアと謙次をよろしくおねがいします」
J「よろしくおねがいします」

続きを読む

キュリアと謙次 さんまんにせんはっぴゃくろくじゅうさんかいめ!

イノブン「飛びすぎだ!! というか、そんなに続くのかこの小説!?」
ケーケー「いやあ、いろんなサイトのエイプリルフールイベントに触発されて、つい」
イノブン「おまww」
ケーケー「じゃあ、ここでエイプリルフールらしく嘘つきますけど」
イノブン「お?」
ケーケー「イノブンはかっこいいです」
イノブン「てめえ!! それを言うならケーケーだってかっこいいじゃねえか!!」
ケーケー「うれしい、ありがとう」
イノブン「おい!? お前、今日エイプリルフールってこと忘れてねえか!?」
ケーケー「ん? ああ、そうだったそうだった」
イノブン「あのなぁ」
ケーケー「エイプリルフールと言えば……、そういえば、なんと!!」
イノブン「ん?」
イノブン(『エイプリルフールと言えば』の時点で、この次に言うことが嘘なのバレバレだが、一応聞くか)
ケーケー「KOKOの作ってるRPGが、ついに完成しました!!」
イノブン「おお!!」
ケーケー「ここからダウンロードできます!!」
イノブン「すげえすげえ!! ……で」
ケーケー「ん?」
イノブン「それが嘘なのは分かってる。実際は、そこクリックすると何ダウンロードされるの?」
ケーケー「PHISICAL BALL」
イノブン「……うわぁ、超いらねえ」
ケーケー「実際、土台となるプログラムすら完成してません。何度も同じ部分を作り直しているので」
イノブン「効率悪いなぁ」
ケーケー「一応、TOHOと話し合って、ダンジョン1までの体験版までは作ることにしたので、気長にお待ちください」
イノブン「体験版?」
ケーケー「うん。完成版を作るには、素材の量が全然足りないので」
(※素材:ゲームに使われる画像や効果音、BGMなどのことを指します)
イノブン「挫折する、というわけか」
ケーケー「おそらく。……ただ、最初からあきらめるのもあれなので、完成版を作るかどうかは、体験版を作ってから決めることになります」
イノブン「もしかしたら、できそうなので完成版を作るぜー、ってなことになるかもしれないというわけか」
ケーケー「そういうことです。でも、プログラムできついのは主に土台部分なので、それさえできれば、意外とすいすい進むかもしれませんしね」
イノブン「プログラムは、だろ?」
ケーケー「素材がどうにもならないので、後先真っ暗ですけどね。では、今回はこのへんで」
プロフィール

ケーケー

Author:ケーケー
趣味:自作小説執筆、プログラミング、電子工作
好きなゲーム:ぷよぷよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR